恋愛/ラブコメ 長編 完結済

11月の四季は何?

作者からの一言コメント

真面目に書いたやつです

読了目安時間:7分

僕   :岩手県某所に暮らす中学生。各方面から嫌われている。 吉岡さん:今作のヒロイン。 妹   :「僕」の妹。 小説家になろう様にも掲載しています カクヨム様にも掲載しています

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 11月の四季は何?
作者名 夏油高原の下着泥棒・ジギタリス
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ コメディ 男主人公 学園 現代日本 ハッピーエンド
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年11月2日 9時29分
最終投稿日 2020年11月2日 9時32分
完結日 2020年11月2日 9時32分
文字数 3,647文字
読了目安時間 7分
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 鎮綏椀傳奇

    唐代シルクロードを舞台にした伝奇小説です

    800

    0


    2021年6月24日更新

    時代は唐の初め。唐と突厥の勢力が拮抗する西域で、娘たちがいなくなる事件が起こっていた。同じ頃、取るに足らない古びた椀が、信じられない高額で取引をされていた。 西域北道で活動してた義賊・女狐は手下の黒豹・雪豹の二人に命じてその謎を探らせる。 二人は、馴染みの道士・驪龍から、椀は鎮綏椀という月氏の祖先が秘儀で使っていたものであり、消えた娘たちはそれに捧げられる生贄であることを知る。 突厥に変わって草原の覇者になろうとする薛延陀。教祖摩尼を蘇らせようとする明教の司祭。様々な思惑が交錯する中、二人は生贄になろうとする娘たちを助け出し、明教の陰謀を防ぐべく動き出す。

    読了目安時間:1時間31分

    この作品を読む

  • 微笑う死神の追憶

    それは、果てのない無限の旅路

    8,700

    0


    2021年6月23日更新

    およそ20万年。途方もない年月を歩き続けた不老不死の女性、エドナがいた。 エドナは幾多の出会いと別れを繰り返していくうちに、いつしか人々から『死神』と呼ばれるようになるが、それでもエドナは微笑いつづける。彼女は、この世界の全てを愛していたからだ。 そんな彼女が旅の途中、ふとした拍子に頭の中に浮かんだ声が誰のものか、記憶を辿ってみることにした。彼女は思い出す。愛しい人が生きていたこの世界を。愛しい人が生きていくこの世界を。 家族を失った者、家族を置いていく者。 夢を叶えた者、夢に殺された者。 欲望のままに生きた者、夢のために生きた者。 何もかも失った者、何かを手に入れた者。 あらゆる『人』が、彼女の記憶の中で生きていた。

    読了目安時間:21分

    この作品を読む