【京都物語短編恋愛小説】ドフラミンゴに聖なる夜を

前へ

目次

次へ

ドフラミンゴに聖なる夜を

幸福の鐘が鳴る。希望に満ちて目を覚ますのはいつ以来だろう。ここ何年間は瞼の開口が憂鬱な一日への始まりの合図であり、迫りくる時を愉しむなど到底考えられなかった。 「これも聖なる日の魔力か」 枕元で鳴り続けるアラームを解除する為に左手を布団から出してスマホを探す。手から伝わる冷気で、外の気温がいか程なのか瞬時に計測出来るのは、この季節ならではの事である。 アラーム解除と同時に布団から出て、スウェットを脱ぎ捨て作業着に着替える。浮かれる心を鎮めるため洗面台に向かい顔を洗い流し歯を磨き、髪型と眉毛を整えて、鏡に向けて一発キメ顔をした。 ナルシストでは断じてないが、今日くらい綺麗に整えないと”相手”にも失礼になってしまう。身嗜みと清潔感は大事だって雑誌にも書いてあった。 「さぁ行くか」 こんなにも清々しい気持ちで作業場に向かうのは初めてのことかもしれない。いつもなら金具が錆びて重たいはずの玄関の扉が、今日は驚くほど軽々と開き、いつもなら沈むはじめの一歩も、枷が外れたかのように軽快なリズムを刻んで外に出た。 しかし、そんな浮かれる僕を襲ったのが京都の寒波である。 「京都の冬は寒いで」 誰かの言った言葉が蘇るように僕の身体を京寒風が通り過ぎて行く。もはや寒いを通り越して痛い。分厚い作業着のポケットの中に手を突っ込み、ネックウォーマーに顔を埋めるのだが、隙間を見つけて潜り込んでくる悪戯な風には敵わない。 そんな京の街もすっかりとクリスマス模様に色ずき、彼方此方で華やかに飾り付けされたツリーの木が立っている。キラキラと輝く星たちと金色の鈴の音、何処からともなく聞こえてくるクリスマスソングは非日常を感じさせる。皆が聖なる日を祝福しているのだ。 とはいえ、クリスマスはイエス・キリストが降誕した日であり、ほとんどの日本人はキリスト教徒でないのだから関係ないイベントではある。ハローウィンもそうだが、他国の文化をお祭りのようにしてはしゃぎ回る様は、誠に滑稽であり、厚切りジェイソンに「Why Japanese People?」と言われても可笑しくはないだろう。とはいえ、今の僕も大衆と同じように愉悦に浸っているのだから困ったものだ。 これも全てドフラミンゴと出逢ったせい・・・。 ドフラミンゴと出逢ったせいで聖なる日の始まりを幸福と共に迎えることができる。「ありがとう」コンビニに飾り付けられたツリーに小さい声で御礼を言った。 ドフラミンゴと初めて出逢ったのは121週目の土曜日、クラブのビックイベントの時であった。その日は恐ろしいほどの超満員で、クラブ内で歩くことも困難なほど沢山の人集りに溢れていた。 クラブ内の人々が、高揚感を刺激する音楽とお酒で酔っ払っている頃、僕は沢山の人混みに酔ってしまい喫煙コーナーで休憩していた時だ。タバコに火を点け、肺深くニコチンを吸入していると、そこに現れたのがドフラミンゴだった。 某海賊王に俺はなる系漫画に登場する悪のカリスマように、ピンク色のプードルコートを羽織り、サングラスを頭に乗せ、覇気を纏いながら僕の隣の席に座った。 クラブ内では、隣に座った人に話し掛けて良いという暗黙の了解がある。それが”女性”だったら尚更のこと。外見的に少し躊躇ったが、彼女に話し掛けた。 「そんな分厚いコート着て暑くない?」 「う?うん。暑くない」 「一人でクラブに来たの?」 「友達と一緒だけど。友達は男の子に連れていかれちゃった」 ドフラミンゴは少し寂しそうに悲しそうな顔をして僕に言ったが、そんな服装をしていなかったら小動物みたいな可愛らしい顔をしているし、君も一緒に連れて行かれお酒の一杯や二杯を奢って貰えただろうにと思いつつ、たわいもない話を続けた。 ドフラミンゴは話してみると割と気さくな子で、興味がある話だと目をクリクリさせてこちらを見つめてくる。その仕草がリスみたいで可愛かった。 途中、僕の友達が女の子捕まえたからお前も来いよと呼びに来たが、ドフラミンゴとの会話は思いのほかとても楽しいもので、次第に時が経つのを忘れて話し込んでしまっていた。 気がつくとフィナーレとなる”All I Want For Christmas Is You”が流れ、喫煙コーナーにいるのは二人だけになってしまった。完全にノリ遅れた僕たちは、「もう終わりだね」って言い合い笑いながら踊り狂う大衆を見つめた。 僕はコンビニで温かいジャスミンティーと龍角散のど飴を買った。ペットボトルの蓋を開けるとジャスミンの独特な香りが鼻に届く。この瞬間が堪らなく好きだ。芳醇な香りを味わいながら本日の段取りを確認する。 朝から18.5帖を引き上げてその日に作って納品する。後は月曜日朝一に納品する旅館の残り数枚を仕上げれば本日のノルマは完了。作業場を掃除して片付けて大体18時過ぎには終わる段取りになる。 