現代/その他ファンタジー 長編 連載中

ホムンクルスの暗躍~捕縛されていく屈強なヒーロー達~

この作者は、貢献ポイントプログラム未参加の為、ノベラポイントを付与する事はできません。

作者からの一言コメント

ヒーローの多彩なやられシーン集結

「悪と戦う屈強なヒーローが敵に無力にやられるシーン。本当は好きなんでしょう?」 ホムンクルスの女 柏原理恵より   ダーククリスタルと呼ばれる黒いクリスタルから誕生する謎の生物。 ダーククリスタルを付けられた人間を元にして誕生する彼らは錬金術で生み出される人工生命体である「ホムンクルス」という名を名乗っている。 彼らはホムンクルスたちの国ホムンクルス帝国の建国を企み、街で人々を捕縛してダーククリスタルを無理やり装着して新たなホムンクルスを生成している。  富田市のプロバスケットボールチームに所属する熊谷慶太。 彼もまたホムンクルスに捕縛され、ホムンクルスを産み出すための装置、ブロンズ像にされてしまう。  その後、ポリスマンヒーロー上田五男に助けられ、ヒーローとして覚醒した熊谷。 チームメイトを守るため、ヒーローとして活動することを決意する。  しかしそれは熊谷自身も仲間であるヒーローたちも幾度となくホムンクルス達によって捕縛される苦難の日々の始まりであった。  バスケットボール選手や警察官以外にも様々な職業のヒーローが登場します。 多彩なヒーローのやられシーンをご堪能ください。  最新話まで少しづつ更新していく予定です。 最新話まで見たい方は小説家になろうを参照してください。 小説家になろう https://ncode.syosetu.com/n6517ff/

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ホムンクルスの暗躍~捕縛されていく屈強なヒーロー達~
作者名 トントン
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ ヒーロー アクション/バトル 現代日本 男主人公 R15 警察官 アスリート 拘束 ホムンクルス
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年7月1日 21時17分
最終投稿日 2019年8月14日 19時47分
完結日 -
文字数 101,209文字
ブックマーク登録 6件
コメント 2件
スタンプ 35件
ビビッと 0件
応援ポイント 24,900pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • おバカな古代エジプトSFコメディ

    ♡100

    〇0

    SF・完結済・16話・82,961字 みやびつかさ

    2020年11月7日更新

    今からウン千年前、ナイルの流れに寄り添う砂漠の王国。 太陽(ラー)の目覚めとともに不機嫌に卵を採卵する自称美少女がいた。 彼女の名前は“羽毛まみれの者メレウト。長いので通称メル。 メルの家は王より賜った鳥を養殖させる任に就いており、将来はそこそこお金持ちの生活を約束されていた。 だけど、そこそこじゃなくって、イイ男を捕まえて玉の輿の左団扇のウハウハで暮らしたい! そんなメルが、ボーイハントを不猟に終らせ帰宅すると、父親から王宮への呼び出しを告げられた。 ファラオ(万歳!)がメルを王宮に招いた理由とはいったい? いけにえ? ハーレム? っていうか、ファラオの頭にはなぜかモコモコのニワトリが鎮座していて……しかも喋った!? エジプト×ニワトリ×SF×B級パニック!? カンフーが炸裂してニワトリが爆散するドタバタアクションコメディが開幕! 果たして、羽毛まみれの者メレウト(長い)は左団扇のウハウハな未来を手に入れられるのか!? (2020年初頭に小説家になろうで連載していたものです。完結済み)

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡247,100

    〇350

    異世界ファンタジー・連載中・86話・414,822字 普門院 ひかる

    2020年12月3日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、第6騎士団長に就任する。 そして、ホーエンシュタウフェン朝の復活や対デンマーク戦争で大活躍し、その軍功を認められホルシュタイン伯へと昇進するとともに、皇帝の命により元ホルシュタイン伯の娘と結婚する。 その後、モゼル公国が地方領主連合国軍に攻め込まれ、これを救出するが、モゼル公はなんとヘルミーネの父だった。フリードリヒは、ヘルミーネと結婚しモゼル公爵の地位を継ぐこととなった。 モゼル公となったフリードリヒは、ロートリンゲンの平定に奔走し、その実効支配に及ぶ。これを踏まえ、皇帝はフリードリヒにロートリンゲン大公位を与えるとともに懸案であったヴィオランテとの結婚を認めるのであった。 引き続きフリードリヒは自由経済圏の拡大などの政策に取り組んでいく (2020/11/11 部門別日間ランキング5位)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る