異能風姿花伝

読了目安時間:5分

エピソード:10 / 26

ムイの知ること

 まずは何から話したらよろしいのでしょうか。私のこと、亜慈瑠院(あじるいん)のこと、そして美着尼(ビキニ)のこと。あなた様方がお聞きになりたいのは美着尼だけと思いますが、それを説明するには私のこと、亜慈瑠院のことをお話しないわけにはいきませぬ。  私はムイと申します。物心がつく頃には焼け落ちたあの尼寺、亜慈瑠院におりました。あそこで生まれたのか、どこかから引き取られたのかは私にはわかりませぬが、引き取られてきたものだと考えております。  と申しますのも、お察しの通り肉欲に溺れてはいますがこれでも一応は尼僧、子供を設けることはございません。亜慈瑠院にいた尼僧も同じであります。産むことはなくとも、それでも赤子を預かり育てることは珍しくありません。私もそういった尼僧に育てられた一人だったのでしょう。  どこの誰から引き取ったのか、これは今でもわかりませぬ。亜慈瑠院を父と母と、そして仏の教えを父であり母であると考え育って参りましたから誰が親なのかなど興味はございませんでした。  しかし美着尼のことを知るようになり、私の出自について興味が芽生えました。  このように背丈は他の女性よりも随分と高く、狼の目と呼ばれるこの三白眼。似たような容姿を持つものを江戸で見たことがございません。両親は江戸の者ではないのでございましょう。  もしかしたらあなた様方も私のような容姿を見たことがないかもしれません。ただ、それはあなた様方も同じ。  あなた様の青い瞳と栗毛と大きな胸、そちら様は琥珀色の瞳に赤毛。ご自身と同じような容姿をこの江戸で見つけたでしょうか?これまでの旅で見たことがあったでしょうか?見つけていないはずでございます。  聞くところによれば、私たちのような容姿は東国では時々見られるようでございます。  そして、私たちが身につけているこの獣毛、亜慈瑠院では美しい尼が着ると書き、美着尼と呼んでおりました。しかし、元々は別の漢字が当てられていたと聞いたことがあります。  美しい鬼を以て、と書き美鬼以(ビキニ)と。  美しい鬼を以て何をするのかと言いますと、天下を統べる。つまり大権現様(徳川家康)が天下統一を目指した際に鬼の力を借りたという話を耳にいたしました。  美しい鬼はこの獣毛を身にまとうことで本来の力を発揮し、天下を統べるために協力したと。  不思議なことに、この獣毛のビキニだけで誰もが力を発揮できるわけではございません。ビキニの他に、鬼の血とそれを覚醒させる経験、この三つが揃わなければなりませぬ。  ここまで話して察することがあったと思われます。私たちの特徴的な容姿はどうやら鬼のものらしいのであります。  私の力をご覧になりあなた様方との地力の違いを感じられたことでしょう。私は美鬼以の力、鬼の力を借りているのです。  そしてあなた様方も容姿に特徴があり美鬼以を身に着けている。鬼の力を借りようとしておられるのでしょう。  ただ、あなた様方は獣毛のビキニと鬼の血は揃っておりますが、それを覚醒させるための経験が足りないようでございます。覚醒させるための経験にはいくつか種類がございます。私の場合は快楽でございました。  亜慈瑠院にはもう一人美着尼を使う者がおりますが、彼女は死への恐怖でございました。先程のあなた様の反応を見ると死への恐怖は感じられないようでありました。  死への恐怖がなければ、あなた様を覚醒させるには快楽がよろしいでしょう。案じることはありません。私が一晩ほど手ほどきをして叶えてみせましょう。  先ほどから申し上げている鬼について、誰から聞いたのか気になることでしょう。それは亜慈瑠院のもう一人の鬼からでございます。  彼女は修行と称して旅をして時々ふらと帰ってはくると私に旅先のことを話して聞かせました。その中に東国の鬼のこと、美着尼ではなく美鬼以と書く、私たちも鬼なのだ、そんな話しがございました。  私としては彼女を信頼していないわけではございませんが、当時その話の全てを受け入れることは出来ませんでした。  確かに私も彼女も不思議な力を持っている、しかしそれが鬼の力だと言われて信じるでしょうか。鬼というものがこの世にいるなんてとあなた様方もお思いのこと。私とてそれは同じでありました。  しかし、こうして我々のビキニと同じものを着るあなた様方がどこからか現れた。さらにもう一人、あなた様方とは違い私と同じように鬼の力を引き出した者まで現れた。これは彼女が聞かせた鬼の話を信じないわけにはいきません。  亜慈瑠院の事も少し説明させてください。亜慈瑠院は女性を保護する尼寺であると同時に江戸における諜報活動を行っておりました。  諜報の対象は主に各藩の大名屋敷でございます。反乱が起こらぬように監視をするのがお役目でございました。  天下泰平の世を作り上げるために御公儀は過剰な戦力を無効化し排除するため亜慈瑠院は活動を行っておりました。  皮肉なことに、天下泰平の世となってしまえば私たちこそが御公儀にとって余計な存在となってしまったのでございます。  あなた様方もそうなのでございましょう。御公儀は鬼を切り捨てることを決めたのでございます。  御公儀からの命を受けて仙台藩がビキニ殲滅という難儀な活動を行っている、諜報活動を通じてそんな情報は掴んでおりました。ですから亜慈瑠院が焼かれることも薄々気がついておりましたし、このように逃げることも出来ました。  恐らく御公儀は仙台藩の弱体化を狙って外様にも関わらず仙台藩に依頼したものと存じます。  しかし仙台藩もまた一筋縄でいかない者たちであります。仙台藩はこれを機と見るや鬼の力を独占するため幕府側の鬼だけを殲滅せしめようと活動しているのでございます。  仙台藩が治める東国、さらに遠く蝦夷には少数でしょうが鬼がいると聞きます。その鬼の中には仙台藩に仕えている者もいるそうでございます。先程の方はおそらくそれでございましょう。  つまり御公儀と仙台藩それぞれの思惑により鬼と鬼が殺し合っているのでございます。  私はこれを良しとしません。あなた様方のような可愛い娘を滅ぼしたくはありませぬ。もっともっと沢山の鬼と交わりこの口で味わいたいのでございます。  鬼と鬼の殺し合いを止めるためには知る必要がございます。鬼の秘めた力について、鬼を殺そうとする鬼について、そして他にどんな鬼がいるのか。  あなた様方も私も知らないことが多すぎます。  私も鬼についてはまだまだ知らぬことばかりで今話した内容には多分に推測も含みますゆえ、これから鬼について調べるために東国へ向かい確かめたいと考えておりまする。  あなた様方の求めるものも東国にあるでしょう。つきましては、私と一緒に東国へ行ってはくれぬでしょうか?

