連載中 短編集

佐原兄妹徒然事件記

作者からの一言コメント

人が死なない戦後日常ミステリ

1948年、東京。カストリ誌記者・佐原薫と元浮浪児の義妹・佐原春子が、日常の些細な……それこそ誰も気にも留めない小さな謎に直面し、好奇心と行動力と酒の力と口の悪さで解決する! 『双頭の夢魔』から始まる佐原万智シリーズの、人が死なないスピンオフ短編集。 【父の恋文】…佐原薫と春子の父・芳賀隆二がかつて佐原万智に書いたという恋文はどこに保管されているのか。 【酒場の泣き女】…上野の闇市にある酒場で泣きながら一人酒をする女性。彼女は何故たった一人で涙を流していたのか。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報
作品名
佐原兄妹徒然事件記
作者名
浅倉喜織
ジャンル
ミステリー
セルフレイティング
なし
初掲載日
2020年2月24日 20時24分
最終投稿日
2020年3月25日 22時07分
文字数
21,946文字
ブックマーク登録
14件
コメント/スタンプ
37件
応援ポイント
22,800pt
ノベラポイント
0pt
応援レビュー
0件