ミステリー 長編 完結済

友達としかみられない

作者からの一言コメント

この言葉で振られた、全ての同士へ捧ぐ。

現代の大学を舞台にした、『死神盗難事件』! 『日常の謎』なので、人は殺されません。 大学4年生の初夏。 渡貫 詳(わたぬき しょう)は、『お悩み相談サークル』に所属している。 気の強い後輩、角川 貴理(かどかわ きり)に振り回されながらも、他人の悩みや、持ち込まれる些細な謎を解決することで自尊心を満足させる、虚しい毎日を送っていた。 そんなある日、詳自身が盗難に遭ってしまう。 割引券、鑑賞券、小冊子という一見無価値なものが次々盗まれ、ウェブ新聞記事のコピーと思われる紙切れと、『死神』のタロットカードが残される奇妙な連続盗難事件。 いつも通り貴理に押し切られ、詳はその事件の解決に乗り出す羽目になる。 犯行の法則性は何なのか? 犯人は誰なのか? その目的は? 『人間は根源的に時間的存在である』 ハイデガーの言葉通り、人は過去からは逃れられない。 *この作品は『小説家になろう』、『カクヨム』でも公開しています。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 友達としかみられない
作者名 ルン
ジャンル ミステリー
タグ シリアス 男主人公 現代日本 学園 部活動 日常 ハッピーエンド 謎解き 大学 日常の謎 探偵 青春
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年3月5日 18時49分
最終投稿日 2020年5月2日 19時06分
文字数 86,670文字
ブックマーク登録 376件
コメント/スタンプ 1,498件
応援ポイント 801,188pt
ノベラポイント 9,089pt
応援レビュー 7件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 性格の良くない三人組の依頼解決物語

    ♡155,200

    〇2,115

    童話/絵本/その他・連載中・58話・140,797字 砂乃路傍

    2020年9月28日更新

    ここは大宇宙。アンドロメダ銀河の片隅にある、水が豊かなアルビオン星。しかし、目に見える差別もあり、目に見えない差別もある。 差別のある窮屈な世の中だから、いい奴ばかりじゃない。 でも、わるい奴ばかりでもない。 そんな世界の隙間を縫いながら、たくましく生きていくネスファ、ベル、ミオ。性格の良くない三人組は貧乏暇なし。 三人組は昼夜問わず、口八丁手八丁。これも全部、依頼解決のため。 ベル「ブエノスディアース」 ネスファ「ようこそ、こちらブロッサム相談所」 ミオ「立ち話も何です。さあ、おかけになって下さい」 三人揃って、今日も来客を迎える。 ※すべてフィクションであり実在の人物・団体・法律等とは一切関係ありません。 ※表紙画像は左から、リンドウの花、ヴィオラ(紫)の花、デイジーの花です。 ※2020 9/15 ジャンル別ランキング1位 ノベプラオンリーランキング1位 総合ランキング3位 となりました。 普段、作者はランキング等は気にかけていませんが、これは応援してくださっている読者の皆様が作り上げてくれた結晶だと思っています。 その結晶に対する御礼の意味も込めて記させていただきます。

  • レンはこの異世界で生活を楽しむ!

    ♡317,984

    〇46,200

    異世界ファンタジー・連載中・75話・242,069字 ネコカレー

    2020年9月23日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる、転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムのレム、メイドのミュウ、ギルドマスターのセレナと共にギルド結成!! レンはレベルアップして召喚石で召喚獣のライとアンジュをサモン!二人がスキルで人の姿に変身!? レン達は様々な大陸や時にだれもいったことがない未開の地に足を踏み入れりと!! この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! 【ジャンル異世界ファンタジー】ランキング日間週間と月間1位を獲得しました!いつも読んでいただきありがとうございます! 感想やポイントなどもらえると小説の励みになります!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 過去に書いた殺しの美学の改訂版

    ♡9,600

    〇0

    ミステリー・連載中・104話・72,998字 村上未来

    2020年9月28日更新

    感情の無い園山美玲は、産まれて初めて興味の持てるものを見つけた。それは人を殺す事。絶対無二の美しさを持つ彼女は学習する為、様々な生物を殺し始める。そして… 皇伊織は神になりたかった。頭脳明晰な彼は神になりうる手段を模索していた。そして催眠術と出会った。不可能と言われる催眠術を使っての殺害を繰り返し続ける伊織は、美玲と出会う。 美玲と伊織が出会った瞬間、何かが起こった。 寝た切りの絶対的存在の父親に殺人を強要される少年 記憶を無くした美少女 愛する者を殺され心が壊れた少年 幾人もの普通とは異なる人種達のストーリーが、やがて1つになる 過去に書いた殺しの美学の改訂版です。内容が少し変わります。

  • 本格ミステリーの範疇に留まるか否か?

    ♡9,600

    〇2

    ミステリー・連載中・22話・47,085字 司弐紘

    2020年9月28日更新

    いわゆる、売れない小説家である所の志藤俊平。 次回作に向けて、新しい担当になった永瀬仁紀よりある提案を受けた。 それは、志藤のスマッシュヒットとも言うべき作品に登場する「青田」という男を登場させてはどうか? ……という物だった。 渋る志藤に向けて、永瀬はこんな話を仕入れていた。 「自殺とも、事故死とも、他殺とも判断出来ない不自然な死がありましてね――」 それを青田にぶつけようという話だったが、果たして?