異世界ファンタジー 長編 連載中

楽園ギルド! ~冒険者ギルド誕生物語~

作者からの一言コメント

冒険者ギルドって何をする組織なの?

読了目安時間:5時間58分

総エピソード数:80話

楽園ギルド! ~冒険者ギルド誕生物語~の表紙

人類はまだ、世界の20%ほどしか網羅していない。 各国の王は、自国民の暮らしを豊かにするため未知の領域を開拓し、領土を拡大しようとしていたのだが、どの国も他国を出し抜こうと独自に開拓者を派遣しており、足並みが揃わないでいた。 未知の領域には、恐ろしい魔物や踏破困難な地形が無数に存在するのに、である。 そんな状況で、開拓者達を相互支援する組合ーー冒険者ギルドーーを立ち上げた女性が、個性的な冒険者達に振り回されながらギルドを運営していく物語。 目指すは、世界一の巨大組織!

前へ

1-80

次へ

前へ

1-80

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 楽園ギルド! ~冒険者ギルド誕生物語~
作者名 寿甘(すあま)
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 女主人公 西洋風 冒険者ギルド ギルドマスター 組織運営 コメディ 世界は殺伐 HJ大賞2021後期 ノベプラオンリー
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年3月1日 23時03分
最終投稿日 2021年12月4日 23時23分
完結日 -
文字数 178,930文字
読了目安時間 5時間58分
総エピソード数 80話
ブックマーク登録 109件
コメント 369件
スタンプ 751件
ビビッと 225件
応援ポイント 417,300pt
ノベラポイント 21,709pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 風の国のお伽話(第二部)

    魔法の無い世界で真面目っ子の奮闘は続く

    24,010

    2,260


    2021年12月4日更新

    本作品は「風の国のお伽話」の続編であり、同作および「風の国のお伽話(幕間)」をお読み下さった方々に向けて書かれたものです。 むかしむかし、あるところにあったヴィンティア王国という名の風の国の、山村での戦いのその後の物語。 小さな子爵領の臨時領主を国王から命じられた王族ユーキと、ユーキに戦いの才能を見出され生まれ育った愛する村を出て仕えることになった村人ケン。 前領主の遊蕩とその悪徳代官の放埓のために乱れた領をを立て直すため、周囲の者達や黒く深き魔の森に棲まう妖魔にも支えられながら、懸命に努力する二人。 やがてケンはユーキに命じられ、王都で近衛軍の訓練を受けてさらにその才能を磨く。 しかし王都には胡乱な貴族達もおり、国の権力の座を奪い取ろうと怪しげな企みを始め、ついには王家の人の動きに乗じて大事件を引き起こす。 魔法は無い。ジョブもスキルもアビリティも無い。そんな世界にもヒーローが必要になる時はある。 力を合わせて国の危難に立ち向かう二人と、二人を支える周囲の人々を描いていきます。 魔法っぽいものは妖魔にしか使えません。人間の戦いは剣や弓矢などの武器だけで行われる世界です。 妖魔は気に入った人間以外に関わることは好みませんが、その領分を侵せば容赦はしません。その強さは、人間は到底太刀打ちできないほどのものです。 第二部ではケンの恋愛が描かれますが、第一部同様に甘っチョロいです。 性的表現のレイティングは念のためのものです。 戦闘で人が死傷する描写がありますので御注意ください。 この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 表紙絵は雪丸ぬん先生作。使用許諾を得ております。 ※「小説家になろう」と同時掲載

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間30分

    この作品を読む

  • サヴァイヴ・アライブ ―殺戮人形の矜持―

    死人に口なし、生き残れ

    301,427

    2,215


    2021年9月18日更新

    現在……過去……そして未来……様々な時間軸を扱ったサバイバル・ストーリーとなります。 ---------------------------------------------------------------------- ・『未来』あらすじ 第二次大革命を引き起こしたとされるテロリスト「キング」は人質と共に高層ビルを占拠。 かつてのキングの仲間の少女とともに出動した英陸軍特殊部隊「SAS」はキングと対峙する。 少女「ミラ・クラーク」を見たキングはあっさりと降伏する。 ミラとキングの間には悔恨と贖罪の記憶があった――。 ・『現在』あらすじ 巨悪にしてカリスマ、と評されたヴィクター・バーンズが未曾有の大暴動「大革命」を決起してから10年余りが経った。 再建した米国「リ・アメリカ」の主要都市の至るところで暴動の余波と疲弊する公安組織があり、国全体が悲鳴を上げているようだった。 バーンズが中東の某国で細菌兵器の取引を行うことをチャッチした軍事情報組織「A.S.F.」はデザイナー・ベイビーの出自を持つ戦闘人形部隊「ドールズ」を現地へ派遣する。 バーンズの打倒が大革命の沈静化につながると睨んだドールズの人形「カイル・カーティス」は仲間の「ジョン・ヒビキ」、「ミラ・クラーク」とともにバーンズと対峙する。 カイルとバーンズの間には浅からぬ因縁があった――。 ・『過去』あらすじ それぞれの人物の動機が明かされる―― 絶体絶命、孤立無援……生き残れ。 キャラクターデザイン(敬称略):ざわ姐、Rida ※「カクヨム」様でも好評連載中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間26分

    この作品を読む