私、心療内科デビューしましてんΦxΦ

読了目安時間:4分

エピソード:2 / 4

 お、また来たのかいΦxΦ?

心療内科に行って来た。

 トリコチロマニア(抜毛症)  こちらを覗きに来られた方の中にはこの症状を検索された方も居られるかもしれません。  抜毛症紹介の中に「患者の多くは毛を食べる」と言う項目で、背筋ゾゾゾ〜と文章を鵜呑みにしたら気持ち悪いと感じるかも。    私はそこまで重度ではありません。  ひたすら毛を引っ張る痛みが、その間だけ嫌な事忘れてるので辛いと髪に手を伸ばす。  良くない行動ですがストレスへの自分の防御反応なのだと思う。  ストレスに対して対処療法してるのよね。 (良い子は真似しちゃアカンで)  爪を噛む癖は抜毛症より多いと思うのですが大半は食べちゃう人のが多いのかな? そんな感覚なのだと思う。    心が疲れてる状況の時の行動なので、少々行動が予想外でも『キモい』と思っても内緒でお願いしますΦxΦ    で、本題の心療内科でございます。  私はメリーの介護があるので遠出ができない。 家から歩いて5分の病院に通う事にしました。    良い病院かどうかはまだ分かりませんが『病院に行く行動』が私には重要だと思ったから。  病院の雰囲気は歯医者さんと似た感じ。 カウンターがあってソファーがあって。  可愛くて優しい感じの受付さん。  初診だと伝えるとカルテを制作するために持病やらアレルギーやらどこの病院でも渡されるアレを書きます。  だけど内科や歯医者とは違いがいくつか。  『付き添い人は居られますか』  『通院中に妊娠されたら当院に伝えますか はい、いいえ』  いいえにチェックならどうなるんや......そういう時のための付き添い人か?  私もうアラフォーですし介護もあるので妊娠の項目は気にならなかったけど付き添い人の項目は  「あぁ、私心療内科に来てるんやなぁ」 って、なんとも言えない思いが出ました。   まわりの患者さんを見ると半数は付き添い人が。 (お年寄りの介助も含まれている)  いかんせん初めての心療内科なもので付き添い必要やって言われたらどうしよう......と待機中悶々。    お父さんのお休みはメリーの病院で潰れるので頼めない。  息子は入社したばかり。  お姑さんに抜毛症って言いにくい。 なんて私は面倒な病気なのだと凹む。  ※病院終わった後に考えたんですが、付き添い人は重度の患者さんやお年寄りの介護なのではと思う。  私は付き添いが居ると言われなかったので。 今後はお薬の副作用とかで分からないけど。  私の順番が近づいて来て待ち合いから大きな木のドアの前の待機室に行くように看護師さんから言われます。  ここで問題が......。  よ〜〜く耳を集中させないといけませんが、先生と患者さんの話し声聞こえるんですね。  気にして聴かなければ良いだけですが、ちょっとプライバシーに難ありな気も、恥ずかしいなぁ。  町医者やけ土地大きく無いし〜まぁ、しゃーないわな??? と思うしかない。    とうとう私の番が。 重い木のドアを開けて仕事の面接のように入る私。  書斎でした。 病院感まったくない。 唯一の病院感は白衣着た50代ぐらいの女医さん。  先生「今日はどうされましたか?」  帽子を脱いで抜毛してしまう事を伝え終わった刹那......    今までなんとも無かったのに、急にこみあげるものが溢れて涙になりました。  ぽつり、ぽつり質問は返せるのですが泣いて自分を語れない。  自分の事を伝える事が出来なければ治療方針も定まらないのでは......困った(汗)  前回、主人に話した時は何故かとても申し訳ない気持ちになって泣いてました。  優しい人なので私の抜毛症がひどくなってると分かったら悲しいだろうなぁと。  でも治療するにあたり薬による影響も少なからず出ると思うので家族の協力も必要と感じたし、私1人ではたぶん乗り越えていけない。  お父さんが私には必要なのです。    共倒れならないように、私に引っ張られないでねお父さん!! (たぶん読んでると思う心配性やけね)  先生と話してる間に出た涙の意味が未だに私は分かりません。  なんの涙なのだろう。  でもこの涙は私の成長だと思いたい。 自分のメンタルに一歩踏み込んだのだから。  今日ここで伝えたかった事は、私みたいに自分と向き合う方が先生を前に話せなかったとしても  『今の自分にはそれが普通だよ』 と、伝えたいのです。  私も一緒です。  おかしくなんてありません。  言えなくても良いと思うし、先生はプロです。  沢山の患者さんが先生を前に泣いて居られると思うので泣いて話せなくとも今までの経験で察してくれているからです。  いつか泣かずに話せる日まで、のんびりといきましょう。  私もねΦxΦ  『母ちゃんの独り言』  心配性の家族へ。  私のトリコチロマニアや鬱を自分達のせいだと思わないでほしい。    もし原因があるのだとしたら間違いなく母ちゃんの結婚前のあの家での生活です。  あれがあるがゆえにオモテの私は強いのだと、そういう人物像が生まれてしまったから。  弱くなってる動物ほど弱い部分を見せません。 ペットが病気を隠すのと似ていると思う。  気づきにくいのが当たり前。  こちとら強気ぶるプロですから! 見破られてたまるものかと、そりゃぁもうスキル日々磨いてます。 (ごめん)  私の問題に寄り添ってくれる家族に感謝。

