現代/その他ファンタジー 短編 完結済

純白天使の鎮魂歌<レクイエム>

作者からの一言コメント

ここは、迷える魂が行き着く先。

ここは天国と呼ばれる場所。迷える魂が行き着く場所。迷子の少年はそこで「天使」と名乗る少女と出会い――――(全4話)

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 純白天使の鎮魂歌<レクイエム>
作者名 藤原 アオイ
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ ほのぼの 日常 天使 しんみり 理想郷 青春
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年7月29日 12時12分
最終投稿日 2020年8月1日 12時12分
完結日 2020年8月1日 12時12分
文字数 5,626文字
ブックマーク登録 15件
コメント 4件
スタンプ 49件
ビビッと 0件
応援ポイント 17,050pt
ノベラポイント 25pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ーー全ては、過去の贖罪のために。

    ♡7,500

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・12話・31,706字 伊南

    2021年1月19日更新

    アカデミーの生徒であるレヴィスは卒業試験をクリアするため、別クラスのフロートとペアを組んで旅を始める。 彼女と旅を進めるうち、彼は他者との繋がりを感じ、少しずつ自らの考えを変えていくーー。 *以前某小説投稿サイトに載せていた作品になります *ちまちま加筆修正は行いますが、基本的な大筋は同じとなります *毎日11:00更新 *基本全年齢向けを意識しておりますが、途中で若干性的表現をにおわせる描写があるため、念のためR15のタグ付けをつけております

  • 世界がどうであれ、三人はずっと、仲が良い

    ♡421,200

    〇2,430

    異世界ファンタジー・連載中・234話・396,413字 らっく

    2021年1月18日更新

    小さい頃から傭兵として生きてきた少女エリッカ。 筋力や反射神経が魔族並みになっている代わりに、人間らしさを失いつつある魔心病のフィルヴァニーナ。 魔心病を広めたとして魔女と呼ばれ、追われる身となり、旅をしながら隠れるように生きるイッリ。 魔族、機械、銃。そして人間が築き上げた社会。彼女達は、激動する世界に巻き込まれながらも、次第に世界へ影響力を持つようになっていきます。 彼女達は、悲しい過去を持ちつつも強く生きます。尊く、強く、そして可愛い三人の少女のハイファンタジー小説です。 お互いの過去が過去だけに、複雑な思いをお互いに抱きつつも、世界に関係なく、きっと彼女達はずっと友達であり、大切な人なのであろう。そんな物語でもあります。 プロローグは漫画。 彼女達の旅と成長、世界に関わっていく様子をぜひ見守ってやってください。 挿絵イラストレーター高架:https://www.pixiv.net/users/2031328

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 魔界の果てからこんばんは。

    ♡16,200

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・44話・38,563字 おねこ。

    2021年1月19日更新

    「なんだかんだと聞かれたら? 答えてあげるが世の情け、世界の破滅をふせぐため世界の平和を守るため愛と真実の悪を貫く 魔界の果てからこんばんは。 私、魔界ブリタニ王国営業部平社員のブリ男と申します」 そう言って早良(さわら)の前に現れたのは魔界のサラリーマンのブリ男だった。 ブリ男は、多くは語らない。 早良は、ほかの子よりほんの少し正義感の強い女の子。 世界を滅亡させようと現れたハタハタに友人が襲われたとき…… ブリ男の力により早良は、ブリキュア・サーラの力に目覚めるのであった。

    タグ:

    魔法少女

  • 人類の存亡を賭けた、天敵との戦い

    ♡2,200

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・32話・125,873字 卯月霧葉

    2020年12月19日更新

    鉄が特殊な素材として栄える世界で、人々は200年前に現れた天敵、魔物との戦いが絶えず続いていた。 陽出生まれの繋一は、魔物達によって自由な活動が出来ない事、更に現状に対して何も出来ない自分に苛立っていた。そんなある日、路地裏で1人の少女が男達に囲まれているのを発見する。 日々の鬱憤を晴らすように男達を倒して少女を助け出すと、彼女は丁度、自分の故郷である陽出の人間を探していたという。 彼女に連れられて着いた場所で、繋一は昔話に隠された精霊を、魔物を倒すための力として解き放つという計画を聞かされる。 その計画の壮大さ、そして魔物を倒し世界を取り戻す足掛かりとして、自分が力になれる。そんな興奮を胸に、繋一は誘われるままに計画に参加を表明。しかし、まずは危険な任務に参加できる実力があるのかを、試される事となった。 敵対者、陰謀、隠された真実。この時はまだ何も知らぬ繋一の、長い旅路の始まりとなる作戦が、開始される。