歴史/時代 長編 完結済

あなたと私

作者からの一言コメント

遊郭を舞台とした恋愛小説。

身体は売ろうが心は売らぬ。色が無くては生きてはいけぬ。 愛しいのは貴方様、唯一人でありんす。 今は昔。江戸、吉原遊郭。 大見世『ともゑ屋』には、多数の人気花魁が在籍している。その中に「両目揃えば絶世の美女」と呼ばれていた片目の花魁がいた。 片目の花魁に付き従うのは、顔を火傷した者、手が不自由な者ばかり。そこに世にも珍しい空色の髪、天色の瞳を持つ異人の遊女がいた。 あまりにも鮮やかな青だったので、姉女郎の片目の花魁以外には忌み嫌われていた。 一方、廻船問屋『中臣屋』には、黄金色の髪に赤い瞳の青年がいた。異人との間の子だった彼は、人々に「鬼」と噂され、恐れられていた。 性格は至って真面目で誠実。だが、他人と馴れ合うことをよしとしないらしく、無愛想で、常に仏頂面だった。 ひょんなことから、異人の遊女と無愛想な青年は出会う。 これは、泣き虫な遊女と不器用な『鬼』の恋の物語。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 あなたと私
作者名 末千屋 コイメ
ジャンル 歴史/時代
タグ 和風 R15 遊郭 花魁 恋愛 歴史 遊女 江戸時代 日本史 新吉原 第1回歴史時代大賞 ヤンデレ女子 不器用男子
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2019年5月31日 18時16分
最終投稿日 2019年11月27日 14時34分
文字数 92,891文字
ブックマーク登録 13件
コメント 10件
スタンプ 67件
ビビッと 0件
応援ポイント 4,530pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 三国志×文官×異能×女武闘家

    ♡69,700

    〇1,000

    歴史/時代・連載中・200話・575,964字 墨笑

    2020年10月26日更新

    三国志の時代の文官を描きます。 文官といえば地味なイメージですが、結構バトル多めです。 主人公は蜀において、諸葛亮孔明に次ぐ官職を務めた許靖という人物です。戦乱に翻弄され、中国各地を放浪する波乱万丈の人生を送りました。 曹操のことを「治世の能臣、乱世の奸雄」と評した許劭の従兄弟に当たりますが、許靖も許劭と同じく人物鑑定で世に知られた名士です。 本作ではその人物鑑定において、ちょっとした異能を持った人物として許靖を描いています。 歴史物とはいえ軽く読めるように書いていますので、歴史が苦手な方でもお気軽にお読みいただけたらと思います。 ※名前が分かりにくくなるのを避けるため、字《アザナ》は使用しないことにしました。ご了承ください。

  • 現代が舞台ですが、ジャンル迷子です(汗

    ♡0

    〇0

    歴史/時代・連載中・2話・1,221字 芝戎柿若

    2020年10月26日更新

    えーこれから、もし仮想戦記と史実世界がリンクしたらどうなるかと言う思考実験をしたいと思います。 一応、当初は史実題材になりますが、話が進むに従って仮想戦記に世界が影響されて結果的にとんでもない世界にリンクすると思います。 版権問題とかがあるので、仮想戦記の設定は一から自分で組む羽目になりますが、何分分かり易さ重視のため、ギミックガジェットとして扱う仮想戦記はステレオタイプな大東亜勝利ものや信長脱出ものに偏ると思います。 最終的にどうなるかは、作者自身にもわかりません!(おい