頑張ってる人にご褒美をあげよう

「これをどうぞ!」  自分はあの後、野村さんにも会うことにした。このアニメの全体的な監督は酒井武雄だが、このアニメを成功させることができるどうかの鍵を握ってるのは野村さんだと思ったからだ。酒井武雄はさっきあった限り、生き生きとしてるようだった。ようやく自分の思い描くアニメを作れるって事で、生き生きしてるんだろう。本当なら、オリジナルアニメを作りたいじゃないかと思うんだけどね。なにせ酒井武雄は自己主張が強いタイプだ。そういう人って自分っ気ってやつを作品の中に出したがる。それが原作付きのアニメではオリジナル要素って事で、たいてい悪い方向に出ちゃったりするんだよな。  自分は自分の作品でも監督っ気って奴が出るのはいいと思ってる。ただのコピーを求めてるわけじゃないからだ。原作は自分にしか作れないものだが、アニメは自分だけでは作れないものだからだ。まあけど評判が悪くなる、ただの身勝手な改悪は流石に許しはしないけど。作品を全く理解せずに改変したら、それはもう元の作品ではなくなってしまう。それに作品のコアな部分を崩すとかだ。  そんな事があり得るのか……という思いもあるが、この業界ではある。なにせ今やアニメは供給過多だ。次々とアニメは作られてる。作品の出来よりもスピードを重視してるのもある。幸いにも、自分の作品はスピードよりもクオリティを取ってる方だからそれは今の所無い。おかげで評判もいい。  でも今回は今までにないくらいに時間がない。スピード勝負と言っていい。クオリティと納期のバランスをどこまでとるか……そこには多分妥協が必要になって来るだろう。こうやって自分と酒井武雄がいくら話し合ってもなかなか前に行けないとなると、制作は始められない。そうなると、作品は完成しない。それだけはだめだ。いや、はっきり言えば、原作者としては納得行かない作品が世に出るくらいなら放送なんてしなくていい――って思う。でもそうはいかない。  なにせアニメにはたくさんの人が関わっていて、放送されなければ、いろんな人に迷惑がかかるからだ。 「それにしても……忙しいそうですね」  軽く居酒屋に入った自分たち。とにかく奢る気満々でビールとか料理を頼む。なにせ野村さんは顔色がヤバい。ヤバいんだけど…… 「それはもう……ですが、楽しいですよ。なにせ、ようやくあの人が夜に出れる。監督として」 「本当に好きなんですね」 「あの人が作る、アニメが……ですけどね」  それはなに? 暗に人としては好いてないっていってる? まあなんとなくだけどわかってたけど、直接は聞きたくなかった。けど、それでもずっとこの人は酒井武雄を支えてきてた人だ。そして今もこうしてヤバい顔色してるのに、目はなんか爛々と輝いてるんだ。多分この人は今、自分で神アニメを作ってると確信してる。それを確信してて、そして楽しくて仕方ないみたいな……まるで少年みたいな目をしてる。  まあだからちゃんと食べてもらわないとヤバそうと思う。だから自分は提供される料理とかを次々と進めていくことにした。こっちの方が立場上なんだけどね。けど傲慢な仕草なんて自分には似合ってないし、たまにはこういうのも悪くない。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • "過去"を求めて荒廃世界を旅する冒険活劇

    ♡73,700

    〇550

    異世界ファンタジー・連載中・19話・64,427字 行里ゆんや

    2021年3月4日更新

    100年前の悲劇、葬送の災厄(エントゥーム)によって文明が埋葬され、途絶した世界セラスティア。 かつての文明の遺物、埋葬品(レリック)を求めるグレイブディガーの少女アマナ・フライハイトは、相棒のフェザー・バイク〈サラソージュ〉とともに、世界各地をさすらっていた。そんなある日、新たに発見された埋葬遺跡の中で、アマナたちは一人の青年と出会う。 記憶も名前も持たない彼が持っていたのは、正体不明のレリックただひとつ。 ナナシと名付けた青年の記憶と、謎のレリックの正体を求めて、運命が動き出す。 レリックという過去を通して、未来へ進むアマナ。 自身の記憶という過去を閉ざして、未来を憂うナナシ。 過去を掬い未来を救う、その果ての物語が、ここから始まる。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 週2~3回程度の更新を予定しています。 ご意見・ご感想などいただけると嬉しいです! 作者Twitter @ikuri_yunya --------------------------------------------------------------------------------------------------------------

  • 未来でから次元へ、世界も選んで愛する事。

    ♡500

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・30話・161,512字 蒼真空澄

    2021年2月26日更新

    星錬暦3858年。 現在の地球では、統一された国は『一つ』しか存在しない。 『星錬帝国』のみしかないのが現状でもある。 また全てから、勝ち残った唯一の帝国でもあった。 現在、それを全て纏めるのは『帝王』の『龍星』18歳。 また、『総帥』である『妖華』18歳。 二人は『二卵性の双子』であり『この世界』全ての権力者でもある。 龍星は随分前から、妖華をだった。 妹でもあるが、もう親愛と異なる事。 『愛してる事』にだった… けれど、もうお互い18歳にもなるにも関わらず… 妖華は『恋』すらしない。 更に妖華の場合、『能力』が強過ぎるのも大きく出た事もあった。 他の『異性への愛情』は全く興味すら出さないまま… 妖華が唯一、出すのは双子の龍星に対する『肉親への親愛のみ』だけ。 確かに『愛情』ではあるが『異性への愛』を知る気配すらない妖華。 そんな中で初めて妖華は出会った。 『別次元』に居た、自分より強い相手を… 初めて知った『感情』もだった。 判らない中で、別次元の世界に居た者にと、興味を初めて出す。 けれど龍星も気付いた。 そして一切、妖華を離す気もない。 でも龍星は、その相手が誰でも同じ『理由』すらある… それを妖華にと気付かせるべきでもない。 それだけは許せない。 けれど知らない妖華も初めてだった。 その相手が言う事で知る『感情』に戸惑いながらも… 何が正しいのが、何かも全てが判らず、知ろうとする。 妖華は殆どの感情が『欠落』している事でもあった。 それも気付いていない中で知り変わっていくが… 徐々にと妖華の『感情』が出始める事に、すぐに龍星も動き出した。 その妖華の出す答え… 『世界』すらも選ぶ選択を決める事になった。 それは時間や次元、世界すら変わる選択にと。 新たに、また様々な事を知っていく中でだった。 初めて知る愛も、世界も、全て知らないからこそ出す『感情』を。 妖華の『心』が知っていく事で変わる。 そんな妖華が選び出した答え。 『愛する者が居ても、笑えないなら、意味がない。』 『この世界すらも愛そう。』 未来型恋愛ファンタジーを。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る