連載中 短編集

君の特別になりたかった

作者からの一言コメント

一話完結の短編集です。甘さ控えめ。

「幸せな恋の仕方なんか忘れてしまった」 弱くてずるくてダメな人たちの、うまくいかない恋の話。甘さ控えめです。 ※タイトルに*が付いている話は百合です。苦手な方はご注意下さい。 表紙はノーコピーライトガールさんのイラストをお借りしました。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 君の特別になりたかった
作者名 沙耶
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 恋愛 日常 一話完結 失恋 オムニバス シリアス 現代日本 ノベプラオンリー ビター 曖昧な関係 甘さ控えめ 百合
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月28日 12時28分
最終投稿日 2020年7月2日 19時12分
文字数 5,474文字
ブックマーク登録 3件
コメント/スタンプ 7件
応援ポイント 3,100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ーあなたの記憶を見せてくださいー

    ♡28,100

    〇20

    現代/その他ファンタジー・連載中・17話 カムクラ マカ

    2020年7月3日更新

    3分で読める物語を、たくさん詰め込んでいきます。 . . ネット小説だからこそ活きる文構成となっておりますので、かなり独特な構成となっております。ご了承ください。 . . ※後書きに用語解説や、作品の考察における参考になるようなものを載せておきます。 ですが物語の大半が「答えは読み手によって決まる」ようになっておりますので、あくまで参考程度に使っていただけると幸いです。 . . . 気付いたら僕は、記憶がなくなっていた。 記憶を思い出すべく、追懐の塔の番人と人々が塔に残した数々の思い出に触れていく…。 少年は記憶を思い出せるのかーーーー そして…追懐の塔の番人の正体とはーーーーー!?

  • 合法ショタが戦争に勝ち抜くお話

    ♡80,500

    〇1,400

    異世界ファンタジー・連載中・382話 金華高乃

    2020年6月27日更新

    死んだはずの僕が蘇ったのは異世界。しかもソーシャルゲームのように武器を召喚し激レア武器を持つ強者に軍戦略が依存している世界だった。 前世、高槻亮(たかつきあきら)は21世紀を生きた日本陸軍特殊部隊の軍人だった。しかし彼の率いる部隊は不測の事態で全滅してしまい、自身も命を失ってしまう。 しかし、目を覚ますとそこは地球とは違う世界だった。 二度目の人生は異世界。 彼は軍人貴族の長男アカツキ・ノースロードという、二十二歳にも関わらず十代前半程度でしかも女性と見間違えられるような外見の青年として生きていくこととなる。運命のイタズラか、二度目の人生も軍人だったのだ。 だが、この異世界は問題があり過ぎた。 魔法が使えるのはいい。むしろ便利だ。 技術水準は産業革命期付近。銃等の兵器類も著しい発展を迎える頃だから大歓迎であろう。 しかし、戦術レベルなら単独で戦況をひっくり返せる武器がソーシャルゲームのガチャのように出現するのはどういうことなのか。確率もゲームなら運営に批判殺到の超低出現確率。当然ガチャには石が必要で、最上位のレア武器を手に入れられるのはほんのひと握りだけ。しかし、相応しい威力を持つからかどの国も慢心が酷かった。彼の所属するアルネシア連合王国も他国よりはマシとは言え安全保障は召喚武器に依存していた。 近年は平穏とはいえ、敵国の妖魔帝国軍は健在だと言うのに……。 彼は思う。もし戦争になったらガチャ武器に依存したこの世界の軍では勝てない。だから、改革を進めよう。 これは、前世も今世も軍人である一人の男と世界を描いた物語。 イラスト:伊於様(Twitter:io_xxxx)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 2020年7月3日更新

    御船和士(みふねあきと)は引っ越してきたばかりの新天地となる学校の体育館裏で、炭酸ジュースを飲みながら泣いている白刃美銀(しらはみしろ)を見かけてしまい、無視することができずに思わず声を掛けてしまう。彼女が同じクラスでしかも隣の席であることなど予測できずに。 偶然の出会いから一瞬で御船に惚れ込んでしまった白刃は、あの手この手で自身をストレートにアピールし、クールに攻めていく。その好意になかなか気付かない鈍感な主人公を相手するうちに、行為はどんどんエスカレートしていく。 料理を振る舞ったり、喫茶店デートをしたり、さらに同じマンションに住んでいる事を知ってからは通い妻をしたりなど。 周りから見れば「すでに付き合っている」や「弱みを握ってる」と噂されるほどのじれじれなカップル。片方が直線的で、片方が曲線的な男女。 しかし、二人の出会いには理由があり、一目惚れにもわけがあった。 お互いの距離が縮まり、恋を自覚し、家庭環境や過去を少しずつ知っていくことで、主人公とヒロインが持つ重要な秘密が明らかになっていく。 それは、御船和士の中に「第二の人格」がいることだった。 ただ一人を愛することを誓った少女が、過去と決別するクールラブコメディ。 超えられないトラウマは、ない。

  • 記念告白のつもりが、ある意味大失敗!?

    ♡500

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・5話 さーしゅー

    2020年7月3日更新

    高校2年生有永拓也は、部活にも入っておらず、リア充グループに属しているわけでもないが、それでも楽しく過ごして来た。 ある晩青春ドラマを見て、青春っぽいことが出来ていないことに気づき、あの長谷川さんに告白をすることを決意。 何人もの告白を必ず断っている長谷川さんなら、確定で振られて後腐れも無く、<学校一の美少女に告白>のステータスまでついて来る。 この自惚れする天才的アイデアを即座に実行し、空き教室に長谷川さんを呼び出してみたが…… あれ⁉︎ 展開がおかしくない?? 毎週金曜20時に更新予定 *細かな変更を行うことが多々ありますのであらかじめご了承下さい。 *この作品はフィクションです、実在の人物や団体などとは関係ありません。 *この作品は『カクヨム 』にも掲載しております。 *追記6/12 説明文を変更しました。