声の神に顔はいらない

仲間と書いてライバルって読む!!

「ちょっ!? カナン!」  廊下でちょっと話す程度かと思ってたら、なんかスタジオの結構奥まった所まで連れて来られた。ここまで来たことない。なにせこのちょっと前にトイレがあるから、行くとしてもそこまで何だよね。大体いつも行く場所って固定化されてるし、探検とかそんな冒険心はない。私は現場を探検するよりも、人の心を探検してるからね。うん、なんか上手いこといったぜ。なんて、今はそんな事を言ってる場合ではない。  実際結構追いつめられてるから、変な思考進んでいくのかも……トイレの先はロッカーがいくつか並んでて、そして段ボールが積み上げられてるそんな場所だった。使ってあるんだろうか? よく分からない。まあこの先は何もないし、トイレもちょっと前にあったから、完全にここには人が来ない。そう言う場所だ。カナンは私の腕を掴んだまま、立ち止まってる。こっちに振り向こうともしない。 (まさか……焼き入れられる?)  私は過去の経験からそう思った。私は学生時代に虐められてた……とかは無かった。何せこっちがやられる前にやる方だったし。正義感を振りかざすよりも、私は周囲に併合することで自分を守ってたんだ。そういう処世術。もちろん積極的にイジメをやってたなんて意識はない。ないが……もしかしたら恨まれてるかも知れない覚悟くらいはしてる。そして女子ってグループ作るのが好きだ。  好きというかもう本能と言っていい。だからグループ同士の対立ってのがある。ちょっと行きすぎたりすると、言葉だけじゃなく手が出るなんて事も……女の子が誰もがおしとやかで物腰が柔らかいなんてのは童貞男子の妄想だ。そして私はその経験を元に、カナンが相当お怒りになってるのでは? と思った。なにせ、カナンは速攻終わらせてたしね。私がいつまで掛かってるんだって思っても不思議じゃない。 「――かえそうよ」 「え?」  ボソッといったカナンの言葉を私は聞き逃した。なにせそれだけ小さかったからだ。決して私が考え事をしてたせいじゃない。するとカナンは振り返ってサイドにまとめた髪と共に、耳につけたピアスが揺れる。 「見返そうよ! あの人を!!」 「見返すって……どういう事?」  行き成りそんなことを言われてもね。そう思ってるとカナンがズイッと顔を寄せてくる。ちょっ!? 近い。美人の部類に入るカナンの顔がこの近さは毒なんですけど。ついついひっぱたきたくなる。だってめっちゃ肌とか綺麗だし。 「芽衣だって分かってるでしょ? あの人は芽衣に悪いイメージをつけさせる気よ。そうやって、ちょっとずつ周囲を自分の意見に同調させていく気みたい。さっきあの人、なんて言ったと思う? もっと良い子がいるんだけどな~だよ!! 私達はこの三人で『トゥモローエナジー』なのに!」  そう言ってとっても悔しそうなカナン。そんなカナンを見てたら、なんか毒気が抜かれる気がした。そして「ぷっ」と吹き出す。 「ちょっと笑ってる場合じゃないわよ」 「分かってる」 「なら!」 「大丈夫だから。私は大丈夫」 「芽衣……」  不安そうなカナンの目。カナンはグループとか初めてじゃない。声優のグループなんてアニメに合わせてそのメインで組んだりしては解散してってよくある。だからカナンがこのグループにこんなにこだわる理由なんてない気がする。でも……こいつはそう言う奴なのかも。 「だって私はあんた達を踏み台に超売れっ子になるんだから! こんな所で邪魔なんてさせない。私は絶対にこのグループから卒業なんてしない。こうなったら、私の真の本気をみせてやるわよ!!」  私は浅野芽衣。その名を声優界に残す……そんな声優だ!!

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 幼女とロリコンの魔法使いによる最後の純愛

    ♡103,611

    〇260

    異世界ファンタジー・連載中・14話 囲味屋かこみ

    2020年7月12日更新

    魔法は失われ、前文明の遺産から『機械』を産み出し発達する世界『アル・セリカ』。 様々な超常現象を引き起こす『遺物』が、人の手により悪用される事件——『遺物の歪み』を追う一人の少女がいた。 彼女の名前は『エルトゥールル・ハウル』——通称エルル。喋る機械の剣を相棒に、とある遺物を探していた。 それは、己の肉体を幼女化した遺物。 期限は一年。過ぎれば、死に至る。 そして旅の途中、出会うは『世界最後の魔法使い』。 彼は亡き姉の遺言により、嫁探しをしている青年だった。 終焉の運命と向き合い、失った愛に触れ、エルルが触れる世界の真実とは——? 幼女化した主人公と、ロリコンの魔法使いが織りなす最後の純愛!開幕‼ —————— ・いただいたイラストは全て、最後にまとめて掲載しております。そちらだけの閲覧も大歓迎です。

  • R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    ♡376,150

    〇1,080

    異世界ファンタジー・完結済・225話 駿河防人

    2020年6月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっとエッチな恋愛ファンタジー。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る