現代/その他ファンタジー 長編 連載中

蜂とバッタと善意に虹を

作者からの一言コメント

歪んだ価値観に立ち向かう長編ファンタジー

読了目安時間:15時間9分

総エピソード数:192話

蜂とバッタと善意に虹をの表紙

「あたしも、そんな風に生きたかった」 この国では人々は四つの区域に分かれて暮らしていた。 魔法使いの通う学校がある『A地区』 魔法使いの家族が住む『B地区』 一般人が住んでいる『C地区』 そして、最下層とされる『D地区』 魔法使いたちの間では、長年戦争が続けられていた。 それぞれの学校が対立する。 生徒たちは兵士として育てられる。 そんな学校に、最下層に住む少年がふとしたことから通うことになってしまう。 今までは魔法など使えず普通の人間として育ってきた少年。 少年は偏見や差別と戦いながら、歪んだ価値観を変えるために奔走する。 きっかけは、『飴玉』ひとつ。 「人は、服じゃない。住んでる場所が、人じゃない。立場が、その人すべてじゃない」

前へ

1-100

次へ

前へ

1-100

作品情報

作品名 蜂とバッタと善意に虹を
作者名 ウタ
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 魔法使い アクション/バトル 男主人公 ライトノベル
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2021年9月17日 22時53分
最終投稿日 2021年10月22日 11時24分
完結日 -
文字数 454,313文字
読了目安時間 15時間9分
総エピソード数 192話
ブックマーク登録 5件
コメント 15件
スタンプ 25件
ビビッと 0件
応援ポイント 30,000pt
ノベラポイント 10pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • そんじょそこらの使わしめ

    よろしくお願いいたします

    3,000

    0


    2021年10月22日更新

    自創作の創作漫画『そんじょそこらの使わしめ』のプロットだったものになります。今は小説に近いセリフ中心の下書きと言った感じの、ゆるゆるなモノになりました。 小説のように文章や描写はきちんとされていませんが、だいたいこんな風に創作漫画が進んでいくのだなと思っていただければ幸いです。 【そんじょそこらの使わしめ】 S玉県の山奥にある辺境の田舎町・越久夜町(おくやまち)で主に仕える童子の姿をした式神、姿の通り童子式神(どうじしきがみ)と彼女(?)にちょっかいを出しにくる巫女の姿をした式神、巫女式神(みこしきがみ)。 童子式神は式神でいるうちに自らが何者だったのか記憶があやふやになっており、巫女式神と出会い、やがて分霊(神さま)であった事を思い出す。 ある日鎮められていた鬼神が目覚め、変哲もない片田舎の越久夜町では何かが変わり始めていた。 彼女たちの日常と非日常はやがて一つの結末に収束していく。 ━━━━━━━━━━━━━━━ 現在創作中。童子式神と彼らの周りにいる人ならざる者との出来事の、非日常か日常かの境目なお話しです。(だった。) 現在は本編ストーリーが定まって来て、日常要素やほのぼの感は消え失せました。 かなりゆっくりになりますが、確実に完結まで進めていきたいと思っています。 よろしくお願いします。 ※「小説家になろう」と「pixiv」に掲載しています。

    読了目安時間:2時間9分

    この作品を読む

  • 散華のカフカ

    よろしくお願いします!

    8,900

    10


    2021年10月22日更新

    「散りゆく命に価値はあるのか?その価値を私は問いたい。」 「審判」から30年。 人々は他者を慈しみ、愛し、平和を保ち、健やかに生を全うすることが最大の幸福とされていた。 しかし、都市では人が灰になって消える、灰化現象が続出。 東 劃(アズマ クアク)とその仲間達はそれを捜査すべく現場に降り立つも、その裏で起こる巨大な陰謀の渦に巻き込まれていく。 表紙絵はきじなご様から頂きました!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間3分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 拝啓スノードロップ

    それは、二千年前に届いていた手紙だった。

    355,900

    11,200


    2021年10月19日更新

    ――これは、『邪悪なドラゴン』を救う物語。 古の堕ちたドラゴン、アルマス・ヴァルコイネン。 彼と出会い、彼を知り、そして様々な形で彼を愛した人々。紡がれた記録は、アルマスにまつわる謎を暴く。 彼は恐ろしい化け物なのか、愛すべき英雄なのか。 魔法×ドラゴン×現代の幻想群像劇、ここに開幕。 ----- 魔法やドラゴンが存在する、似て非なる地球。 この世界では強い意志を持つ人間はドラゴンに成る。 「愛する人を守るため」。 類まれな愛を神は認め、強大な力を与えるのだ。 気弱な青年・アルマスも、その愛を神に認められた一人だった。彼は命がけでドラゴンに成り、襲撃者であるドラゴンから町を救った。 しかしアルマスの姉、キエロは自身の日記にこう記す。 『アルマスは人を脅かす悪のドラゴンだ』と。 結果、アルマスはいつの世も悪者として扱われた。実姉の書いた日記『スズランの手記』は何千年も御伽噺として語り継がれ、民衆はアルマスを恐れ続ける。 そんな中、彼に助けられた一人の少女が現れた。 邪悪な黒いドラゴンの追放から二千年。長い時を超えて、物語は大きく動き始める。 ※この作品は「カクヨム」「小説家になろう」にも掲載しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間57分

    この作品を読む

  • 【カクヨムコン最終選考進出】 【複数サイトで総合一位獲得】 追放された主人公フライがその能力を覚醒させ、成り上がりっていく物語 主人公フライ。 仲間たちがスキルを開花させ、パーティーがSランクまで昇華していく中、彼が与えられたスキルは「精霊王」という伝説上の生き物にしか対象にできない使用用途が限られた外れスキルだった。 フライはダンジョンの案内役や、料理、周囲の加護、荷物持ちなど、あらゆる雑用を喜んでこなしていた。 外れスキルの自分でも、仲間達の役に立てるからと。 しかしその奮闘ぶりは、恵まれたスキルを持つ仲間たちからは認められず、毎日のように不当な扱いを受ける日々。 そしてとうとうダンジョンの中でパーティーからの追放を宣告されてしまう。 「お前みたいなゴミの変わりはいくらでもいる」 最後のクエストのダンジョンの主は、今までと比較にならないほど強く、歯が立たない敵だった。 仲間たちは我先に逃亡、残ったのはフライ一人だけ。 そこでダンジョンの主は告げる、あなたのスキルを待っていた。と──。 そして不遇だったスキルがようやく開花し、最強の冒険者へとのし上がっていく。 一方、裏方で支えていたフライがいなくなったパーティーたちが没落していく物語。 イラスト 卯月凪沙様より

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:13時間23分

    この作品を読む