現代/青春ドラマ 長編 連載中

実話・ソープランドにタダで行く裏技・男にモテるキャバクラ嬢の極意

作者からの一言コメント

実話ソープにタダで通える裏技を紹介します

詳しくは第1章をお読み下さい。 2020年1月、私は警察から現行犯逮捕され、11日間、監禁されていました。 そして、遠回しな言い方ではありますが、精神異常者として、精神病院に長期間、監禁されたくなければ、警察の不正を「もうこれ以上告発するな!」という脅迫を受けました。 告発するなという脅迫の中核となった真実は、警察とオウム真理教の間には癒着があったという事実です。 じつは、オウム真理教が行っていたテレフォンクラブでは、警察官も電話番をやっていました。そしてここで得られた利益の一部が、サリン事件の資金となっているのです。 ちなみにサリン事件の死者は21人。負傷者は約7000人です。 この真実を告発するために、本書を書きました。 また、上の内容とは無関係なようにも、みえますが、第4章では「男にモテるキャバクラ嬢の極意」を書きました。とりわけ、これからキャバクラで働こうと思っている女性や、新人のキャバクラ嬢は、是非ともお読み下さい。 なお、この作品は「アルファポリス」に「実話/ソープにタダで通う裏技/男にモテるキャバクラ嬢の極意」という同じタイトルで、 また「小説家になろう」にも、「実話・ソープランドにタダで通う裏技・男にモテるキャバクラ嬢の極意」というタイトルで 「novelist.jp」には、「実話・ソープにタダで通う裏技・男にモテるキャバクラ嬢の極意」というタイトルで 掲載させて頂いています。

前へ

次へ

前へ

作品情報

作品名 実話・ソープランドにタダで行く裏技・男にモテるキャバクラ嬢の極意
作者名 匿名希望
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ ソープランド キャバクラ 警察 警察の不祥事
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年1月8日 18時00分
最終投稿日 2021年2月11日 23時00分
完結日 -
文字数 86,385文字
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • こじらせてる幼馴染との恋の行方は?

    ♡219,641

    〇2,848

    恋愛/ラブコメ・連載中・19話・21,775字 ほしのななか

    2021年3月5日更新

    恋心をこじらせている少女『柏オトメ』 そんなオトメを好きな『北見コタロー』 こじらせている『オトメ』を見守り、かき回され『コタロー』の日常は過ぎていく。 【表紙は『魅羅ちぇ555様』に描いていただきました】

  • 敵視を集める魔法で少年は成り上る。

    ♡111,950

    〇560

    異世界ファンタジー・連載中・58話・194,460字 (有)八

    2021年3月5日更新

    「親父! 俺冒険に出たい!」 「は? いや、無理だろ常識的に考えて」 即答……きっと冒険者の母さんなら、背中を押してくれるはず――。 「それは無理よ常識的に考えて」 魔術師を夢見る少年タクトは冒険に出たかった。しかし―― 世界にはモンスターが溢れている。 男は冒険者になれない、それは魔法が使えないから。 魔法が使えるのは女だけ……それが常識だった。 夢を否定され、意気消沈するタクトの前に一人の老婆が現れる。 老婆はかつて、この世界を作り変えた『憎しみの魔女』と呼ばれる人だった……!! 「お前さんに魔法を使わせてやろう」 この奇跡の出会いによって、タクトの冒険者としての道が開かれたのだ。 これで俺も魔術師になれる……!! 「お前はもう息子ではない! 今すぐ村を出て行け!!」 「……え?」 魔女から与えられた力、それは普通の魔法ではなかった。敵視《ヘイト》を自身に集める魔法。使えば周りは敵だらけになる。 両親から憎まれ、村を追放されたタクトは決意する。 馬鹿にしてきた奴らを見返して、最強の魔術師になってやるッ!! これは、与えられた特異な魔法を武器に、世界でたった一人の“男の魔術師”を目指す俺の物語だ。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 将棋部だけど・・・将棋しようよ・・・。

    ♡400

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・2話・3,698字 takemot

    2021年3月6日更新

    放課後、将棋部の部室。僕、先輩、先輩の妹、3人で活動中。将棋部なのに、将棋以外のことばっかり。だって仕方がないよね。青春は、待ってくれないんだから。 妙な関係の3人でお送りする日常、ドタバタコメディーです。

  • 2021年3月6日更新

    【自分の限界を超えていけ】 「ようこそ、明鈴高校女子野球部へ」 全てはこの一言から始まった。 ────やっぱり野球が好き。 怪我で野球を辞めた高校生、藤崎巧は監督としてグラウンドに戻っていた。 巧が高校に入学して数日、中学時代の知人、明鈴高校女子野球部の『大星夜空』と再会した。 「アドバイスだけでもお願い!」 「夜空さんがやればいいじゃないですか」 「私感覚派だし、明日の練習試合を見てアドバイスをくれるだけでいいから!」 「それくらいなら……」 夜空のお願いを巧は渋々引き受ける。 そして翌日、練習試合の途中で夜空はとんでもないことを言い始めた。 「監督やってみない?」 一試合限りの監督をすることとなった巧は見事勝利を収めることに成功した。 そして試合後も勧誘を受け続ける。 監督を引き受ける気のなかった巧だったが、女子野球部のしつこい勧誘にうんざりしていた。 「私たちが勝ったら監督をする。負けたら勧誘はもうしない。だから勝負してよ」 「嫌だ」 「もしかして自信ない?」 同じクラスで女子野球部の神崎司の策略(挑発)よって、今後のしつこい勧誘をしないことを条件に女子野球部と対決する。 ──そして、 明鈴高校女子野球部の監督として藤崎巧はチームを導いていくこととなる。 派手なプレーとは裏腹にどこか闇を抱える全国総合力ナンバーワンワンのキャプテン、大星夜空。 怪我で野球を辞めたが、マネージャーとしてチームを支える、かつての全国ナンバーワンヒッターの本田珠姫。 県内トップクラスのピッチャーで巧にライバル心を抱く、クールで負けん気の強い瀬川伊澄。 煩くチームのムードメーカーながら繊細な守備でオールラウンダーな姉崎陽依。 地味で清楚な見た目からは予想とつかない嫌らしいリードを得意とするキャッチャーの神崎司。 高身長で豪速球を投げるがプレーはまるでど素人な豊川黒絵。 美少女だらけの明鈴高校女子野球部に巧は半ば強引に入部させられることとなる。 独特な個性を持つチームメイト、美少女の中に一人の男子。 美少女に囲まれながらハーレムとはほど遠い野球漬けの毎日。 明鈴高校女子野球部は、高校野球の全国大会、甲子園を目指す。