声の神に顔はいらない

止まる事だけはしない覚悟

「うーん」 「だめですか?」 「イヤ、だめじゃないけど、なんかこう――さ」  何やらな切れが悪い言い方だ。いやそれって納得出来てないって事じゃん。今はレコーディングの最中だ。一人一人ブースに入って、自分の歌うパートを収録してる。まずはカナンがやってその後私だ。里奈は最後。  私達は自分の時じゃないときは、隣の……なんて言うの? スタッフさん達がいるところにお邪魔してる。そこには作曲家なのか編曲家なのかしら無いけど、私達の曲のイメージを明確に持ってる人がいるからね。  自分じゃない時も、その人の指示を聞いて色々と擦り合わせをするんだ。私は人に合わせるのが得意だ。そして人に取り入るのもね。特技と言っていい。処世術でもある。私には突出した何かなんて無い。でも大抵はそんな人ばかりだ。皆が皆美人じゃないし、可愛くない。誰もが魅力的な声を元々持ってる訳じゃない。それで諦めたら、誰も何者にも成れない。実際、ナニモノにも成れない人達がこの世界には沢山いる。だから実際、それでも問題なんて無いんだろう。  けど……私はダメだ。私はこんな成りでも、承認欲求が強い。褒められたいし、チヤホヤされたい。直接アイドルや、女優になれるほどの容姿がないことは知ってる。でも可愛い言われたいから、なかなか自信があった声と、そしてそこそこハードル低くてもチヤホヤされる声優になった。それは間違いではなかったと思う。何せ結構チヤホヤされる。でも……そうなると、もっともっと……となるのが人の性って奴だ。  私は今の自分の位置に満足なんてして無い。だからこそ、上を目指さないといけない。こんなこんな所で躓いてる場合じゃない。もしかしたら、このまま静川秋華画転がっていくかも知れない。そうなったら、女性声優界、戦国時代の幕開けである。今、隔絶した容姿と、そして絶対的な人気で頂点に君臨してる静川秋華。その下となると、後はほぼ横ばいである。人気の多少の差、容姿の多少の差はあれど……静川秋華と比べると声優にしては可愛い――そういう枕詞がつくくらいである。  なら誰がそこを飛び越えて玉座に着いたっておかしくない。私は……ギリギリ届く範囲にいると思ってる。まあこのまま静川秋華が君臨し続けるかも知れないが、今回の事で絶対に敵に、ちょっとはその玉座が揺らぐだろう。私はその波に乗って、さらなる高みへと行くのだ。その為にも、この曲は大切だ。歌を出すってのも昔からの夢だったし、単純に自分の声を知ってもらえる。イベントだって出やすくなるし、呼ばれやすくなる。しかも最近は、声優のユニットの曲がそこそこオリコンに乗る。つまりテレビに出れる。  今更デレビに価値なんてあんまり無いけど、それでもその宣伝効果はやっぱり凄い。歌――は自分を宣伝するのにとても効果的な手段なのだ。だからこれに妥協なんて出来ない。めっちゃ練習してきた。なのに曖昧な部分で煮え切らないのは止めて欲しい。こう、ズバッと悪いところをいってくれば、直す努力が出来る。でも、そうじゃないから色々と注文を受けて、自分に出来る限りのことをやって歌ってるわけだけど……何やらしっくりこないらしい。そしてしまいに…… 「彼女はこの曲のイメージに合わないかも知れないな」  終いにはそんなことを言い出した。何? 私は口パクでもしとけって事? ふざけるな!! って言いたいが流石にここで切れたりは出来ない。私は、ギュッと拳を握ってこう言うよ。 「もう一回やらせてください!!」  私は諦めない。私は、止まる事だけはしないって決めてるから。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡217,700

    〇1,735

    SF・連載中・56話 新星

    2020年7月12日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

  • 現実と空想が交錯する本のミステリー。

    ♡25,100

    〇10

    ミステリー・完結済・12話 田丸哲二

    2020年7月12日更新

    中学校の図書館に寄贈された本の謎。読書倶楽部の部長、島谷美沙子はその本を手にして奇跡を感じて感動に震えた。本の主人公か親友の坂下千空とそっくりだったのてある。 千空(ちそら)はスポーツ万能のスーパー少女で、しかも可愛くて人気があった。しかし作者が千空をモデルとして描いたとしても、これ程リアルに書けるものだろうか? そして美沙子が読書倶楽部のメンバーとその謎を解き明かそうとして調べていくと、驚くべき事実にたどり着く。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る