現代/その他ファンタジー 短編 完結済

読書キャンペーン開催中!

嫦娥と臥龍と万年筆

作者からの一言コメント

作家と担当編集者の不思議な出会いの物語

読了目安時間:6分

総エピソード数:1話

新米編集者、吉野月英。 先輩編集者の出水が担当する作家の家に、代理で原稿を受け取りに向かうが、そこに居たのは……? その後十年以上続く作家と担当編集者の、出会いの物語。

総エピソード数:1話

作品情報

作品名 嫦娥と臥龍と万年筆
作者名 南雲遊火
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ ほのぼの 日常 現代日本 異能 Heaven's_G
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年2月6日 23時57分
最終投稿日 2021年2月6日 23時58分
完結日 2021年2月6日 23時55分
文字数 2,957文字
読了目安時間 6分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 3件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ま性戦隊シマパンダー

    それは全部、設定《ゆめ》であります

    0

    0


    2022年5月29日更新

    魔性のオーパーツ「中二病プリンター」により、ノベルワナビー(小説家志望)の作品から次々に現れるアホ…個性的な敵キャラたちが、現実世界(特に関東地方)に被害を与えていた。 警察や軍隊で相手にしきれないアホ…個性的な敵キャラに対処するために、多くの民間戦隊が立ち上がった! そんな戦隊の一つ、極秘戦隊スクリーマーズの一員ブルースクリーマー・入谷恐子は、迂闊な行動が重なり、シマパンの力で戦う戦士「シマパンダー」と勘違いされて悪目立ちしてしまう(笑) 誤解が解ける日は、果たして来るのであろうか? たぶん、ない! ま性(まぬけな性分)の戦士シマパンダーによるスーパー戦隊コメディの決定版。笑い死にを恐れぬならば、読むがいい!! 他の小説サイトでも公開しています。

    読了目安時間:1時間32分

    この作品を読む

  • レディウラ!! 〜レディアント・ロードのウラ話!!〜

    ※作者が楽しもうとしてます。

    200

    0


    2022年5月29日更新

    それはSNSがはじまりだった…… 『レディアント・ロードの世界観や設定などの説明などの解説があれば……(以下割愛)』 どこかのだれかのその言葉に作者は反応した。そして頭の中に浮かんだ。 「面白そう、やろう」、と。 『レディアント・ロード』の世界観・設定・キャラの解説、秘話を語るだけの語り場。読者が知らないこと、作者しか知らないこと、読者が知りたいことを作者がひたすら楽しみながら書き記すウラ話、ここに始まります!! ※この語り場はわりとマジでガチ目で真剣に作者が楽しみたいがためにやってます。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:50分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ギベオンの浄罪者ハラシア

    心の灯火よ。星を越え、闇を照らす光となれ

    74,900

    10


    2022年5月29日更新

    科学が迷信を否定したはずの現代日本で、人の心の闇から生まれる魔物「ウツロ」が次々と人を襲いだした。 生まれながらの魔法と超能力に恵まれた青年ラシルは、双子の妹と共に「ツインローブ」として顔と正体を伏せ、その力で魔を狩っていく。 彼らの使命は、万年の眠りから覚めた魔の首魁「大禍龍」の打倒である。 いずれのしかかる、その使命の重さも知らずに……。 王道回帰の骨太バトルアクションファンタジー。ちょっと懐かしいワクワクを。 続く限り日曜更新予定です。また、予告なく推敲が入る場合があります。 少年漫画並みに流血過多。苦手な方はご注意ください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間22分

    この作品を読む

  • 異世界の果てで愛を謳う

    空気の読めない男は『見える』ようになった

    88,300

    1,100


    2022年5月29日更新

    うた─う【謳う】:人の注意や興味を引くために長所・効果などを強調すること。 女には『言って欲しい言葉』というものがある──。 恋人にこっ酷くフラれた俺を、親友がそう言って慰めてくれた夜に、俺はトラックに突っ込まれて死んだ。 俺は空気が読めない。感情の機微が分からない。告げられてもいないのに『言って欲しい言葉』なんて気づけない。 じゃあ、気づける力でもあれば、人生変わったのか? 勝手にトラック突っ込ませて、俺の現世での余生を奪った女神は何か『チートスキルあげるから魔王を倒せ』だの言ってたが知ったことか! 俺はこの『言って欲しい言葉が分かるスキル』で百人斬りをするっ! その先に、親友の言っていたような幸せと安らぎが本当にあるのか確かめる為に── 俺は、この異世界の果てで愛を謳う。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間32分

    この作品を読む