わかって無いようで、わかってる奴だった

「うお……」  前に来たときと明らかに雰囲気が違う。それを入った瞬間、如実に感じた。だってこの前来た時は、このスタジオはほぼ死んでたといっていい。活気なんてなく、スタッフも……そもそもが使ってる机が少なそうではあった。でも今や……いやスタッフ的にはそんなに多いとはいえないが、慌ただしく動いてる。てか多分、人手が足りてない。多分今必死に人を集めてると思うが……なにせアニメの制作ってやつは、たくさんの人の力が必要だ。  確かに自分は原作者で、発言力とかはとても高い。だが、だからって自分がアニメを作れるわけはない。絵さえ掛けないし。でも絵描く人たちでもアニメにはならなくて、本当にアニメにはとてもたくさんの人達の力が合わさってアニメというものは作られてる。だからこのスタジオだけで完結するわけはないんだけど……それにしても大丈夫? って気はする。一応自分の作品だしな。気になる物は気になる。一応此花さんがスーパーバイザー的に野村さんとみつに連絡を取り合ってるらしいから大丈夫だとは思う。  この状況を彼女が許すわけはない。それに彼女の厳しい審査をクリアしたんだから、この状況は今だけ……いや、どうなんだろう? 流石にスタジオにまで足を運ぶって今回が初めてだからそこら辺は実は自分もよくわかってない。だって原作者が呼ばれるのは話の大元の流れを決めたりして、後は設定を詰めて……そして後は物見遊山のアフレコ現場を冷やかしたり……くらいしかない。  それに今までは作品を任せるところは基本大手だったし、それにその大手も自分の作品を作る時は、とても気合を入れて予算だって多分多く投入してたと思う。でも流石にこのスタジオに大手ほどの予算を期待するのは無理がある。一応実は自分自身も個人で出資はしてる。自分の作品を出してる出版社も大口のスポンサーに成ってくれてるが、流石に今回は多くは製作委員会って奴は集まらないと思うし、それを待ってる時間もなかった。だからポケットマネーからね。  一人暮らしで豪遊もしてなかったら、お金なんてたまる一方だったからある意味良い使い道だろうとは思ってる。 「おう、先生。何かようか?」 「何か様か? じゃないですよ。そっちがリモートじゃ真面目にしないからでしょう」 「真面目? ははっ、お偉い先生は真面目って事がわかってないらしい」 「どういう事ですか?」 「ようは、俺はすっげえ真面目なやつってことですよ」  そう言って酒井武雄は絵コンテも出してきた。どうやらさっきまで描いてたらしい。自分が来たっていう事で、対応できそうな人が誰も居ないから監督、兼社長である彼が出てきたんだろう。とりあえず、その紙を受け取って内容を見てみる。するとすぐにそれに目が釘付けになった。  そして次々と次の紙へと流れていく。そして最後の紙を読み終り、もう一度最初から見た。計三回は見直した。そして……酒井武雄を見る。 「どうでした?」 「悔しいけど……良かった。ちゃんと自分が望んだ物に……いやもっとよく成ってると思う」 「それは良かった」 「けど……どうして?」 「どうしてって、そんなのちゃんと先生の言うことはここに入ってるんで。ないがしろになんてしませんよ。ちゃと先生の事は尊敬してますし、それにこれはどこまで行っても先生の作品だ。だからちゃんと胸に刻んでるんですよ。それでも俺は個性ってやつをだしますけどね。そうじゃないと、俺が作る意味がねえ!」  そう行ってしてやったりって顔をする酒井武雄。この人は……なら普段からもっと真面目な感じでお願いしたい。こっちだって色々とやり方変えて不安なんだからな。 「ならもうちょっとリモートでも真面目に……」 「俺にはあれで問題ないんですよ。わかったでしょ?」 「まあそうだけど……」 「もっと俺達を信頼してくれてもいいんじゃないですか?」  お前がいうか……てかそのやり方だから、潰れ掛けてるんだろうが。でもきっとこの人はこのやり方を変えられない人なんだろう。確かに才能はある。でも自分の中の才能だけでもアニメって作れない。一人の天才で良いものになるわけじゃないってもアニメの難しいところだ。  そこは酒井武雄の後ろにいる野村さんとかに掛かってるのかも。あの人にも個人的に差し入れとかしたほうがいいいかもしれない。そんな事を考えつつ、いい機会だから、さらに色々と酒井武雄と話し合った。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 中華風異世界ファンタジーです

