転生憲兵は悪食属性~140センチは燃費が悪い~

第五節 おいしく食べよう多脚戦車!

 待て待て待て。  いくら何でも戦車は食えないだろうなどという常識的な判断は、困ったことに切迫した飢餓感の前に敗北した。  この戯画女の気が違っていることは明々白々だが、私の命が風前の灯火なのもまた明白だった。  度し難い空腹。  それにせっつかれる形で、私は、言われるがまま鋼蜘蛛の残骸まで這いずっていく。  固い装甲で覆われた蜘蛛の化け物──多脚戦車。  こんな鉄塊のどこに、食べられる部分があるのかと頭を悩ませる。  まさか本気で、鉄を食らえというのか、この女は。 『いいえ、いいえ。それは穿った意見ですキリク。たしかにあなたは、ある程度の高い消化吸収能力を有していますが、金属を直接功子に変換することは難しいでしょう』 「ならば、どうするというのだ。それともなにか、ほかに食べ物が──」  ぐるりとあたりを見渡す。  暗所に順応した眼球は、アーヴ・ロウンがどんな場所かを捉えてみせる。  私の背丈よりも大きい円筒形のガラスが、所狭しと並んだ奇妙な区画。  瓶はほとんどが割れており、中身は残っていないか、わずかに残った廃液が皮膜を形成している。  ほかの場所は、やはり機械が埋め尽くしており、ところどころ隔壁で封鎖されていた。  配管と、隔壁と、ガラスと画面と、火花を散らす大穴だけがある寂しい場所。  土も、植物も、生き物も。おおよそ、自然物と言えるものはなく。  すべてがくすみ、よどんでいる。  窒息しそうな建造物だ。  これが理想区画とは、笑わせる。  まるで、この世の終わりではないか。 「──こんな場所に、食べ物があるとでもいうのか?」 『培養液……の廃液が少しありますが、あれの栄養価が少ないです。休眠状態で極力代謝を抑えた真造躯体、その維持に全てのリソースが費やされていますから』 「結局食い物はないと言うことか」  ならば、私は飢え死にするしかない。 「ふざけるな」  力無く、怒鳴る。  死ねない。  死ねるものか。  これが廻坐乱主の企みだというのなら、なおさらだ。  考えてみれば、すくに解ることだった。  同胞のいない異邦の地で、こんな頭のおかしい女の幻覚と連れだって飢餓に狂う。  食事は得られず、健全な魂を担う精強な肉体は、か弱い幼女のものと成り果てている。  全ては彼奴が、私の精神をへし折るために企てたことだろう。  邪知暴虐なる荒魂め。  醜悪なる奸賊め。  それほど私を屈服させたいのか。  ──ふざけるな、私にはやるべきことがある。  天皇陛下は、私に生きろと命じられた。そして、廻坐乱主の悪逆を許すなと、誅戮せよと勅を下されたのだ。  成し遂げなければならない。  それまでは死ねない。不義理など、晒してよいものではない!  上官殿も言っておられた、今日が明日を作るのだ! 「だから、生きるためなら、何でもするさ。どんな悪食も、耐えてみせよう」 『その意気です、キリク。では、FAJを両手に限定転換します。それで、戦車の脚部装甲をこじ開けてください』 「待て、その……なんとかを使ったら、また私は腹が──」 『承認を得ました。作用開始!』  どうやら(ようじょ)の身体は、自由にもできないらしい。  止めるいとまもなく、両手が赤い光に包まれる。  全身の虚脱感が深刻な状態に突入。ひどく大切ななにかが、絞り出される感覚。  赤い色の装甲が、両手に顕現。  早く終えたい一心で、呻きながらも戦車の装甲に手をかけた。  思いっきり力を入れると、装甲はぱかりと開いた。  装甲の内部が露出する。 「これは」  それは、生物学の講座で学んだものに酷似していた。  濃い紫色をした、繊維を束ねたもの。  見間違えようがない。  これは── 「筋肉、か?」 『首肯します。多脚戦車の機動力を支える人工筋肉です。遺伝子改良した大型海洋哺乳類を飼育し、筋繊維のみ取り出し、加工しています』  難解だが、ようするに鯨だが海豚(イルカ)だかの仲間の筋肉、と言うことだろう。 「本当にこれは、食えるのか?」 『理論上は可食です。本来なら火を通すべきですが、非常事態です。このままいきましょう』  このままいきましょうじゃあない。  生肉を丸かじりとは、どんな蛮族だ。波蘭(ぽーらんど)人でもそんなことはしない。 『……文句が多いわね、この野郎』 「なに?」 『いえ、では刺身にしましょう。左腕の放熱フィンを刃状に展開しますから、それで切って。それから、廃液にあえることで多少栄養価も向上するでしょうし』 「…………」  ぐぎゅるるるるるるる…………  腹が鳴る。  地獄のような悲鳴を上げる。  限界だった。  私は、とうとう言われるままに、人工筋肉とやらをぶつ切りにし始めたのだった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