文芸/純文学 短編 完結済

優しい嘘

作者からの一言コメント

優しくも残酷な真実

読了目安時間:1分

総エピソード数:1話

幼い頃の思い出。それは忘れられない宝物。 時がたち、自分も立場が変わり同じことをし、うれしさを感じる。 だが、その真実は時に残酷。 真実は、時に墓まで持っていく必要もある……。

総エピソード数:1話

作品情報

作品名 優しい嘘
作者名 水無月上総
ジャンル 文芸/純文学
タグ SSコン「嘘」 ニンジン やさしさ 墓まで持っていく 嘘も方便
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年9月25日 20時02分
最終投稿日 2022年9月25日 20時03分
完結日 2022年9月25日 20時01分
文字数 639文字
読了目安時間 1分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 0件
コメント 1件
スタンプ 6件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,800pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • アルソウムの双剣 The Swords of Arthoum

    大人向けの大長編異世界ファンタジーです。

    223,024

    187


    2022年11月29日更新

    【道しるべの歌】 イェビ=ジェミは将来を嘱望された優秀な歩兵だった。しかし中隊長として参加した会戦で親友が戦死したことをきっかけに軍を辞め、親友の最後の給料を遺族へと届ける旅に出た。旅の途中で出会った山賊の娘ブレイとともに連合王国の西の果てへと向かうイェビ=ジェミは、いつしかブレイに惹かれていくが…… 【ナナカマドの娘】 アレバ山の戦いを経て結ばれたブレイとイェビ=ジェミ。二人は首都ゼルワの下町で暮らし始める。傭兵として引っ張りだこの夫と自分を較べてつい不安になるブレイ。しかし居酒屋「銀陽亭」に集まる人々の応援もあり、ブレイは自分の居場所を見つけだす。 【星群】 長編エピソードの間に挿入される短編・中編群 【湖賊】 イェビ=ジェミがグアダムル騎士となって五年後。連合王国の南部に広がる巨大な湖で湖賊と呼ばれる盗賊の活動が活発化した。対策を話し合う国際会議が開催され、全権大使ウィルナはイェビ=ジェミとともにエマオ王国に赴く。その一行の中には傭兵見習いとなったファイスの姿もあった。ウアラプエの港で出会った不思議な少女イニシュアの示唆で更に南に向かったイェビ=ジェミとファイスは、ついに湖賊事件の真相を探り当てるが……

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:19時間54分

    この作品を読む

  • Parfumésie

    最終的に百合にするか悩んでます。

    2,000

    100


    2022年11月29日更新

    フランス、パリの12区。 ヴァンセンヌの森にて、ひとり佇む少女は考える。 憧れの調香師、ギャスパー・タルマに憧れてパリまでやってきたが、思ってもいない形で彼と接点を持つことになったこと。 そして、特技のヴァイオリンを生かした新たなる香りの創造。 今、音と香りの物語、その幕が上がる。

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 王子との婚約を破棄され追放された転生聖女は庶民に“酔いどれ”と笑われている

    酒と剣は強いが人情には脆い聖女の物語

    6,000

    35


    2022年11月29日更新

    王子から婚約破棄をされて城を追放された聖女・・・間々ある話。 追放先で割りと楽しく暮らしている聖女・・・間々ある話。 酒を楽しみ、夜風に身を晒しながらふらふらと歩く聖女・・・んん? 後釜となった聖女に王子の危機を知らされ、その涙に絆される男気溢れる聖女・・・あれ? そこへ現れる怪しげな僧兵達を聖女の剣が迎え撃つ! 彼女こそは無類の大酒好きにして直心影流・免許皆伝の剣豪を前世に持つ転生者であった。 謎の僧兵、暗殺者集団、半グレとなった逃散百姓、異世界より転生して異形と化した武芸者や兵法家達。 悪党共! 酔いどれゲルダの秘剣を受けるが良い! 剣客聖女による異色の物語、ここに始まり、始まり。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間10分

    この作品を読む

  • 幸せな高校生活を送ろうと、日夜ゾンビと戦う過酷な世界で生きようと、今日も俺は夢を見る

    割としっかりしていて今でも気にいってます

    62,500

    1,400


    2022年11月26日更新

    人間の三大欲求とされる睡眠という名の欲求。 俺はこの睡眠において、少しおかしな特性を持っている。 夜の9時には抗うことすら許されない程の強烈な眠気によって夢の世界に入り込み、例えどんなに眠かろうと、必ず朝の6時に起きてしまう。 その合間に起きることは無く、例え、どんないたずらをされようと、俺が目を覚ますのは決まって6時だった。 そして、決まっていつも同じような夢を見る。 夢で見る世界はいつも決まって同じ舞台だった。俺の知っている都市は壊滅的な状況に陥っており、外に出れば荒廃した世界がただ広がるだけの世界。そこに笑いあい、怒りあう人間の姿は無く、居るのはゾンビと称された元人間だけであった。 そんな世界で、俺は頼れる仲間と共にその荒廃した都市に蔓延るゾンビ達と日夜戦っていた。 不思議な不思議な夢で、その世界の俺はその世界を夢だと認識することは無く、同じように夢で見る平和な高校生活をまるで懐かしい思い出でも見ているかのように現実とは思ってもいなかった。 俺は約一年間に渡って、この奇怪な現象に悩まされてきた。 そして、もう二度とこの変な症状は治らないんだなと諦めかけていた時、俺の前に一人の少女が現れた。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間37分

    この作品を読む