異世界ファンタジー 長編 連載中

グランティル大紀行

作者からの一言コメント

ただいま第五章  一人の少年の大冒険譚

読了目安時間:41時間0分

総エピソード数:267話

 絶海の孤島に存在する凶悪犯を収監した刑務所ジャルダン。  そんな場所になんの落ち度もない少年リアンが送り込まれる。  どうして自分がこんなところに?  途方に暮れるリアンだが、島の親切な人々に助けられ、島から出るまでの間をそこで過ごすことに。  しかし島の刑務所では、静かにある計画が進行していたのだ。  この物語は、リアンという気弱で非力な少年が、いろいろな経験を得て少しずつ成長していく過程を描写した成長物語です。

前へ

1-100

次へ

前へ

1-100

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 グランティル大紀行
作者名 木村無効
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 非異世界転生 ジュブナイル 群像劇 冒険 長編作品 HJ小説大賞2021
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年7月21日 21時30分
最終投稿日 2021年10月25日 8時00分
完結日 -
文字数 1,229,757文字
読了目安時間 41時間0分
総エピソード数 267話
ブックマーク登録 53件
コメント 61件
スタンプ 850件
ビビッと 33件
応援ポイント 548,300pt
ノベラポイント 1,015pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 黒のシャンタル 第一部 過去への旅

    生き神を受け継ぐ神話の名残のある世界の話

    56,000

    200


    2021年10月25日更新

    「託宣によりあなたを『神の助け手』としてお迎えいたしました」 突然の嵐に投げ出され、九死に一生を得た傭兵トーヤが目覚めると、そこは見たこともない豪華な宮殿の一室であった。 そこで「生き神シャンタル」の侍女である美貌の女神マユリアにそう告げられ、そこからトーヤの不思議な体験が始まる。 代々その身に「女神シャンタル」を宿す少女「生き神シャンタル」、二千年の間永々とつむがれてきた生き神をつなぐ歴史、永遠に続くと思われた神と人との共存、その運命が今試されようとしている。天は一体トーヤに何をしろと言うのか? そんな不思議な出来事、八年前の出来事をトーヤは仲間のアランとベルの兄妹に語り始めた。 再び「シャンタルの神域」に戻るために、連れ帰った「黒のシャンタル」と呼ばれた不思議な少年と共に再び吹き荒れる運命の嵐に立ち向かうために。 2021年5月20日(木)に無事一部完結いたしました。引き続き第二部「新しい嵐の中へ」を現在毎日更新中です。 第一部の三年前、トーヤの仲間の紅一点、当時まだ10歳のベルが主人公の4人の出会いの物語、外伝「銀色の魔法使い」もあります。 「第二部」「外伝」を合わせてよろしくお願いたします。 感想やブックマークをいただけると励みになります、どうぞよろしくお願いいたします。 時々「リメイク」と称して書き直しがあります。 注1:あまり過激な表現はないと思いますがそれなりに衝撃を受ける方もいらっしゃるかも知れませんのでR15とさせていただきました。 注2:「登場人物紹介」は章が進むとネタバレが含まれる可能性があります。ネタバレ嫌!な方は飛ばして本文を読んでください。 ※更新報告などがあります、活動報告も御覧ください。 ※「小説家になろう」「カクヨミ」「novelabo」「アルファポリス」で最終回まで全編公開中 ※「ノベルアップ+」「エブリスタ」「待ラノ」では遅れてただいま連載中

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:13時間54分

    この作品を読む

  • 【あらすじ】 伯爵令嬢・ベアトリクスは14歳のある晩参加した舞踏会にて、ひねくれ第四王子ルシファーの放った呪い「何でも拾ってきてしまう」が命中。数年後、彼女は巷でゴミ屋敷令嬢と呼ばれていた。元々貴族の生活が肌に合わなかった彼女は、毎日ゴミ拾いに精を出し、生活を謳歌していた。 ある日、謎の黒い塊を拾ったベアトリクス。持ち帰って確認すると、それは城を追放されたルシファーだった。行き場のない彼はゴミ屋敷で暮らすことになった。放漫でひねくれているルシファーと、朗らかで前向きなベアトリクスは共同生活を通して距離を縮めていく。恋のライバルSS級冒険者ミカエルの登場により、ルシファーはヒモ状態を改めて有能な紳士になっていく。そんな二人の前に、思いもよらない人物が立ちはだかる――。 【みどころ】 『貴族の生活って、わたくしには向いていないんですの。こうしてゴミを拾っているほうが、やりがいを感じますわ』 『……ははっ。こんなに大切にされているゴミが羨ましいな』 『ええい! ゴミ拾いの最中に死ねるなら本望よっ!』 ゴミ拾いに精を出すあまり、貴族令嬢らしからぬチート能力を身に着けてしまったベアトリクス。そして彼女に翻弄され、ツッコミを入れながらも惹かれていくルシファー。軽快なやり取りに、恋のライバル出現、そしてベアトリクスの夢に立ちはだかるものとは? テンポよく読み進められる、新感覚異世界恋愛・ラブコメです。 【こんな人におすすめ】 ・テンポよく読みたい! ・キュンキュンしたいし笑いも欲しい! ・明るい気持ちになりたい! ・どこか残念なイケメンが好き! ・ハッピーエンドがいい!

    読了目安時間:1時間19分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る