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 晴明、異世界に転生する!

    歴代の陰陽師、どこでも波乱万丈!

    0

    0


    2022年12月7日更新

    穢れを祓うことができる一族として、帝国に認められているロルシー家。獣人や人妖を蔑視する人間界にあって、唯一爵位を賜った人妖一族だ。前世で最強人生を送ってきた安倍晴明は、このロルシー家、末の息子として生を受ける。成人の証である妖への転変もできず、未熟者の証明である灰色の髪のままの少年、それが安倍晴明の転生した姿だった。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • 戦う治癒術師と最強患者の共闘

    奴隷にされる運命に抗う少女の物語

    2,000

    0


    2022年12月7日更新

    ゴルドニア王国に住む治癒術師の少女リースは、行き倒れの青年アレクと出会った。 彼は体内の魔力を失い、やがて死に至る不治の病の患者であった。 半ば自暴自棄になっている彼をなだめ、リースは彼に治療を受けるよう説得した。 亡くなった父が遺してくれた治癒魔法を、自分が完璧に使いこなせるようになれば彼を救えると、リースは信じていた。 一方のアレクも、リースが【グリミナ】であることに気付いた。 それは叛徒の一族を指す蔑称であり、王家に連なる人々が操る隷従魔法の力で、彼らに絶対服従を強いられる奴隷に堕とされる恐れがあった。 アレクが護衛を申し出たのを受けて、リースは彼に自分と一緒に戦って欲しいとお願いする。 グリミナのように、王様から見捨てられた人々を救うために。 そうして共に戦い過ごすうち、二人の間には確かな絆が芽生え、やがて互いを意識するようになっていく…… 果たしてリースは奴隷にされる運命を跳ね返せるのか――

