エッセイ/評論/コラム 短編 完結済

クリスマスシーズンのミラノで見知らぬおじさんの車に乗った話

作者からの一言コメント

地球の裏側で路頭に迷った

全部実話です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 クリスマスシーズンのミラノで見知らぬおじさんの車に乗った話
作者名 水田柚
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ クリスマス 実話 ヨーロッパ 珍道中 ミラノ イタリア
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年11月18日 12時05分
最終投稿日 2019年11月18日 12時06分
文字数 2,226文字
ブックマーク登録 0件
コメント/スタンプ 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 有名どころからニッチな話まで紹介します。

    ♡147,880

    〇170

    エッセイ/評論/コラム・連載中・75話・164,711字 ちょろけ

    2020年9月23日更新

    *「七羽の烏」「小ウサギのお嫁さん」の挿絵を追加しました。「七羽の烏」の挿絵は非常にらしさが出ているのでお勧めです。 *「ホレおばあさん」の解説を加筆しました。糸紡ぎは辛い。 グリム童話。 『白雪姫』『シンデレラ』など、小さい頃に絵本で読んだ方も、シーやランドなどの某アミューズメントパークが好きな方も大勢いらっしゃるでしょう。 また、「本当は恐ろしい」「グロい」物語があるとご存じの方もおられると思います。 グリム童話は、ドイツ人のグリム兄弟が、ドイツ各地で色んな人から少しずつ集めた物語を、これまた少しずつ直したりして世に出した童話集です。 ここでは、類型や違うお国の似ているお話、民俗学などもちょこちょこ踏まえながら、グリム童話の物語を解説していきます。 意外とエグかったり、素朴だったりする物語は、代表的なものは勿論のこと、マイナーなお話も興味深いものです。 サイコパスな王様や、魔法も使えないのにやたら恐ろしい継母、喋る動物や冒険する旅人など、民話や童話は現代のファンタジーに通じるような、どきどきわくわくする面白さに満ちています。 どうぞ、気になった題名からお読みください。 淡々としていますが一応残酷描写、暴力描写がありますので、ご注意をば。 お話の内容に何か質問などございましたら、コメント欄でできる限りお答えしますので、どうぞお気軽にお問い掛けくださいませ! 尚、物語の引用は、偕成社文庫1980年初版『完全版グリム童話集』からお取りします。 挿絵は著作権フリーの1845~1900年の英国童話の画像を使用しております。

  • チャットノベルふう映画紹介

    ♡800

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・連載中・26話・51,182字 因幡雄介

    2020年9月23日更新

    メインパーソナリティである門平善照と美雪雪音が映画を【ゆる~く語る】エッセイです。 コメディふうのチャットノベル形式でやってますので、くわしい情報を知りたい方は【小説制作所ブログ】で予告動画、記事を紹介しております。 * ネタバレはしていません。 * ブログの記事をそのまま引用しています。(ポスター画像、予告動画あり) * ツイッターでは映画の予告動画を流しています。 * 同キャラクターが登場する『誰も映画を観てくれないので、殺人鬼を幼女化してノベライズする』連載中。 ブログはこちら(https://inaba20151011.hatenablog.com/)