完結済 短編

きみに幸あれ

作者からの一言コメント

空から降ってきた女子は、鳥の化身だった

僕はある夜、不思議な女子と出会った。 彼女は渡り鳥で、怪我のせいで群れから脱落してしまったという。 回復と越冬のため、家に連れて帰って世話をすることにした。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 きみに幸あれ
作者名 悠里
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ ほのぼの 男主人公 高校生 学園 渡り鳥 化身
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年3月7日 21時23分
最終投稿日 2020年3月8日 10時53分
文字数 11,760文字
ブックマーク登録 4件
コメント/スタンプ 4件
応援ポイント 1,800pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 少し暗めです。

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・5話 カラスヤマ

    2020年6月7日更新

    元殺し屋の男は、恋人の為に殺し屋を廃業した。 しかし、幸せな生活は長くは続かない。ある日、異世界から来た謎の男に恋人を拐われてしまう。 恋人の他に異世界から逃げた女性達十人を全員連れ戻すことが出来たなら、恋人を返してもらう約束をした。男は、彼女達と偽りの恋人関係を続けながら、謎の男への復讐を誓う。

  • 人間×モンスターの合成人が紡ぐ物語

    ♡1,400

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・14話 湯田一凪

    2020年6月7日更新

    ムーンライト事件ーー 光るはずのない月が光り、多くの人間が死んだ。 その事件で生き残った人間は“事情聴取”という名目で、警察ではなく政府によって連れて行かれた。 結果、誰一人として戻ってこなかった。 主人公もその被害者の1人である。 彼は謎に包まれた異世界のモンスターを合成され、“合成人”…ヒューモンとして記憶を失い、生きていた。 だが、ある女社長と科学者がそんな日々から救ってくれた。 混乱の中、政府の施設から逃げ出したヒューモンがヒーロー、支配者、犯罪者、革命家、あるいは一般人といった様々な生き方をする中、彼はただ彼女のために従うと、戦うと、生きると決めた。 そんな青年が、表社会と裏社会を生きる話。 果たして世界は誰の為に動くのか。 ※この作品はフィクションです。実在の人物、団体、事件などとは一切関係ありません。