異世界ファンタジー 長編 完結済

異界転生千本桜

作者からの一言コメント

推し歴史人物を異世界転生させてみたくて…

歴史に偉大な足跡を残した者は、転生に時間がかかる。……その魂は良くも悪くも「並」からは外れているのだから。 王子の亡命を手伝っていた船乗りズィルバーは、あるきっかけで自身の「前世」を思い出す。 「見るべきものは全て見た」そう言い残して散った豪傑は、異世界にて新たな希望を見い出した。 それは、亡命中の王子アントーニョを守り抜き、立派に成長させること…… 平安武士から異世界に転生した男と男装した姫君の冒険譚、いざ開幕!! ※タイトルは「いかいてんしょうせんぼんざくら」と読みます。平家物語、および義経千本桜のオマージュです。 ※なろうやアルファポリス、カクヨムにも投稿しております。 ※キャラクターの背景を鑑みて現代の価値観では問題がある表現を使用している場合もありますが、差別を助長、肯定する意図は一切ございません。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 異界転生千本桜
作者名 淡月悠生
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ シリアス アクション/バトル 男主人公 西洋風 転生/転移 和風 武士 中編 狂戦士 前世の因縁
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年5月30日 8時08分
最終投稿日 2020年9月22日 16時18分
完結日 2020年9月22日 16時18分
文字数 41,491文字
ブックマーク登録 11件
コメント 0件
スタンプ 13件
ビビッと 0件
応援ポイント 5,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ロンゲぇ! ギザ歯ァ! 高身長ォ!

    ♡115,100

    〇280

    異世界ファンタジー・連載中・142話・481,696字 爆散芋

    2021年1月17日更新

    僕神。横領? 気のせい。 要望あるぅ? 「フサフサ! 高身長!」 おk要望は叶える。僕の趣味混ぜるけど() え、ちょ、ま 神様「やっべ、ポップ場所上ズレしてんじゃん、え〜と、対流、成層……中間……熱圏? ハハッ、高ーい」 お約束の勇者? 魔王? 居るには居るが世界情勢関係ないねの適当食う寝る遊ぶ至上主義。 山あり谷ありの手に汗を握る? NO。 山割り谷埋めの手の石砕くのゴリ押し脳筋ファンタジー。 現在大体週一~ランダムペース更新ちう。

  • 辺境のギルド支部で、のんびり下っ端生活。

    ♡200

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・33話・113,892字 ツキヒ

    2021年1月17日更新

    商業ギルド支部の警備員ブレイズは、ある雷雨の夜、魔境の森で記憶喪失の少女を保護する。 後日、相棒ラディと共に森へ調査に赴いた彼が目にしたのは、浮き足立った森の獣たちと、自分たちが拾われた小屋の不可解な変化だった。 人の世界にも変化が訪れる。 戻らない支部長、お忍びの貴族令息、ギルドと領主の対立。 末端の弱小ギルド支部に、舞い込んでくるのは厄介事ばかり。 魔境の隣で生きる人々と、訳アリな客人たちのお話。 ※うっすら異世界転移の要素があります。 ※この作品は他サイトにも重複投稿しています。