恋愛/ラブコメ 短編 完結済

そして、いつかは

作者からの一言コメント

俺の百合を読んでください

スクールカースト。 それは目には見えないけれど明確な隔たり。 この物語は、隔たりの向こうの八方美人に悶々とする一人の女の子の物語である

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 そして、いつかは
作者名 入浴
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 百合 スクールカースト 学園 短編 恋愛
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年1月14日 14時04分
最終投稿日 2020年1月14日 14時05分
文字数 7,051文字
ブックマーク登録 1件
コメント/スタンプ 1件
応援ポイント 1,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡357,900

    〇2,434

    SF・連載中・67話・376,257字 新星

    2020年9月27日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

  • そして俺たちは、家族になる。

    ♡33,300

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・44話・192,934字 一式鍵

    2020年9月15日更新

    魔女狩りって、こんな辺境の地まで及んできたのか。 腰痛に効く温泉があると聞いて、わざわざこの田舎町にやってきた俺は――まぁ、過去のことはいいか――しがない腰痛のおっさんだ。剣は持ってるが、もうしばらく抜いてもいない。馬にも乗れないんだぜ……。なぜか? 腰痛だからさ。 ところが、だ。その温泉に入る前に、俺は「魔女狩り」に遭遇してしまう。まぁ、俺がよっこいしょっと頑張った結果、なんとかなるんだけど、いやぁ、危ない危ない(腰が) だがしかし、おかげさまで俺とその魔女とよばれた女は、真夜中に町から逃げ出す羽目に。ちなみにこの女ことタナさんは、「魔女を引退した」らしい。理由を訊けば「魔法は肩が凝る」からだそうで……。激しい腰痛持ちとしては、とても同情したいところだ。 そんなことが縁で何となく歩いていた俺は、タナさんに「カルヴィン伯爵に会いに行くよ!」とか言われてしまって驚愕とした。だって、カルヴィン伯爵領といえば、直近の「魔女狩り」発祥の地だぜ? 本当に俺たち、カルヴィン伯爵のところにいくのか? 行けるのか? 俺たちは旅も早々に、ハーフエルフ幼女や、ドラゴンの末裔の娘と旅路を共にすることになる。そしてだんだんと見えてくる真の悪の姿。暗躍する魔女たち、ちらつく教会の影、悪魔の哄笑。そんな険しい旅に、俺はついていけるのか。腰がすごく心配だ。とにかく腰だ。腰が不安だ。 ――剣を抜けない剣士(俺)と、魔法を使わない魔女(タナさん)の旅路は果たして……。 (※表紙イラストは「るいさん」) // ----version 2.0 ----

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 世話焼き従者とワケあり王子の恋物語

    ♡100

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・12話・15,302字 真木

    2020年9月28日更新

    「他人に触られるのも、そばに寄られるのも嫌だ。……怖い」 王子として生まれながら、接触恐怖症のため身分を隠して生活するエリオットの元へ、王宮から侍従がやって来る。ロイヤルウェディングを控えた兄から、特別な役割で式に出て欲しいとの誘いだった。 無理だと断り、招待状を運んできた侍従を追い返すのだが、この侍従、己の出世にはエリオットが必要だと言って譲らない。 しかし散らかり放題の部屋を見た侍従が、説得より先に掃除を始めたことから、二人の関係は思わぬ方向へ転がり始める。 おいおい、ロイヤルウエディングどこ行った? ※は性描写のほか、注意が必要な表現を含みます。 この小説は、投稿サイト「ムーンライトノベルズ」「エブリスタ」等にも掲載しています。

  • 失われた記憶に隠された真実とは?

    ♡164,000

    〇905

    恋愛/ラブコメ・連載中・221話・464,249字 田中桔梗

    2020年9月28日更新

    エリー王女と側近レイの二人がそれぞれ物語を動かしていきます。 初めての恋に気づくまでのドキドキ感と恋と知った後の溢れる想い。 その後、禁忌を犯してしまう二人に待っていたのは、辛い別れだった。 どのようにして別れてしまうのか。 そしてどのようにしてまた出会うのか。 エリー王女は、どんなことがあってもレイをずっと愛し続けます。 しかし王女という立場上、様々な男性が言い寄り、彼女を苦しめます。 国同士の陰謀に巻き込まれるエリー王女が取るべき行動とは。 また、恋愛とは別のところで動き出すレイの過去。 十六歳の時、記憶を一切持たないレイがなぜ国王の第一側近に引き取られたのか。 この失われた記憶には大きな秘密が隠されており、明らかになった頃には転げ落ちるように物語が暗転していきます。 関わってくる四カ国が様々な思惑で動き出し、迫りくる魔の手に覆われます。 愛する人のために命を懸けるレイは、何度も危険な目に……。 そんな中、世間知らずの箱入り娘であったエリー王女は泣いているだけではありません。 様々な経験を得ながら成長し、前を向いて歩いていきます。 これは二人が苦難を乗り越え、幸せになるための物語です。 公式サイト(人物紹介・FAなど掲載) http://site.wepage.com/loveprincess