詩/短歌 短編 完結済

読書キャンペーン開催中!

青空の下、原色の景色

作者からの一言コメント

夏は異界の門 ひらく

読了目安時間:1分以内

総エピソード数:1話

青空の下、原色の景色の表紙

子供たちは知っている 夏は異界の門 ひらく 太陽揺らめき 月は十六夜 惹きあえばほら どこにだって現れる ワクワクのファンタジー

総エピソード数:1話

作品情報

作品名 青空の下、原色の景色
作者名 千梨
ジャンル 詩/短歌
タグ 青空
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年11月21日 20時09分
最終投稿日 2021年11月21日 20時11分
完結日 2021年11月21日 20時10分
文字数 132文字
読了目安時間 1分以内
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • スッとあなたの心を癒す詩の集会場

    物語であなたの心へ寄り添います。

    100

    0


    2022年5月18日更新

    詩であなたを癒しましょう🌿☔️ 雑食紺太郎です。 詩によって変わる登場人物を自分に当てはめながら読んでみてください。あなたの孤独を寄り添って癒していきます! 日々思ったことや感じたことを短くわかりやすいように詩にしたものを投稿していきます。日々更新していければと思ってます。

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • 虚構という名の塀の中

    生きるということ

    60,898

    420


    2022年5月18日更新

    生きるということをテーマにした詩集です。 なので、重いところもあるかもしれません。 生きるということ 死ぬということ それはいつも背中合わせにあって 紙一重なんだと思う 独りで抱え込まないで 貴方を見てくれている人はきっといます ⭐️書き下ろし ♠️過去作品をリメイク

    読了目安時間:30分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 虹魔の調停者

    凄腕魔法士たちが暗躍する本格ファンタジー

    234,130

    535


    2022年5月13日更新

    国を離れた精鋭たちの集う独立ギルド『ガレーネ』。 彼らは世界各地で起きる様々な問題を独自の手法で解決する役割を担う。 ある時、村育ちの兄妹であるジオとネルマは王都の観光をきっかけに彼らから勧誘を受けることに。 ギルドに加わった二人はメンバーたちと任務や休日の時間を共にしながら、少しずつ互いのことを知っていく。 しかし強敵との戦いの最中、彼らの前に真の敵とも言える存在が立ちはだかる———— 『厄災編』『竜人編』ともに、表紙イラストは菊月様に描いていただきました。 【無断使用・無断転載等は厳禁】 また、第一弾のイラスト公開記念として第0話を合わせて公開中です。 『厄災編』最終話で鮮明に描かれなかった主人公ジオの過去に遡ります。 *上のイラストは『竜人編』の表紙になります。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間56分

    この作品を読む

  • エチュードは恋人ごっこ ~天才女優と呼ばれているあの美少女が、俺のせいで大根役者になってしまった話~

    演劇×ラブコメ

    1,100

    100


    2022年5月18日更新

    孤高の天才役者にして、学校一の美少女。俺はそんな彼女と、秘密の『恋人ごっこ』をしている―― 橋本蒼(ハシモトアオ)の通う高校に、かつて天才子役と称され一世を風靡した『青木瑠依(アオキルイ)』が転校して来た。 芸能界を引退しまだ日の浅い彼女に学校中の注目が集まるなか、瑠依は廃部寸前の演劇部へ入部することに。 「演じてみたい役があるの。恋するヒロイン」 恋愛作品に出たことが無く憧れを抱いていた瑠依は、唯一の演劇部員である蒼へ『彼女』役の演技指導をして欲しいと頼む。 降って湧いたような奇跡の展開に、蒼は戸惑いつつも瑠依との『恋人ごっこ』を受け入れるのだが……。 「あの……てっ、手を、繋ぎたいのだけれど……っ!?」 (下手すぎる……) 定評だったクールでミステリアスな雰囲気が、なぜか蒼と一緒にいると台無しになってしまう瑠依。 幼少期から仕事一筋。恋愛経験ゼロの瑠依をいつの間にか本気にさせてしまったことに、彼だけが気付いていなかった。 ヒロインになりたい少女と、道化しか演じられない少年。 嘘とアドリブに塗れた恋人ごっこの行方は。

    読了目安時間:16分

    この作品を読む