現代/その他ファンタジー 長編 連載中

僕らが、明日を未来と呼んだ日

作者からの一言コメント

終わってしまった物語は、こんな風に始まる

"自分を信じれない少年"と"世界を信じれない少女"の300年を超える 誰も知らない青春の物語。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 僕らが、明日を未来と呼んだ日
作者名 左 阿千
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ ギャグ コメディ シリアス アクション/バトル ほのぼの 男主人公 現代日本 異能 近未来 日常 HJ大賞2020後期 ハッピーエンド
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2020年11月28日 13時02分
最終投稿日 2021年3月7日 21時49分
完結日 -
文字数 86,849文字
ブックマーク登録 18件
コメント 9件
スタンプ 21件
ビビッと 2件
応援ポイント 60,763pt
ノベラポイント 180pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 禁忌の儀式って、私がしたんじゃないのに

    ♡177,500

    〇6,195

    異世界ファンタジー・連載中・28話・124,586字 のぽぽん

    2021年3月4日更新

    その光景を瞳に映すだけで何もできずに見ていることしか出来なかった。 友の、母の、父の、知り合いの、その命がなくなるその時まで、身動きも、まばたきも出来ずに瞳に映し続けた。私自身、胸を貫かれ溢れる血液が温かいと感じる中で死の訪れを待っていることしか出来なかった。大量虐殺により同族の命を奪われた理由は『大罪の化身を呼び出す生贄とするために丁度良かった』から。”災厄の悪夢”としか呼べない大量虐殺犯は禁断の儀式で召喚した『何か』と共に飛び立っていってしまった。 けれど、”災厄の悪夢”に呼応し召喚されたのは大罪の化身じゃなかったらしいの。誰もいなくなり、死の間際に瞳が映す魔法陣の中央で”災厄の悪夢”を「儀式だけで望みが叶うと思うなんて莫迦にしてるわね」と嘲笑うように現れた真の『大罪の化身』に憑かれてしまった私。私はただ平和に、穏やかに、人並みに、いつか素敵な旦那様を捕まえて小さな家庭を切り盛りするのが夢だったのに・・・・・・なんで私に憑いてくるのよ!?禁忌の儀式してアンタ呼んだの私じゃないのに!!! 禁断の儀式で呼び出された大罪の化身を宿し、何もかもを失ったけど私が悪い訳じゃないんだから!きっちり復讐をして、普通に幸せになりたいの!小さくとも温かい平和な日々を過ごしていきたいの!!これは、種族絶滅という禁断の儀式で呼び出された『大罪の化身セルティ』と、セルティを身に宿した『ちょっと殺意高めな女の子リーフ』の復讐と幸せを掴むための物語。

  • 悪夢になろうとも、ただ君を守りたかった。

    ♡15,700

    〇10

    現代/その他ファンタジー・連載中・12話・36,970字 ぷりん頭

    2021年3月7日更新

    サントリナ王国とディアスキア王国で、資源をめぐる戦争真っ只中の世界。 高度な技術力を持つ、ディアスキア軍の機械兵士に押されつつあったサントリナ王国は、機械兵士に対抗する軍隊とは別の戦力【独立戦闘騎士団】を設立し、また騎士育成のための【王立騎士養成学校】を設立。 圧倒的な力で機械兵士をねじ伏せる力をもつ【独立戦闘騎士団】はディアスキア王国に悪夢を齎したことで【ナイトメア】と呼ばれるようになった。 こうして優勢となったサントリナ王国だが、本来の計画はまだ終わりを迎えていない。叡智の計画、【H計画】は始まったばかりなのだ。 王立騎士養成学校に通う、天才とよばれる青年レカム・スターチスもまた騎士を目指す、戦闘部隊の【騎士見習い】だった。 相棒のライラック・アイリスの発言でひょんなことから、指揮統括部隊の自称天才美女シオン・アングと出会う。 この出会いが、彼の運命を大きく変えていくことになる。 例えそれが仕組まれていた出会いだったとしても、君を忘れることはできない。 君の戦略的大勝利だ、俺は2度と、君には勝てない。 愛と悲しみの、儚く切ないふたりの物語。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 設定重視のシリアス小説をご堪能あれ。

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・2話・6,321字 ぽんず

    2021年3月7日更新

    スペックは高めだが、過去のトラウマで他人を信頼できず、ぼっちの高校生活を送っていた夜野煌16歳。 ある日、彼が眠りから醒めると、そこは謎の怪物が出没する不気味な町だった。 そこは、悪夢の世界『クレイドル』。突如として世界に発生した原因不明の謎の死病『悪夢症候群』の元凶であり、そこでの死が現実での死と直結するという、文字通りのデスゲームであった。 彼らを殺しに来る怪物。 それに対処するため、煌が与えられた能力はーー 「あの、何も書いてないんですけど」 「…は?」 持っているはずの能力も与えられなかった彼は、この「死の世界」を如何にして切り抜けるのか? そう。 彼が迷い込んだのは、数多の命が潰える、悪夢の世界。 紡ぐは、一人の青年が世界に叛逆する物語。 現実と悪夢が織りなす、希望と絶望の物語。 喜悦と悲哀が奏でる、欲望と惰性の物語。 世界が、終焉の淵に向かう物語。 ーー夜は、まだ更けたばかりだ。

  • よろしくお願いします。

    ♡1,500

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・9話・25,288字 m-t

    2021年3月7日更新

    日々の生活に面白味を見出せていなかった久遠竜也にはどうしても変えたい過去があった。それは中学時代に告白ができず、今は別々の道を歩んでいる幼馴染の藤宮志桜里との過去だった。ある日の夜、僕は夢を見ていた。それは手を伸ばせるのなら変えてしまいたいほど後悔しているあの出来事だった。だから僕は事実をねじ曲げるよう夢に手を出した。次の日、僕はいつも通り学校に登校していたつもりだったがいつもと違って見える光景に動揺していた。過去が変わっていたのだ…… 僕はその能力に虚像干渉と名を付けた。 しかし、虚像干渉を使える人間には永きに渡り背負ってきた宿命があった……

    タグ: