異能風姿花伝

読了目安時間:6分

エピソード:18 / 26

17

 リクから逃げるセンとツイナと別れ、四鬼(しき)の面を納めているという神社を目指し、奥州道中を北上する旅を再開した三人でございました。  チラチラと見られることを気にしたムイがたまらずに聞いた。 「どうされましたが、何か気がかりなことでもございますか、ナミ殿」 「いや、ここ数日お前が随分と静かだからさ。そろそろ襲ってくるんじゃないかってリンと話してたけど触ってもこないなと思ってな」 「触ってもよろしかったのならそう言っていただけたらいいのに、いじわるにございます」 「そうは言ってないだろ。ただ、ああもあっさりとリクの相手にならないと言われるとな。鬼の力を覚醒させる算段もないと」 「やっぱりナミと二人なら大丈夫だよ!リクのことそんなに凄いって思ったことなかったし」 「そうなんだよな、眉郷(ビクニ)の中でもリクって特別強いわけじゃなかったしさ、二人ならなんとかなる気がするんだよな」 「駄目だとしてもそれはそれだよ。今はまるで敵討ちじゃなくて逃げているみたいだしさ」 「そうだよな」 「そうだよ、戻ってリクが山姥を殺しに来るのを待った方がいいんじゃない?来るってわかってるならさ」 「ナミ殿、リン殿、お二人様はまるで破れかぶれでございます。どうせなら仇討ちを成功させたいとお考えにはならないでございましょうか」 「当然だ。リクは殺す」 「うん、殺す殺す。確実に殺す」 「しかし今はまだ時期尚早ではございませんか?セン殿の話を聞く限りではお二人様に一分でも勝ち目はございません」 「何が言いたい」 「お二人様の力を引き出すこと、リク殿の力を知ること、少なくともこの二つが揃わぬ限り敵討ちは失敗することは明らか。彼を知り己を知れば百戦殆うからずと申しますが、お二人様方はどちらもお知りにならないようでございます」 「私たちはリクと長い間生活をしていたんだ、知らないわけじゃない」 「そうでございましょうか?鬼のこと、鬼の力のことはお知りにならなかった。リク殿の力量を見誤っております。それではリク殿を知ったとは言えないものと存じます」 「じゃあ山姥を殺すところを見守る?それでリクの力がわかるかもよ」 「リク殿が隠している力を知る方法はわかりかねますが、お二人様の鬼の力を引き出す方法はございます」 「お前に体を預けろってのか」 「もちろんそれでも構いませんが、それとは別のいい方法を思いつきました」 「別の方法?」 「お二人様で殺し合うのでございます」  ナミもリンも言葉を失う。しかしムイは構わずに話を続けた。 「私が見る限りではナミ殿とリン殿の力量は互角。であればお二人様が殺し合えば、一方は死に、もう一方は死ぬ一歩手前になるでございましょう。であれば、かろうじて生き残った方は鬼の力に目覚めるものと存じます」 「なるほど。相変わらず坊主とは思えない物騒なことを言うな」 「でも、手っ取り早いよね」  リンのその目は本気だ。 「ああ、そうだ手っ取り早い。試す価値はありそうだ」  もちろんナミもそれは同じ。 「さすがお二人様、話が早い。前々から必要であれば殺し合うと話されていたお二人様ですから、私の提案に乗ってくれると思っておりました。善は急げと申します。私が見届けましょう、お二人様の殺し合いを」  言い出しっぺのムイも全く冗談のつもりはない。  つまり、ここにナミとリンの二人が殺し合うことで三人は同意した。  ナミとリンの二人は背中に隠していた合い口を同時に抜いた。ムイは二人の邪魔にならないようにとスッと気配を消す。  同じ眉郷出身、いわば同門。二人の構えは瓜二つ。  右手に持った合い口を中段に構え左にやや寝かせる。左手はバランスを取るように少し後ろに引く。腰を落とし右足は前に出し上半身をかがめるように低く構えた。    人間に限らず動物は息を吸いながらでは上手く力をだせません。力を使う時は常に息を吐き出すものでございます。つまり相手が息を吸った瞬間、いや吸った瞬間じゃ遅い、息を吐き出し終わるその時に襲いかかればいい。  必然、二人は相手に呼吸を悟られないように静かに息をする。相対する二人の実力が真に伯仲するとそこまで意識しなければなりません。  最初の一撃で勝負が決まったとておかしなことではない。  猫のにらみ合いのようにお互いに目をそらさず微動だにしない。いや、出来ない。  一瞬でも隙きを見せれば相手から飛びかかってくることは明白。  相手の攻撃を誘い、それを受けたあとに反撃に出ることも可能でございましょう。しかし、それが上手くいく確信は二人にはない。  脳内で何度も何パターンも一撃後の展開をシミュレートする。