連載中 連載

諜者の里の試練  ――〈Ancient Evoker Saga Ⅰ〉――

作者からの一言コメント

少し古風なファンタジーを目指してみました

 隠密任務を得意とする種族スメクラン。  優しく素直な心をもつ主人公カイは、任務のためであれば味方の犠牲もいとわない里の常識との狭間で悩みつつも己の生き方を模索していた。  カイは長の娘ガラとの関りや様々な試練を乗り越えることで力をつけいくが、やがて自らの秘められた力にも目覚めていく。  その力は果たして何をもたらすのか。  その力をもつ自分は何者なのか。  その力で自分は何をなすべきなのか。    長編ファンタジーの第一部です。    エブリスタ、セルバンテスにも掲載中です。

前へ

次へ

前へ

次へ

この作品をシェア

Twitterでシェア Facebookでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
作品情報
作品名
諜者の里の試練  ――〈Ancient Evoker Saga Ⅰ〉――
作者名
岩永和駿
セルフレイティング
暴力描写あり
初掲載日
2019年6月9日 13時19分
最終投稿日
2019年8月5日 12時26分
文字数
174,923文字
ブックマーク登録
8件
コメント/スタンプ
60件
応援ポイント
6,930pt
ノベラポイント
0pt