諜者の里の試練  ――〈Ancient Evoker Saga〉――

作者からの一言コメント

少し古風なファンタジーを目指してみました

 主人公の少年カイは、器用で隠密の才に長けた種族スメクランの里に暮らしていた。  しかし、厳しい里の常識と自分の善良で素直な考え方の間で揺れ動き、いつも肝心なところで実力を発揮できないでいた。  やがて族長の娘ガラと関わりや、様々な経験を経て次第に成長を遂げていくカイ。  そして、秘められた大いなる力に目覚めていくことになる。    長編ファンタジーの第一部です。  

前へ

次へ

前へ

次へ

この作品をシェア

Twitterでシェア Facebookでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
作品情報
作品名
諜者の里の試練  ――〈Ancient Evoker Saga〉――
作者名
岩永和駿
セルフレイティング
なし
初掲載日
2019年6月9日 13時19分
最終投稿日
2019年6月17日 12時24分
文字数
31,852文字
ブックマーク登録
1件
コメント/スタンプ
5件
応援ポイント
680pt