受ける避けるに力の加減やタイミング、間合いがわずかでも変われば結果は大きく変わる。それらを組み合わせ数百、数千を想定しても結論は出ない。  それならばと先に動いたのはリンだった。  合い口を両手で持ち直すと正面に構える。その瞬間にナミの対応に迷いを感じたのかもしれない。リンは大きく踏み込むとナミの左鎖骨を目掛けて斜めに斬りかかる。  ナミは右手片手で持った合い口でリンの一撃を受けきると、空いた左手でリンの腕を殴りつけた。  片手持ちのナミに対し力で押し切ろうと目一杯で斬りかかったリンの目論見は外れ殴打一撃でバランスを崩す。そこをナミが見逃さないはずはない。  今度は正面からみぞおちに向かって左の拳を叩き込む。ナミは手を緩めない。怯んだリンの側頭部に蹴りが入り、完全に姿勢を崩してしまう。   「悪いな、リン」  ナミは倒れたリンに覆いかぶさり体重を乗せた左手で右肩を押さえつけると合い口の切っ先を左胸に突きつけた。  急に気配が現れたのはその時だった。 ーードスン  大きな打撃音がしたかと思うとナミの前で倒れていたはずのリンが消えている。  土まみれになりどうやら蹴り飛ばされたらしいリンは立ち上がることもならず、わけもわからず呆然とするがナミの前に立つリクを見つけると反射的にギッと睨んだ。 「ナミ、とどめを刺すなら躊躇するな。リンも見ておけ」  そう言い終える前にリクの打刀はナミの腹を刺さして背中に抜けていた。 「ほんの一呼吸の間があれば命は取れる、逆もしかり。命を取られるその瞬間まで相手の命を狙え」 「ナミ!」 「ナミ殿!」  ナミの襟先を引っ張り胸元をはだけさせた。 「眉郷を付けているな」  腹に刺した刀を抜くと血が溢れ出す。ナミはガクッと両膝をつき、力なくそのまま倒れた。透明感のない真っ赤な血が土に染みていく。リクは流れる血を確認するかのようにそれを見下ろしていた。 「わかったか、リン。殺す時は躊躇するな。ナミはそれが出来なかったからこうなったのだ。それと」  リクが言い終える前にムイが飛びかかり錫杖を目一杯の力で振り下ろした。  まったく避けることもなく頭にその一撃を受けるがリクはまったくびくともしない。それどころかムイは自ら殴打したその衝撃で錫杖を飛ばされてしまう。 「挨拶もなくいきなり殴りかかるなんてあまりにも不躾じゃないか。安心しろ、ナミはこのくらいでは死ねない」 「死ねない……」  まるで独り言のようにムイが呟いた。 「もっと強くなって私を殺しにこい、リン。鬼は地獄に近いほどに本来の力を発揮する。生きながら地獄を見ろ、地獄を感じろ。私はいつでも待っている。お前にはその力がある、強くなれ」  二人には確かに聞こえた。しかし気がつくとリクの姿は既に消えていた。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 神の力を行使する【聖剣ヘイムダル】。 それは荒ぶる精霊を使役し、魔王を倒し得る唯一の神器だ。 元奴隷でありながら聖剣に選ばれたアレックスは、王国の勇者として貴族の仲間と共に戦い続けていた。 しかしついに魔王を倒した時、奴隷が英雄になることを認められない貴族によって追放されてしまう。 「聖剣だよりの無能め。奴隷が勇者を名乗るとは不敬である! その罪、命を持って償ってもらう!」 俺はみんなを守りたいだけ――アレックスは抵抗するが、貴族にとって彼は最初から魔王討伐の捨て駒でしかなかった。 彼らはアレックスから聖剣を奪えば、次はきっと高貴な血筋の中から勇者が選ばれると思い込んでいたのだ。 聖剣とのつながりを断つために、アレックスは殺されてしまう。 失意のうちに命を失ったアレックスだが、魔王の娘ライラの力で蘇り、弱体化した魔王軍に所属することに。 そんな彼は死をきっかけに、【聖剣ヘイムダルの加護】をその身に宿すようになっていた。 そして魔王軍は以前の王国のような、生まれによる差別はない。力ある者が認められる場所だった。 アレックスの力を当然のように認め、敬意を払ってくれる。アレックスはライラや新たな仲間たちと絆を育み、荒廃した魔界を聖剣の力でみるみると豊かにしていく。 彼は魔界の救世主となっていくのだった――。 一方、アレックスを捨てた王国には災いが降りかかっていた。次の勇者は選ばれることなく、アレックスを失った王国は荒ぶる精霊に襲われるようになる。 そんな中でかつての仲間が勇者アレックスを殺したという噂は瞬く間に広がり、貴族たちはみるみると没落していくことに……。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1時間8分

