恋愛/ラブコメ 長編 連載中

紅〜いつもの街灯の下で

作者からの一言コメント

敵だと思っていた

敵だと思っていた。恋愛感情を抱くはずはなかった。 そう……あの日、ペットショップで屈託なく微笑む彼女を見るまでは。 ※中編として完結した本作ですが、スピンオフを含めた長編を目指して連載することにしました。更新は亀の歩みになりそうですが、気長にお付き合い下されば嬉しいです! ※表紙イラストは、Y様が描いて下さった、本作に登場する『江崎 紅』です。14・29ページ目には『藤岡 結奈』のイラストも! 素敵なイラストを、ありがとうございます(^^)

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 紅〜いつもの街灯の下で
作者名 いっき
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ ほのぼの 現代日本 学園 スクールカースト 純愛 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年1月11日 10時59分
最終投稿日 2020年9月22日 14時57分
文字数 121,540文字
ブックマーク登録 9件
コメント/スタンプ 75件
応援ポイント 81,000pt
ノベラポイント 20pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 切ない感動作のラブストーリーです。

    ♡49,200

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・49話・164,675字 潮ノ海月

    2020年9月28日更新

    喫茶店のバイトが終わって駅へ向かって歩いていくと、電柱の陰に倒れ込んでいる茶髪の美女子が見える。店のシャッターにもたれかかり、息をゼイゼイと言わせている。スマホを取り出して急いで救急車を呼ぶ。第一発見者して、救急車へ同乗するように救急隊員に言われて、救急車へ乗り込む。これが僕(柏木圭太)と広瀬柚の出会いだった。広瀬柚はストレス性慢性喘息で巽総合医療病院へ搬送される。同じ八神進学予備校の生徒だった。こんなきれいで可愛い子が同じ予備校に! 退院してきた広瀬柚からお礼を言われ、柚の友達の司馬駿介と八幡夏希と友達になる。恥ずかしがり屋の広瀬柚のことが気になる僕。柚は警戒心が強く、なかなか仲良くしてくれない。そんな彼女が気になってしかたがない。そんな柚がやっと彼女になってくれた。僕の体には柚に隠している難病がある。そのことが柚にバレてしまう。2人で支え合いながら大学を目指す、切ない予備校ラブストーリー。 (純愛・一途・イチャラブ・アマアマ・ほのぼのな物語。読み終わって少し感動していただけたら嬉しいです。)

  • BL人外×人。執着と嫉妬の両片思い物語

    ♡55,230

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・177話・157,584字 結城星乃

    2020年9月28日更新

    物心ついた時から、ずっと側にいてくれた彼を、慕っていた。だが想いは、伝える前に霧散する。 彼は、ひとりの女性に心を寄せていた。 自分を見る、彼の態度が変わってしまうなら。 捨ててしまおう。 想う心など、いらない。 ※毎日、朝8時30分更新予定。 ※両片想いの、かなりこじれたすれ違いものです。 ※少年へのこじらせた想いを持つ竜×素直になれない少年の物語です。 ※こちらの作品は自作『双竜は藤瑠璃の夢を見るか』に出てくるキャラクター、竜紅人と香彩の『もしも』を描いたパラレルワールド的な物語です。 ※ムーンライトノベルズ、エブリスタ、アルファポリス、Fujossyに連載している作品の、いわゆる『ソフト表現』バージョンです。 ※性描写のある回は★印がついています。