詩/短歌 短編集 連載中

道端に咲いてる花を見つけた

作者からの一言コメント

1人の視点から書く詩集

読了目安時間:2分

総エピソード数:8話

それはなんでもないことだったりする。 でも大事なことだったりもする。 ある男の目線や感情、空想を書いていきます。 基本100文字-150文字を目安に。

総エピソード数:8話

作品情報

作品名 道端に咲いてる花を見つけた
作者名 夜月らく
ジャンル 詩/短歌
タグ 現代日本 日常 短編集 現代詩
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年5月11日 11時50分
最終投稿日 2022年6月1日 10時39分
完結日 -
文字数 754文字
読了目安時間 2分
総エピソード数 8話
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 3件
ビビッと 1件
応援ポイント 5,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • なにかを思って

    ふとした瞬間に、思ったことを。

    8,077

    30


    2022年7月5日更新

    何かをきっかけにして思い浮かんだことを書いています。多分比較的平和です。 一つでも、心に届きますように。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • ゼンマイ仕掛けの箱庭絵本

    箱庭の少女が綴る心映しの絵本。

    22,800

    0


    2022年7月5日更新

    ――「ようこそゼンマイの森、彼女の空想庭園へ」 ゼンマイ仕掛けの箱庭で 紡がれる絵本の本当の言葉は きっとあなたにしか届かない きっと意味なんて無いのでしょう ですが心に留めてくれたら その言葉は意味を持つのです 箱庭の戯言は空想を描いて 物語となるでしょう どうか暫しのご閑談を * 色杷がツイッターで書き溜めた詩のような(約)140SSまとめです。 不定期かつ気まぐれに更新します。 これは言ノ葉遊びのらくがき帳。 自サイトでも更新してます。

    読了目安時間:25分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • この世の果てで誰もが幸せになれる世界を探して

    誰かと幸せを探して

    23,000

    100


    2022年7月5日更新

    この世界は悲劇である。 誰かが救われれば、誰かは救われない。 誰かが幸せになるならば、誰かが不幸になる。 世の中はそうしてバランスをとってできている。 自分が幸せになるためには誰かが不幸になるしかない。 そういうことは学校では教えてくれない。 繰り返すがこの世界は悲劇でできている。 革命は血を流して起こっている。 平和は戦いの後で成り立つものだ。 誰かが笑っているそばで誰かが泣いている。 誰かが楽しそうにしている横で誰かが泣いている。 歴史は悲劇でできている。 現代を生きる我々が美化しているだけだ。 「ならば今を生きる私には何ができる?」

    読了目安時間:2時間1分

    この作品を読む

  • 海の奇跡

    ずっとあの海が嫌いだった

    1,000

    100


    2022年6月30日更新

    潮海と呼ばれる町に住む、二人の男女のお話。

    読了目安時間:20分

    この作品を読む