歴史/時代 短編集 完結済

柳原土手狐狸奇譚

作者からの一言コメント

全2話。それぞれが独立したお話です。

江戸時代、古着屋が軒を連ねた柳原土手。けれどそれは昼間のお話でしてね、夜になるとそこはすこぅし違った顔を見せるんでございますよ。この柳原土手は最も安い遊女が買えた場所だって言うじゃござんせんか。でもね、ちょいと考えてみてくださいな。どうして、そんなにも安かったんでしょうねぇ――。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 柳原土手狐狸奇譚
作者名 五十鈴りく
ジャンル 歴史/時代
タグ 遊女 柳原土手 神社 ローファンタジー 年の瀬 友情
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年12月10日 16時22分
最終投稿日 2019年12月12日 20時45分
文字数 15,826文字
ブックマーク登録 6件
コメント 10件
スタンプ 9件
ビビッと 0件
応援ポイント 11,600pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • お江戸風あやかし退治トンデモ特撮時代劇

    ♡247,303

    〇10,528

    歴史/時代・連載中・99話・226,503字 上原友里

    2020年10月26日更新

    あやかし、ニンジャ、ロボット、恋愛。混ぜるなキケンが入り乱れてのトンデモバトル時代劇。 本編 妖刀『古骨光月』の使い手、桜良兵之進《さくらひょうのしん》は、双子の妹、綺乃や、なぜか居候している謎の春画(薄い本)絵師、恋町春日とともに、道場を切り盛りして暮らしている。というのは仮の姿。 本当は、兄の兵之進が妹の綺乃に、妹の綺乃が兄の兵之進にと、それぞれ変装し、入れ替わっているのである。 そこへ、おどろおどろしい筆致の瓦版が持ち込まれる。 友人の廻り同心、横井一磨(実はニンジャ)に頼まれ、兵之進は物の怪退治に出かけるが。 番外編 てるてる坊主の妖怪、掃晴娘《そうせいじょう》に身体を乗っ取られてしまった兵之進。 恋町とともに自分自身を探しに秋の空。 夕暮れと、てるてる坊主。ちょっとだけラブラブなお話。 あやかし、モノノケ、妖怪、幽霊。取り憑かれるなら何でもござれ。 兄と妹が、名も姿形も取っ替えて、あやかし蔓延る八百八町を妖刀片手に鬼退治。 面白かったらブックマーク登録とスタンプをお願いしますー! 表紙フリー素材はジュエルセイバー様よりお借りしました。

  • 三国志×文官×異能×女武闘家

    ♡69,700

    〇1,000

    歴史/時代・連載中・200話・575,964字 墨笑

    2020年10月26日更新

    三国志の時代の文官を描きます。 文官といえば地味なイメージですが、結構バトル多めです。 主人公は蜀において、諸葛亮孔明に次ぐ官職を務めた許靖という人物です。戦乱に翻弄され、中国各地を放浪する波乱万丈の人生を送りました。 曹操のことを「治世の能臣、乱世の奸雄」と評した許劭の従兄弟に当たりますが、許靖も許劭と同じく人物鑑定で世に知られた名士です。 本作ではその人物鑑定において、ちょっとした異能を持った人物として許靖を描いています。 歴史物とはいえ軽く読めるように書いていますので、歴史が苦手な方でもお気軽にお読みいただけたらと思います。 ※名前が分かりにくくなるのを避けるため、字《アザナ》は使用しないことにしました。ご了承ください。