完結済 長編

友達としかみられない

作者からの一言コメント

この言葉で振られた、全ての同士へ捧ぐ。

現代の大学を舞台にした、『死神盗難事件』! 『日常の謎』なので、人は殺されません。 大学4年生の初夏。 渡貫 詳(わたぬき しょう)は、『お悩み相談サークル』に所属している。 気の強い後輩、角川 貴理(かどかわ きり)に振り回されながらも、他人の悩みや、持ち込まれる些細な謎を解決することで自尊心を満足させる、虚しい毎日を送っていた。 そんなある日、詳自身が盗難に遭ってしまう。 割引券、鑑賞券、小冊子という一見無価値なものが次々盗まれ、ウェブ新聞記事のコピーと思われる紙切れと、『死神』のタロットカードが残される奇妙な連続盗難事件。 いつも通り貴理に押し切られ、詳はその事件の解決に乗り出す羽目になる。 犯行の法則性は何なのか? 犯人は誰なのか? その目的は? 『人間は根源的に時間的存在である』 ハイデガーの言葉通り、人は過去からは逃れられない。 *この作品は『小説家になろう』、『カクヨム』でも公開しています。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報
作品名
友達としかみられない
作者名
ルン
ジャンル
ミステリー
セルフレイティング
なし
初掲載日
2020年3月5日 18時49分
最終投稿日
2020年3月22日 16時47分
文字数
95,166文字
ブックマーク登録
98件
コメント/スタンプ
233件
応援ポイント
103,615pt
ノベラポイント
752pt
応援レビュー
1件
誤字報告
受け付けています