仕事が終わったら準備をして待ち合わせの河原町駅マルイの前が20時。ゆっくりとクリスマス色に染まった河原町を歩きながら20時半から映画館で洋画鑑賞。見を終わった後は23時からカフェを予約している。美味しいイタリア料理とシャンパンを飲む。 「完璧だ」 作業場に着いた僕はニヤケ顔を必死に堪えながら持ち場についた。 畳作りというのはこれがまた良い仕事で、無我の境地と呼ぶべきか、朝何を考えていても畳を作り始めたら雑念が一切消える。畳の香りがそうさせるのか、モノづくりが楽しいからそうなるのか分からないが、仕事に集中出来るのは幸な事である。ただ、ふとしたキッカケで思い出すと脳内の情報が全て持って行かれるから注意が必要なのだが。 「お前、今日デート?」 「あ、はい」 「そうか。クリスマスだもんな。で、どんな子なの?」 「絵を学んでいる大学生です」 「お前好きだよな。絵とか文学とか音楽とかやっている子」 「別に学問で女性選んでないですよ」 「でも、そんな子どこで知り合うんだ」 「クラブです」 「へー!クラブに来るんだ!京都の子?」 「奈良です」 「奈良かー。じゃあ良い子だな」 「ですね」 滋賀県と奈良県の女の子は素直で謙虚で優しい子が多い。 こんな噂が畳職人の間で流れていた。無論、性格の歪みなど県事に形成されるものではないが、ドフラミンゴもまた然り素直で謙虚で優しい女の子であった。 ドフラミンゴとクラブで初めて会ってから、次の週もそのまた次の週も一緒に土曜の夜を過ごした。好奇心が強い僕は、占いバーに行ったり、ビリヤードに行ったり、カラオケに行ったりと彼女を振り回した。 ドフラミンゴも満更でもない様で、楽しそうに笑っていた。ただ、遊ぶ場所が四条河原町であった為にドフラミンゴには大変な足労をさせてしまった。 ドフラミンゴの家は奈良県でも南の方で、家の近くに駅のホームがなく四条河原町に出るのに二時間近くもかかる。こんなにも長い長旅を経て、四条河原町に来ているかと思うと流石に申し訳ない気持ちになる。 だから僕は、「奈良県まで遊びに行くよ!」と言ったのだが、「いいよ!気にせんで!全然大丈夫やから!」と言ってくれるばかりか、僕が仕事で疲れてないか気配りまでしてくれた。 比べるのは申し訳ないが、これが僕の地元の女の子だったら「私バイトで疲れてるんだから遊びたかったら私の家の近くまで来い!」と言ってくる。「あ!そうだ!来るついでにコンビニでからあげクンレッドも買って来て!」と付け足して。 ドフラミンゴとの思い出が頭の中で再生されたお陰で集中モードは完全に途切れたが、仕事も終盤に差し掛かった。後は18.5帖を納品し、旅館の残りを終わらせるだけである。ただ、そうした心の乱れは災いを呼ぶもので、18.5帖の納品で思いのほか苦戦し時間を取られてしまった。 「お前、もう18時だけど、デート大丈夫なの?」 「大丈夫です。約束は20時ですし、19時に家を出れば全然間に合います。」 「じゃ片付けしないで上がっていいよ。俺やっておくし。」 「いいんですか?でも先輩も予定あるんじゃないんですか?」 「俺の彼女仕事なんだよね。だから俺暇だし。」 「ありがとうございます。今度絶対お返しします」 先輩後輩の友情。これも聖なる夜の僥倖か。作業場に帰る車の中でまた一つ小さな幸せを感じていた。 「なんだあれ?」 「え?」 遠くに見える作業場の異変に気づいたのは先輩だった。 「今な、お店の中に畳が山積みしてあったぞ」 「え?マジですか?マジですか?」 駐車場に車を止め、すぐに作業場に向かった。遠くからでも確認できるとんでもない量の畳の山。嫌な予感がした。 「これ!何ですか?」先輩が強い口調で質問する。 「あかんわ!工務店さんが畳表を間違えたらしいわ。もうどうしようもないわ。」 「いつまで、いつまでですか?」 「悪いけど明日の朝までに頼むわ。」 その瞬間何かがポツンと切れた。僕は確かにその音を聞いた。膝から崩れ落ちたのか、頭を抱えたのか記憶は定かではないが、絶望の音とスマホを持って外に出たのだけは覚えている。 「俺だけど。」 「うん。」 「もう家でたよね」 「え?う、ううん。まだ」 「あのさ。急なんだけど。今日行けなくなった。」 「仕事?」 「そう。」 「終わるの待ってるよ」 「いや。終わらない」 「今日ずっと?」 「ずっと」 「そうなんや。わかった」 「ごめん」 「ううん。大丈夫。お仕事頑張ってな」 「ありがとう」 受話器越しに駅のホームの音が聞こえた。ドフラミンゴは最後まで優しかった。 メリークリスマス。今日会って最初に言おうと想っていた言葉は、結局伝えられないまま二人を繋ぐ通話の線は切れてしまった。 僕は聖なる日の夜空を見上げる。辺りは真っ暗になり星々だけが煌然たる輝きを放っていた。朝はあれだけ寒かった寒風も今は少しだけ心地が良い。 「メリークリスマス。どうかドフラミンゴに素敵なクリスマスが訪れますように」 聖なる夜に願いを込めて、僕は仕事に戻るのだった。

