恋愛/ラブコメ 短編集 連載中

君の特別になりたかった

作者からの一言コメント

一話完結の短編集です。甘さ控えめ塩分多め

「幸せな恋の仕方なんか忘れてしまった」 弱くてずるくてダメな人たちの、うまくいかない恋の話。甘さ控えめです。 ※タイトルに*が付いている話は百合です。苦手な方はご注意下さい。 表紙はノーコピーライトガールさんのイラストをお借りしました。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 君の特別になりたかった
作者名 沙耶
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 恋愛 日常 一話完結 失恋 オムニバス シリアス 現代日本 ビター 曖昧な関係 甘さ控えめ 塩分多め 悲恋 百合
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月28日 12時28分
最終投稿日 2020年11月28日 20時47分
完結日 -
文字数 10,029文字
ブックマーク登録 25件
コメント 8件
スタンプ 41件
ビビッと 4件
応援ポイント 39,000pt
ノベラポイント 50pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 優等生と劣等生の続編です。

    ♡172,400

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・529話・3,129,984字 和希

    2021年1月19日更新

    「へ?」 3人は靴箱の中味を見た。 上履きの上にそっと置かれてある白い封筒。 驚いた。 これってひょっとして噂の……。 「ちょっと貸せ!」 妹の天音が手紙を奪い取る。 そして読み上げる。 「なになに……『突然の事で驚いたでしょう。あなたの事が好きです。友達からでもいいので付き合ってください放課後体育館裏で待ってます』……これってラブレターじゃねーか!」 天音が大声で言う。 僕は天音の口を手でふさぐけど時すでに遅し。 人だかりが出来てる。 僕達はとりあえずその場から立ち去る。 天音は何か言いたげだったがとりあえず自分の教室に向かった。 「でも空、これ差出人の名前無いよ?」 姉の翼がそう言って手紙を返してくれた。 姉といっても双子なんだけど。 翼の言う通り差出人の名前が無い。 誰のだろう? 同じクラスの子かな? クラスを見回す。知ってる子は石原さんと栗林さんくらいか……あとはあまり面識がない。 でも同級生とも限らないか。 しかし僕以下の年頃で「つきあって」は無いだろ? 結論。いたずらかな? ドッキリ的な。そう考えた方がしっくりする。 僕は客観的に見て「人並み」くらいの才能はあると思うけど翼や天音みたいなチートじみた才能は持ってない。 僕に惚れるなんてことがあるわけない。考えるだけ馬鹿馬鹿しい。 だが、この一枚の手紙が大事件に発展するとは思ってもみなかった。

  • 犯した罪が消えないなら、せめて

    ♡9,510

    〇100

    恋愛/ラブコメ・連載中・131話・159,578字 星野 優杞

    2021年1月19日更新

    このお話は小説家になろうからの転載です。そちらでは完結してますが、こちらで少しずつ投稿していってみようと思います。 私は魔王。明日、人間たちに宣戦布告をする。 緊張はあるが、気分は良かった。 そう――――― 自称勇者が寝室の窓ガラスを割って侵入してくるまでは。 から始まる勇者様と魔王ちゃんのお話です。 一応明るいテンポでラブコメを目指しています。 勇者様は2週目なので1週目で色々あったんですけど勇者様がそれをしばらくまったく説明する予定が無いので魔王ちゃんたちはそれを知らずに物語が進みます。最初の方は勇者様が2週目なのは勇者様と読者様しか知りません。 たまにちょっとシリアスになったり、真面目になったりしますが、ギャグメイン時々恋愛なノリで書いていきたいと思います。4コマ漫画みたいな感じを小説で出したいなーと思いました。ショートでセリフ多めで書いています。 たまにちょっとシリアスになるところで、ちょっと残酷な描写があるかもしれないので念のためにその辺りのキーワードをつけておきます。