転生憲兵は悪食属性~140センチは燃費が悪い~

第六節 多脚戦車の刺身 ~培養液の廃液ソースを添えて~

『完成です! 多脚戦車の刺身! これは画期的な栄養食ですね!』  全く心にもない様子で──そもそも表情が変わらない──ヴィーチェ・ル・フェイは(のたま)った。  目の前には、壊れたどろーんから剥ぎ取った装甲が、間に合わせの皿としておかれている。  その上には、お世辞にも綺麗とは言えない切り口の、ぶつ切り肉がのせられていた。  紫色で、脂身が皆無の、筋張った肉。  肉の上には、べっとりとした黄色い培養廃液が、でろっとかけられている。  ……吐き気を催す色合いの、おおよそ尋常とは思えない食べ物が、目の前に鎮座していた。 『立派なSF飯! これぞ科学グルメ! さあ、キリク、おなかいっぱい召し上がれ!』  手を叩きながら、やけに声高に訴えかけるヴィーチェ・ル・フェイ。  無理筋を通そうとする人間の態度にしか思えない。  ……本気で食べるのか、これを。  廃液まみれの生肉を食べないと死ぬのか、私は? 悪食にもほどがあるだろう……  だが、すでに意識は混濁の域まで来ている。  本能的にわかる。私は、本気で腹が減っている。 『どうぞ、さあどうぞ?』  こうなれば、ままよ。  戦中の経験を思い出せ、食えるだけましなのだぞ、私! 「南無三!」  意を決し、私は口のなかへ切り身を放り込んだ。  思いっきり噛み締め──そのまま嘔吐しかけた。  鉄くさい。  もっと言えば、油くさい。  機械油の臭いが、腐った血液のような臭いが、突き刺さるように口腔から鼻腔、食道まで突き抜ける。  生前から味覚は鋭敏だったと思うが、ここまでではなかった。研ぎ澄まされた味覚。  その上で、最悪に不味い。  驚くほど肉汁は出てこないし、肉に染みついた臭いが酷い。  培養液が完全に無味無臭なのが、ここでは逆につらい。  不味い。心底不味い。  涙がにじんでくるが、男がこの程度で泣いてはならない──いまの私は幼女なのだから、泣いてもいいかもしれないが気持ちの問題だ──泣けば、多分心が折れて、食べずに死ぬ。  食べろ、食べろ、生きろ。  陛下の勅を思い出せ。  廻坐乱主への憎悪をもう一度燃やせ。  生きろ、生きるのだ。泥を、廃液を啜ってでも、生き延びるのだ……!  廻坐乱主を殺すために!  飢餓と吐き気と憎悪でぐちゃぐちゃになる脳髄。  それでもひたすら咀嚼し、そのたびに嘔吐(えづ)き。  歯を食いしばって吐瀉感に耐え。  やがて──嚥下する。 「うえぇ……ぷぐぁ」  自分のものとは思えない悲惨な声。  だが、飲み込んで理解する。  食道を通り、胃の腑へと落ちた人工筋肉は。 「──っ」  次の瞬間、ちからに換わった。  視界の左端で目減りを続けていた数字が止まり、緩やかに数を増大させていく。  たった一口。  たった一切れの肉が、私の総身に活力をみなぎらせたのだ。  先ほどまでカラカラ乾いていた肉体が、砂漠に雨が降ったかのように、貪欲に栄養を吸収していく。  そこからは無心だった。  私はひたすら、人工筋肉をむさぼった。  廻坐乱主に出会う前に、私が握り飯を与えた少女のように。  うまいとか、まずいとか関係なく。  吐き出してしまいそうになりながらも、ただ黙々と、喉の奥に肉を送り込むことに腐心した。  やがて、豚数頭分もあったような人工筋肉の束を食べ尽くした頃。  私の胃袋は、満たされていた。 『どうでしたか、キリク』 「……味は最低だ。だが」  彼女の言葉に、立ち上がりながら答える。  拳を握り、開く。  全身に活力が満ちている。  頬をなでる、唇をなでる。  潤っている、張りに満ちている。  細胞の一つ一つが気力に充実し、倦怠感も払拭されている。  ──いける。  そう思った。 「私はまだ、生きている」  そうだ。  生きている。  生きているのだ。  どうだ? 見たか廻坐乱主?  私が、早々に折れることを期待していたのだろうが、そうはいかない。  おまえは奇跡を以て民草を見下し、こう言った「崇めよ」と。  だが、私は奇跡を鏖殺(おうさつ)し、必ずやおまえを失墜させて告げてやる「否」だ!  支配と不幸のための理不尽(キセキ)など、すべて私が否定してやる!  ああ、生きてやる。生きるために食ってやるとも。  どんな不味いものでも、食事未満の代物でも。  それがおまえを、こんな世界を作った奇跡を殺す糧となるのなら。  私は食って、食って、生き延びて。  必ずおまえを、殺してみせる……! 「これが、私の答えだ、廻坐乱主!」  この世界の全容は依然として知れないが、彼奴を放置すれば帝都にも悪影響が出るのは間違いない。 「ならば、私を導けよ、ヴィーチェ・ル・フェイ。私を、最悪の偽神の元まで!」 『もちろん。あなたが目覚めたからには、あたしの存在意義も更新されました。あなたを神の御許に連れて行くこと。それまでの安全を保証すること。それが、あたしの使命であることを──キリク、あなたに約束します』  彼女の言葉に満足し、私は立ち上がる。  一歩を踏み出しながら、彼女へと尋ねる。 「それで、ヴィーチェ・ル・フェイ。廻坐は、どこにいるのだ?」  彼女は答えた。  気のせいだったかも知れないし、ただの画像の乱れだったかも知れないが。  それでもわずかに、口元をゆがめて。 『この世界の中心に』 「なに?」 『ここから遙かに五十六億七千キロメートル下層──弩級構造体の最下層、基底領域たるディスに座し、人間を管理するもの──それが、神。廻坐乱主なのです』  ……斯様(かよう)にして。  私の足跡は、再び刻まれはじめる。  偉丈夫の憲兵は幼女へと生まれ変わり、神を殺すために歩み始めた。 「……ところで、ヴィーチェ・ル・フェイ」 『なんでしょう』 「先に、何か着るものはないか?」 『…………』  ずっと生まれたままの姿である私に。  戯画女は。 『まったく、あなたは始末に負えないヘンタイですね!』  妙にうれしそうな顔で、そんなことを言うのだった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