異世界ファンタジー 長編 連載中

グランティル大紀行

作者からの一言コメント

一人の少年の大冒険譚

 絶海の孤島に存在する凶悪犯を収監した刑務所ジャルダン。そんな場所になんの落ち度もない少年リアンが送り込まれる。どうして自分がこんなところに?  途方に暮れるリアンだが、島の親切な人々に助けられ、島から出るまでの間をそこで過ごすことに。  しかし島の刑務所では、静かにある計画が進行していたのだ。  この物語は、リアンという気弱で非力な少年が、いろいろな経験を得て少しずつ成長していく過程を描写した成長物語です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 グランティル大紀行
作者名 木村無効
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 非異世界転生 ジュブナイル 群像劇 冒険 長編作品
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年7月21日 21時30分
最終投稿日 2020年10月30日 4時03分
文字数 414,394文字
ブックマーク登録 32件
コメント 33件
スタンプ 294件
ビビッと 0件
応援ポイント 157,800pt
ノベラポイント 165pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 滅びゆく世界の伝奇×アクション×ラブコメ

    ♡61,100

    〇410

    現代/その他ファンタジー・連載中・4話・19,555字 朱坂ノクチルカ

    2020年10月25日更新

    とある休日の黄昏どき、再就職を控えた青年・苗代沢は「真っ白な少女」をめぐる誘拐事件に巻き込まれた。窮地に陥る苗代沢だったが、とあるジンクスによりアウトローに生きる友人・ミソノに結果として助けられることに。とはいえ、困った「巻き込まれ体質」の苗代沢にとっては珍しいことではなかった。だから流してしまった。これにより、苗代沢は世界の裏側で暗躍する者たちの「化物探し」に呑みこまれたというのに。 気づけば真っ白な少女は幻のように消えていた。そうして、苗代沢の周囲で奇怪な事件が発生し始める。事件ではない。それは遠い過去から続く連続的な計画だった。たとえば、いたずらに消費された無垢な少女たち。とある化物を発端とする脆弱性と、十五年前の東京タワー爆発事故。国家権力の介入できない宗教組織の凶行を誘う、欠け落ちた神様のかけら。地下にうごめく秘密結社の統治者はとっくに狂っていて、世界はもはや取り返しがつかない。 緩慢に現実性を失いつつある世界で、変わらぬ日常を求め続けることは間違いらしかった。 であれば、いずれ来る世界の終わりに。 「君」を撃たねばならない。 —- 毎週日曜21時に更新します。 ローファンタジー作品ですが、そこに息づく人々のヒューマンドラマをしっかり書いていきたいです。

  • 少女の織り成す「本」格ダークファンタジー

    ♡61,600

    〇312

    異世界ファンタジー・完結済・41話・112,103字 マエハラ

    2020年3月27日更新

    知識をもたらす魔法の本を武器に、少女は知識を奪おうとする者達に立ち向かう! その島はかつて、強大な指導者の元に大国が栄えていた。 しかし巻き起こった長い戦乱に疲弊し男は死に、貧しい子供と女達で溢れている。 体が金属となる奇妙な病に心を侵され、狂ってしまった父親の手から逃れた少女の手には、一冊の本が握り締められていた。 その奇妙な本は魔女が宿る魔法の本だった。 本の世界で得た知識と経験、仲間の大切さ、そして勇気で少女は病んだ世界に立ち向かう! そして襲いかかる敵は本を破壊し、人々から知恵を取り上げようとする謎の教団。 魔女の正体は? 教団の目的は? 島の過去とは? 不思議な世界で数々の謎が織り成す、シリアスダークファンタジー! しばらくの間はゆっくり更新。 ※誤って削除してしまいました…… バックアップしておいてよかった!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ビキニアーマー少女が世界の闇と……戦わな

    ♡4,600

    〇180

    異世界ファンタジー・連載中・30話・67,043字 ここにゃん・M・朝霧

    2020年10月31日更新

    ビキニアーマーと変身をかけたら、日常とちょっぴりシリアスが出てきました。 百合少女がいちゃラブしまくります♪

  • 嘗て誅戮の限りを尽くした者の異世界冒険譚

    ♡3,600

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・129話・688,600字 鳥びゅーと

    2020年10月31日更新

    『殺戮の執行者』と呼ばれ、ネットやワイドショーを大いに騒がせた、悪人のみを狙って思うがままに殺戮の限りを尽くしていた人物がいた。 誰にも知られることはなかったが、彼は二重人格でそれぞれの得意分野を活かしながら殺人を繰り返していた。 だが、そんな彼はある日、異世界への転生を果たす。それも、それぞれの人格を分離した別々の一つの存在となって。 転生した彼らは近くにあった街に向かうが、そこでひょんなことから街でも有数な人物であるルミナと出会う。 そして、二人はそこから様々な人物と出会い、自分達のことを受け入れてくれた者達と活動を共にしながら、その世界のことを学んでいく。 だが、転生前から用いていた戦闘技能や暗殺技能はあるが、魔力が存在していて魔法がある異世界は、それだけでどうにかなるようなものではなかった。 転生直後は魔法の知識も無いので、異世界で生きて行くには不安な状態だったが、二人は魔法や魔力を用いた戦闘方法について学んで、着実に実力を付けていく。 これは不条理を嫌い、世界さえも嫌っていた二人の異世界冒険譚。 ※一話当たり4000~7000文字ぐらいです(普通にそれを超えることもあります)。 元々は小説家になろうのみで連載していましたが、こちらでも連載することにしました。 それに際して掲載している分の改稿作業を行い、それが済んだ部分から順次掲載していきます。 そのため、改稿作業が最新部分に追い付くまでは更新量は不定になります。 小説家になろう、カクヨムでも連載しています。 【小説家になろう】 https://ncode.syosetu.com/n3566fk/ 【カクヨム】 https://kakuyomu.jp/works/1177354054934583938