異世界ファンタジー 長編 連載中

最弱の「色使い」の冒険譚〜追放された少年は第二の人生を歩む〜

作者からの一言コメント

最弱の元冒険者と、最強少女の物語

読了目安時間:12時間7分

 この世界には現実離れした事象を引き起こす「スキル」と呼ばれる異能力が存在する。  その中でも特に優秀な能力を持つ者は、世界の脅威たる魔物と戦う「冒険者」と呼ばれる職業を志す。  齢十五の少年――ファルベもそれを目指していた。だが、彼の所有するスキルは、「物体に色をつける」ことと、「色を変化させる」能力だけだった。  そんなファルベの今の肩書は――「冒険者狩り」。  最弱だった少年が、何故そう呼ばれるようになったのか。彼の思惑と、隠された真実とは。  ――これは、冒険者狩りの少年と、その弟子の少女が織りなす物語。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 最弱の「色使い」の冒険譚〜追放された少年は第二の人生を歩む〜
作者名 やのもと しん
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 男主人公 異世界ファンタジー アクション バトル シリアス スキル 追放 ハイファンタジー 成り上がり HJ大賞2020後期
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年11月23日 0時13分
最終投稿日 2021年5月10日 23時08分
完結日 -
文字数 363,610文字
読了目安時間 12時間7分
ブックマーク登録 7件
コメント 0件
スタンプ 9件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,000pt
ノベラポイント 2pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ゾンビになった。思考ができた。 さて、時間は腐るほどある。ゆっくり考えよう。

    脳味噌正常ゾンビのゾンビサバイバル始動

    23,100

    1,020


    2021年5月12日更新

    ゾンビパニックなんていつ始まったのか。 ニュースも前兆も知らずに気付いたらなっていた駆け出しゾンビが朦朧とした意識で遮二無二病院の薬を手当たり次第飲んで警察に捕まらずに放浪していたら、一週間くらいで脳だけ正常の見かけ倒しゾンビになっていた。人につくかゾンビに媚びるか、大丈夫。ゾンビはまだそんなにいない。 ゆっくり考えればいい。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:27分

    この作品を読む

  • やまとなでしこ異世界転移

    お嬢さまロマンティック異世界転移

    200

    0


    2021年1月31日更新

    ちまたで流行していると噂の異世界召喚。 日の本が皇木家のお嬢さま、皇木桜子(すめらぎさくらこ)は「やまとなでしこ」を目指すため、異世界への旅を渇望していた。 ある日、彼女自室に黒い渦が現れる。それはきっと、異世界へのゲート。サクラコは意を決してゲートに触れて……。 お嬢さまが異世界で出会ったのは、おちゃめな王さま、はねっかえり魔法使い、スケベな盗賊に、勇者さま!? 運動はからっきしでノー魔力のお嬢さまが「ガツン!」とやったり「パチン!」とやったり、「あらまあ」とやったり、「ごめんあそばせ」とやる展開は来るのか!? 今更ながらにステレオタイプなお嬢さまと送る、涙あり、笑いあり、色鮮やかな異世界ドタバタロマンティックストーリー! ※当作品は2019年3月に小説家になろうさんで公開していた拙作の、山ほどの誤字や文章の修正を行ったものです。ストーリーの変更はありません。 ※上記の都合により小説家になろうさんではすでに全話公開状態ですが、作品をより多くのかたに見ていただくのと、サイトの活性化のために順次公開設定にしています。一日一話、0時更新。1月31日に完結します。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12時間20分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ラビアージュ

    きらめき、ときめき、満開です!

    17,100

    309


    2021年5月12日更新

    「ブレイブアーップ!」 ひかりが、花びら満開に、咲き誇り‥‥ 正義と、勝利とが、浮かんだ。 「アイドル勇者みなみ、正義を遂行するよ~☆」 凄艶が、ときめきを叫ぶーっ! そして、華麗に、ヒーローアクションを、決めている。 ※小説家になろうと、カクヨムに転載しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:43分

    この作品を読む

  • ギルドマスターをやっていた整備士だが、ギルドを追放されてしまったので、また一から作ろうと思う。

    その整備は、才能を開花させる。

    5,500

    0


    2021年5月12日更新

    整備士のロルフは、日々ギルドメンバーが十分な力を発揮できるよう、武器を適切に整備し、最適なクエストを斡旋していた。 しかしある日、『全ては自分の実力で、非戦闘員のサポートなど必要ない』と考えた裏切者の策謀により、ロルフはギルドを追放されてしまう。 やることも無く呆然としていた彼が出会ったのは、無能の烙印を押され、ギルドから追放された、エルフの少女だった。 「えっ、えぇっ! 何これ、体が軽い……っ!」 武器を整備しただけで、驚くべき才覚を現す彼女をみて、ロルフはもう一度、ギルドを立ち上げることを決意する。 そうして生まれた彼のギルドは、才能豊かな追放者達を仲間に加えていき、目まぐるしい成果をあげていくことになる――。 「俺はサポートしただけだ。これは、お前たちの力だぞ。」 一方で、彼を追放した元ギルドは、徐々にその勢いを失い始める。 そしてそのことは、意図せずして、王国全土を巻き込む深刻な問題へと発展していくのだった……。 ※『カクヨム』『アルファポリス』様でも連載させて頂いております。 ※アルファポリス様にて、ファンタジーランキング8位を頂きました。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3時間1分

    この作品を読む