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間24分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界スペースNo1(ランクB)(EX)(完結編)

    この俺の明日のためのスクランブルだ。

    688,500

    65


    2022年11月29日更新

    祝・30周年! リスペクト・ス○○ボ! リスペクト・ウィ○○ー! リスペクト・ダ○○○ン! 剣と魔法、そして巨大ロボ「ケイオス・ウォリアー」が存在する世界。 そこに転移ロードで異世界召喚された俺。 なぜか寝てた。 起こしてくれた娘が着いて来いというし、一緒に寝てた二人と共に行ってみるか? さーて、俺達のロボットは―― 量産型のザコ機だからよ…… 俺らの能力補正系スキル、0~9の10段階評価で2だからよ…… 鉄の城とか白い悪魔とか三つの命が百万パワーな奴とか、メチャ強え味方もいないからよ…… それでも止まるんじゃねぇぞ…… 戦士よ、起ち上がれ! ※この作品は「アルファポリス」に掲載した物を他サイト用に修正した物です。 大好きなゲームシリーズの新作発売記念に書き始めた作品。 他のサイトで2021年の6月から開始し、正直たいした反響は無かったが、それにしてももうちょっと読んでもらえるかもとここにも転載させていただく事にした。 おちこぼれで何が悪い。世の中Aムロ大尉やKIラ准将ばっかりじゃないわい。 「令嬢」タグを見て来られた方は第二次(105話)からどうぞ。 第三部で完結させますが、なんか思ったより長引いてますわ‥‥。 スタンプ・コメント等なにかしら反応くだされば喜びます。 ロボット物を書いてる方、某スパロボが好きな方、等の所には参考にさせていただくために読みに行くかもしれません。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:27時間28分

    この作品を読む

  • 死んだ筈だが、異世界で教師をやる事になった。

    新たな出会いで戦うと決めたのは――いじめ

    135,489

    1,319


    2021年8月23日更新

    心臓を穿たれて息絶えた青年、刃鳴斬哉。 しかし目覚めるとそこは深い森の中。 倦怠感のようなものこそあったが全くの健康体だった。 疑問符しか浮かばない状況の中――突如、絹を裂くような悲鳴と木々を薙ぎ倒す轟音と悲鳴が森に響き渡る。 音の方向にいたのは、今にも少女に爪を伸ばして喰らわんとする巨大な竜。 状況はまだ呑み込めなかったが、一も二もなく青年は竜に踊りかかった。 今出来る事を、必ずやり遂げる為に。 ◆ ――そして戦いの後。 目覚めたのは多種族が共生する独立自治国家〝龍智諸王連盟〟の田舎だった。 異種族達が〝始祖八柱〟、その生き残りである白竜を中心にして集う国家。 主人公である斬哉は、恩人の勧めもあって教師への道を歩み出し――『今の自分にできる事』を始めようとしていた。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 誤字脱字だけでなく勢いで書いた部分は文法的に変な所が多い為に自分でも把握し切れなくて、読み辛く思ってしまった方は大変申し訳ありません。容赦なく誤字脱字報告お願いします。 未完結や放置をする事こそが不誠実と捉えているので、勢いを維持するべく頻繁に更新していきます。 どうぞ、長い目でよろしくおねがいします。 多分ノベルアッププラスでも有数の異種族混合(当社比)なラノベですよ! 蟻人も蜘蛛人が出る小説もノベルアッププラス限定です!!(若干媚び気味に とりあえずの区切りがつくまで、2日に1回更新を目指せたらいいなと思いますが難しくてごめんなさい。 更新情報などはTwitter(@Ckrywh)や、https://twitter.com/C68386487 でお知らせしております。 励みになりますので感想、質問などのコメント大歓迎です!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:42時間23分

    この作品を読む