ミステリー 長編 完結済

友達としかみられない

作者からの一言コメント

この言葉で振られた、全ての同士へ捧ぐ。

現代の大学を舞台にした、『死神盗難事件』! 『日常の謎』なので、人は殺されません。 大学4年生の初夏。 渡貫 詳(わたぬき しょう)は、『お悩み相談サークル』に所属している。 気の強い後輩、角川 貴理(かどかわ きり)に振り回されながらも、他人の悩みや、持ち込まれる些細な謎を解決することで自尊心を満足させる、虚しい毎日を送っていた。 そんなある日、詳自身が盗難に遭ってしまう。 割引券、鑑賞券、小冊子という一見無価値なものが次々盗まれ、ウェブ新聞記事のコピーと思われる紙切れと、『死神』のタロットカードが残される奇妙な連続盗難事件。 いつも通り貴理に押し切られ、詳はその事件の解決に乗り出す羽目になる。 犯行の法則性は何なのか? 犯人は誰なのか? その目的は? 『人間は根源的に時間的存在である』 ハイデガーの言葉通り、人は過去からは逃れられない。 *この作品は『小説家になろう』、『カクヨム』でも公開しています。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 友達としかみられない
作者名 ルン
ジャンル ミステリー
タグ シリアス 男主人公 現代日本 学園 部活動 日常 ハッピーエンド 謎解き 大学 日常の謎 探偵 青春
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年3月5日 18時49分
最終投稿日 2020年5月2日 19時06分
完結日 2020年5月2日 19時06分
文字数 86,670文字
ブックマーク登録 417件
コメント 350件
スタンプ 1,826件
ビビッと 61件
応援ポイント 1,179,100pt
ノベラポイント 14,279pt
応援レビュー 9件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 死刑執行班・ユーラシア大陸支部

    人殺しが許された職業のお話です。

    6,200

    0


    2021年4月13日更新

    この世界で唯一、人殺しが許された職業。 死刑執行人。 世界に3つしかない死刑執行班。俺はそのユーラシア大陸支部に勤めている。 犯罪に対する法律に革命が起き、1人殺した瞬間に即死刑。そして、死刑囚は被害者と同じ殺され方で人生の幕を閉じなければならないという法律が新しく制定された。これはその死刑囚を殺し、世を平和にするために人を殺す職に就く1人の男の話。 掃除屋────それは、大陸を震撼させている犯罪組織の呼び名だ。突如として活動を始めた組織、そしてもう一つの謎のグループ。死刑執行班は、正しき者のみを地獄に送ることを命じられ、三つ巴の戦争を始める。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間42分

    この作品を読む

  • ハッピーエンドが書けなくて

    山奥に集められたのは、変人小説家ばかり

    900

    0


    2021年4月13日更新

    ハッピーエンドが書けない小説家・夢見幸は執筆の息抜きのためにと向かった富豪のパーティーで殺人事件に遭遇する。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:31分

    この作品を読む