ホラー 短編 完結済

廻る脳動メモリ

作者からの一言コメント

推し神話生物はゴグ=フールとキーザです。

高校生のあなたたちは、病院のベッドで目を覚ます。 どうしてそこにいるのか、関連する記憶を失った状態で。 そして聞かされるのは、仲が良かった同級生「磯島千代子」の転校。 喪失感を抱えながらも、あなたたちは日常に戻っていく。 はずだった。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 廻る脳動メモリ
作者名 岸田
ジャンル ホラー
タグ クトゥルフ短編コン コズミック・ホラー
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月29日 22時25分
最終投稿日 2020年9月30日 17時55分
文字数 11,212文字
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 4件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,900pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • オムニバス×美少女×死体×フォークロア

    ♡54,970

    〇0

    ホラー・連載中・48話・12,171字 ぽちくら

    2020年10月28日更新

    表紙作:菅野夜鷹様 少女は死ぬ、旅人は誰かへ語り継ぐ、それだけの物語、それしかない物語。 【やること】 ・これ以降文体はフォークロア風に書かれた、いわゆる都市伝説的な文章。 ・本文は必ず4行。1行は40文字前後。文章は簡潔で、3~6文程度。 ・内容はすべて「美少女の死」、それ以外は自由、たまに他作の再録もする ・この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

  • ただ一行で紡ぐ怪談。

    ♡1,604,537

    〇7,345

    ホラー・連載中・520話・25,611字 水沢ながる

    2020年10月28日更新

    吉田悠軌・著『一行怪談』にインスパイアされて、自分なりに作ってみたワンセンテンスの怪談。 元になった本には「一行怪談凡例」というものかある。 ・題名は入らない。 ・文章に句点は一つ。 ・詩ではなく物語である。 ・物語の中でも怪談に近い。 ・以上を踏まえた一続きの文章。 なるべくこれに沿うようにしているつもり。 気が向いた時に更新します。 この作品は、他サイトでも公開しています。