    この作品を読む

  • ヴァルキュリア・サーガーThe End of All Storiesー

    銀髪の少女を守り抜く男のバトルアクション

    42,550

    0


    2022年12月7日更新

    現実にやぶれ35歳で死んだ僕、池田佑月は、第二の人生を歩むべく銀髪の美少女ヴァルキュリアのメリッサともにイメージの武器を具現化する能力で、中世ヨーロッパ風の異世界に行って一万人から十二人だけが生き残る過酷な生存競争に挑む。 初めは戦いに慣れず死にかけるが、恋人のメリッサと旅の途中から面倒を見ることになる幼女の娘に支えられて乗り切り、やがてはメリッサと釣り合うだけの強い男へと成長する。 一人一人と強敵を倒していき、そしてこの世界に名前がとどろいて教会団という世界を牛耳る組織に狙われるまでになる。 ついには仲間ができ皆に慕われる大人の男として力を発揮し、教会団が主催する闘技大会に立ち向かう。 そして最終戦争ラグナロクの最後の戦いへと生き残りをかけて戦うのであった。 続編構想も含め終末のヴァルキュリアからヴァルキュリア・サーガに改題しました。シリーズ名はSagas of The Gods 略してサガーズの第一作目です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:13時間50分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • Parfumésie(内容修正済み)

    音よ、香れ。

    22,700

    100


    2022年12月7日更新

    フランス、パリの12区。 ヴァンセンヌの森にて、ひとり佇む少女は考える。 憧れの調香師、ギャスパー・タルマに憧れてパリまでやってきたが、思ってもいない形で彼と接点を持つことになったこと。 そして、特技のヴァイオリンを生かした新たなる香りの創造。 今、音と香りの物語、その幕が上がる。 ※イラストは「▼G3(三里)」様です。 話が重複している箇所と、順番が間違っている箇所がございました。申し訳ありません。

    読了目安時間:36分

    この作品を読む

  • 翠眼の女騎士と偏愛公子の亡命譚 〜生まれ変わったら〝風〟になる。

    戦乱を駆け抜ける、北欧ファンタジーロマン

    8,200

    1


    2022年12月7日更新

    騎士学校を卒業したグレンダは、辺境の地で新米騎士として働き始める。 新たなご主人様・アルネは銀髪碧眼の美青年。しかし軍事国家の公子でありながら、剣術ダメ、戦術ダメ、内政は伯母や住み込みメイドに任せきりの、書類仕事すらままならないダメダメ領主。 グレンダがあれこれ世話を焼いているうちに、アルネはとんでもないことを言い出して…!? 「一緒に逃げようグレンダ。争いに巻き込まれない遥か遠くへ」 俊速の剣撃と男顔負けの度胸を武器に、女騎士グレンダが繰り広げるは前代未聞の〝亡命〟劇。 どんな雨風が待ち受けようとも、必ず最後までアルネを戦乱から守り抜く! そして国外逃亡の果てに明かされる、グレンダの〝翠眼〟が持つ秘密とは…。 愛と正義が忠誠の狭間で揺れ動くノルディック・ロマンス、ここに全力疾走中!! 【他サイトからの再掲です。1章までを限定公開!】

    読了目安時間:1時間12分

    この作品を読む