    ♡62,900

    〇1,600

    異世界ファンタジー・連載中・30話・147,641字 忠行

    2021年1月9日更新

    文学賞の賞金を獲得して満漢全席を食べるぞ! ダメだ! 落選した! しょうがない、よく行く中華屋で満漢全席モドキでも食べるか……。 やけ食い気味に食べに食べ、豚足の食べ過ぎで死亡したひとりの青年は見かねた仙人の手で憧れの中華世界に転生した。 仙人の粋なはからいによるものか、可憐な乙女の姿となって――。

  • 平穏を望んでも、彼の性格でそれは難しい。

    ♡3,000

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・10話・50,016字 しょぼん(´・ω・`)

    2021年1月21日更新

    第二巻完結まで毎日二話更新予定。 ※カクヨム版が先行更新となります。(2021年1月より第三巻開始予定) ※設定資料やよもやま。外伝は今の所カクヨムオンリーとなっています。 ※カクヨム版はこちら。 https://kakuyomu.jp/users/shobon_nikoniko/works ────── 燃え盛る炎の公園に現れたドラゴンと対峙する佳穂、エルフィ、御影、霧華の四人は、危うく命を失いそうになった所を、同級生、速水雅騎に助けられた。 しかし、直後突如意識を失い倒れた三人は、その助けられた記憶を失っていた。 生きていることを感謝し、しかしどうやって生き残ったのか分からぬままの彼女達。 そんな中、佳穂の「助けてくれた人にお礼を言いたい」という優しい想いが、佳穂とエルフィに決意を促し、消えた記憶へと導いていく。 ────── 高校生、速水雅騎とそれを取り巻く三人の少女、佳穂、霧華、御影。そして佳穂と共に生きる天使エルフィが織りなす、バトルあり、ラブコメありの現代ファンタジー。 第一巻から第三巻までは、主人公雅騎と、関係する三人のヒロインを巡る物語となります。 第一巻は話のはじまりである彼らの出会い。 そして佳穂とエルフィを中心とした天使と、天使と歩む人間の物語。 第二巻は雅騎の幼馴染である御影の背負う定めに立ち向かう物語です。 最近の流行りではありませんが、懐かしい王道感をお楽しみいただけると幸いです。 ※こんな作品傾向が好きな方にオススメ ・コテコテの懐かしい王道感好きな方 ・俺強いっぽいとかハーレムっぽいとか気にしない方 ・割と一話長めでも耐えられる方 ・稚拙な文章に寛大な方

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 頭の体操的ショートショート

    ♡2,900

    〇0

    童話/絵本/その他・連載中・5話・3,112字 ひさよし はじめ

    2021年1月22日更新

    日常に溢れるちょっとしたことから始まる私の脳内ストーリー。 一話完結にてお送りします。 何のことについて書いているのか、読みながら考えてみて下さい。 答えは最後に書いてあります。 こんなことばっかり考えてる大人になっちゃダメだぜ?

  • 名言っぽいものを思いついたら集めます

    ♡223,600

    〇55

    童話/絵本/その他・連載中・426話・17,612字 JEDI_tkms1984

    2021年1月22日更新

    名言、格言、金言、箴言、金句……。 「なるほど、深い!」と思わせるフレーズは数あれども、動もすれば私たちはそれら言葉の重みや意味よりも、”誰がそれを言ったか”に目を向けがちではないでしょうか?。 誰が言ったか? ではなく、何を言ったか? それこそが重要なのではないでしょうか? そこで朝起きてから夜寝るまでの間、なんとなく頭に浮かんだ名言っぽいものをここに掻き集めることにしました。 もしかしたらこういうのが何十年、何百年先にも残り語り継がれるかもしれません。 偉人でも有名人でもない、ひとりの無名がそれっぽいことをただ言うだけ。 読者諸氏の生き方のヒントになったり、考え方を変えるキッカケになったりと、何かしら影響を与えるものになればと思います。 (できるだけポジティブな内容になるよう努めますが厭世的、虚無的なものもたまにあります。また常体、敬体の統一はしていません)