前へ

目次

次へ

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • コウテイペンギンさん

    柚本メル

    ♡2,000pt 2019年12月17日 11時33分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    えんどろ~!ローナ

    柚本メル

    2019年12月17日 11時33分

    コウテイペンギンさん
  • ひよこ剣士

    十三

    2019年12月21日 22時00分

    いつもいつも本当にありがとうございます。素敵なクリスマスになる事を祈っております。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    十三

    2019年12月21日 22時00分

    ひよこ剣士
  • 文学少女(心と身体フェアver)

    野上

    2019年12月7日 21時48分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    全俺が泣いた

    野上

    2019年12月7日 21時48分

    文学少女(心と身体フェアver)
  • ひよこ剣士

    十三

    2019年12月21日 22時01分

    コメントありがとうございますm(_ _)m。今後ともどうぞ宜しく御願い致します。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    十三

    2019年12月21日 22時01分

    ひよこ剣士

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 幼女とロリコンの魔法使いによる最後の純愛

    ♡103,611

    〇260

    異世界ファンタジー・連載中・14話 囲味屋かこみ

    2020年7月12日更新

    魔法は失われ、前文明の遺産から『機械』を産み出し発達する世界『アル・セリカ』。 様々な超常現象を引き起こす『遺物』が、人の手により悪用される事件——『遺物の歪み』を追う一人の少女がいた。 彼女の名前は『エルトゥールル・ハウル』——通称エルル。喋る機械の剣を相棒に、とある遺物を探していた。 それは、己の肉体を幼女化した遺物。 期限は一年。過ぎれば、死に至る。 そして旅の途中、出会うは『世界最後の魔法使い』。 彼は亡き姉の遺言により、嫁探しをしている青年だった。 終焉の運命と向き合い、失った愛に触れ、エルルが触れる世界の真実とは——? 幼女化した主人公と、ロリコンの魔法使いが織りなす最後の純愛!開幕‼ —————— ・いただいたイラストは全て、最後にまとめて掲載しております。そちらだけの閲覧も大歓迎です。

  • お初です。よろしくお願いします。

    ♡17,000

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・22話 家鴨乃尾羽

    2020年7月13日更新

    20.05.10.多忙なあっきコタロウさんの私のリクエストに応えてくれた(嬉々)素敵なフリーイラストを表紙にしました。「百合ものがたり13」にも同じイラストを使います(笑) 「百合文化はよくわからないけど百合描写を書いてみたい方へのアドバイス」みなはらつかさ著作を参考に読みました。ちゃんと書けてるかな? 20.02.25.恋愛ラブコメランキング86位でした(嬉) 総合は日間640位でした。 20.02.26.86位→日間28位 640位→日間208位(嬉) 20.05.22.恋愛ラブコメ日間40位 20.05.15.この作品のキャラを使ってノンケのバージンロス話を書きたがっている人へ。可愛い作品なので嬉しく有りませんが、要望はコメントにて、お待ちしております。 20.05.18.リクエスト第2段叶いました!☆/。うれしー(笑) angelだ! 「百合ものがたり13」公開後、表紙を少しの間、どアップと入れ換えます。 現時点では18話まで完成してます。 20話の完成までお待ちください。 20.06.05.表紙を入れ換えました。そろそろ出陣だからです。これは私がリクエストしてないフリーイラスト達です。15枚!☆/。 20.06.08. 11と12話を公開しました。11話は、アニメちっくと12話は楽しいと共感したと、あっきコタロウさんからコメント頂いた作品です。 20.06.15. 今週はリクエストフリーイラストが初登場です。 来週「髪を切ること」が公開できそうです。 20.06.25. その節はご迷惑おかけしました。反省してます。 20.06.29. 17話と18話です。 20.07.06. 19話と20話です。以降私のせいでイラスト遅れます。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る