 お薬の事や診察の続きはまた今度。  つたない雑記に最後まで目を通していただき ありがとうございましたΦxΦ

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • RECONQUISTA

    “負けない”と誓う奴隷達の物語

    48,200

    195


    2022年11月21日更新

    美しき湖と山々に囲まれた【ティエーラ王国】。 世は戦乱の時。 かの小国の奮闘虚しく、 湖に抱かれた王都は瞬く間に陥落。 【レグノヴァ帝国】の若き将軍 アヴェルヌスの手に落ちてしまう。 碧湖守備隊(ノール・ヴァルト)兵士ティルスは ただ1人処刑を免れるも、戦争捕虜となった後 剣闘士としての生を強いられることになったが……!? ――此れは。 敗者の命に値がつけられ、 道具として消費された時代の物語。 ●古代ローマ史(史実)『スパルタクスの乱』や『コンモドゥス帝』のエピソードをモチーフにしたファンタジー作品です。 専門的な内容ではないので、古代ローマ史を知らなくても楽しめるお話です! 知っていたら、2倍楽しめるかも……?!笑 ●国名など色々でてきますが、序盤~中盤はあまり気にせずに読んでもらってOKです。 (地図あり/序盤はシンプルな物語構成になってます!) ●お話は全8幕(第1部:1~4幕/第2部:5~8幕)で完結予定です。 ※時々番外編を書くかも…!! ≪注意≫ 基本的には剣闘士を題材&西洋風の世界観で、 主人公(ティルス)が ヒロイン(アレリア)や仲間のために、 強大な帝国と戦っていく ファンタジー戦記モノ&時々恋愛モノのお話ですが、 『剣闘士』『奴隷』『戦争』という題材を扱うにあたり、 ・流血表現 ・暴力/暴行を示唆する内容(性的な内容を含む) ・物語上の弱者が痛い目に合う描写 が含まれます。 苦手な方はあらかじめ観覧をお控えいただくか、 気分が優れない場合は、 必要に応じて観覧を中断してください。 ≪小説×漫画について≫ 小説で書きたい場面は小説、 漫画にしたい場面は漫画で描いちゃう! という自由型創作をしています。 節タイトルに『◆』がついてるのが、挿漫画もしくは挿絵があるお話です。 ≪おまけ≫ この作品は、 2009年に制作した読み切り漫画の リメイク続編となります。 元ネタ漫画(時系列・設定・名称が多少異なります) https://www.pixiv.net/artworks/77097159 ※リンク先は外部サイトとなります。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間33分

    この作品を読む

  • 病印 忘却の花嫁

    怪異と戦う一人の少年の物語

    267,100

    79,530


    2022年12月9日更新

    第零部 ある日、霧崎=悠は夢を見た長い黒髪の幼き少女が悠に「遊ぼ」と声をかける。すると手の甲に時が刻まれ、それが零になると悠は「死」ぬと少女が言う。 その遊びの内容は怪異と戦うことだった… 霧崎悠は異能力「黒レコード」を使って怪異の謎を探り推理して怪異となった犯人の正体をみつけて戦う。 第一部

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:11時間53分

    この作品を読む