ブログ/活動報告 長編 連載中

私、心療内科デビューしましてんΦxΦ

作者からの一言コメント

私は弱くてちょうど良いΦxΦ

読了目安時間:14分

総エピソード数:4話

 長年悩んでたアレとそろそろ向き合う事にした母ちゃんの呟きですΦxΦ  ハゲと闘う不定期日記。

総エピソード数:4話

作品情報

作品名 私、心療内科デビューしましてんΦxΦ
作者名 黒猫ぴりかのマッマ
ジャンル ブログ/活動報告
タグ 雑記 闘病 トリコチロマニア 心療内科 日記
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年4月9日 16時30分
最終投稿日 2021年4月13日 7時26分
完結日 -
文字数 6,781文字
読了目安時間 14分
総エピソード数 4話
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
受け付けていません
誤字報告 受け付けていません

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • stable diffusionとWaifuDiffusionで作成したイラスト置き場

    最終更新日:22/10/1

    800

    0


    2022年10月1日更新

    stable diffusion + WaifuDiffusionで作成したイラスト置き場です。お前の書いた駄文には微塵も興味ねぇけどキャラクターには興味あるって方専用です。 Twitterにも上げている画像もあれば、ない奴もあります。更新頻度は基本不定期なので「作者からの一言コメント」を参考にしてください。 基本的に「G.o.D」と「異世界狂騒曲」の女キャラがメインで、稀に世界観のコンセプトアートを投稿します……男、いる?いらんでしょ? ※220916追記 WaifuDiffusionも追加しました。

    読了目安時間:3分

    この作品を読む

  • 懐かしのバトン

    いただいたバトンの回答ですー

    3,100

    10


    2022年10月1日更新

    バトンの回答用に作りましたが、今後他の方にも使うかもしれません。

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 時渡り令嬢の可憐な日常生活~悪役疲れで禁断の時渡りの術に手を出した私、なぜか憎き過去のやり直しですわ~

    一つの愛を信じた二人の出逢い。

    0

    0


    2022年10月1日更新

    真っ当な令嬢に会うたびにどんどん悪役になっていくことに疲れ果てたセレナーデ。 このことをだれにも告げられずにいたのか変わり映えのしない森でつい愚痴を零してしまった。 セレナーデは独りだと思っていたが実は宮廷時魔術師イシュタルに全て聞かれていた。 悪役だと正直になれないが実はセレナーデはイシュタルに恋をしていた。 宮廷時魔術師イシュタルはセレナーデの気持ちに気付いており禁断の時渡りの術を教えてしまう。 二人の恋の暴走が生むのは幸福か悲劇か。それは過去に戻らないと分からないことだった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 食育勇者の三姉妹~美味しく楽しく食事ができれば、絶対できる最強奥義!~

    少女は食べて、強くなる!

    498,649

    1,102


    2022年9月30日更新

    ※夜中に見ると、お腹が絶大に空く危険性がございます。お気を付けくださいませ。 俺は引き籠りの男子高校生、天城 翔(あまぎ しょう)。コンビニへと昼飯を買いに行った帰りに異世界転移してしまった。 異世界の森で不思議な化け物に追い掛けられる最中、空腹で倒れていた女剣士に遭遇する。 持っていた弁当を食べさせると、彼女は突然人が変わったように化物へと立ち向かう。多彩で不思議で、強力な技の数々を駆使していった。 どうやら、彼女は食物の特徴、調理法、風習、言い伝え、イメージに関係して様々な攻撃ができるようになるらしい。 気が付くと、俺は何故か元の世界に戻っていて。元の暮らしをしているうちに二回目の異世界転移。また女剣士に逢うこととなる。 彼女の世界で紹介されたのが、森で逢った女剣士レディアを次女とする食育勇者の三姉妹。 三人は、この世界を支配する魔王を倒せる唯一の存在だったのだ。 魔王討伐を目指すため、俺は援護。三姉妹は化物を、食物が成せる奇跡の技で倒していく。 今話題、テイクアウトが炸裂! 時に涙あり笑いありの日帰りファンタジー! 表紙は海乃エメ様に描いていただきました。

    読了目安時間:23時間30分

    この作品を読む