恋愛/ラブコメ 短編 完結済

お前って本当に男子だったの!?

作者からの一言コメント

初BLです。優しい目で見てください

読了目安時間:5分

BL、初めて書きました。 初めてなので、至らないところもあるとは思いますが、読んでいただけると嬉しいです。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 お前って本当に男子だったの!?
作者名 ここあ
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ BLフェア2020 男主人公 BL 薔薇 女装男子
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年11月13日 12時19分
最終投稿日 2020年11月13日 12時21分
完結日 2020年11月13日 12時21分
文字数 2,582文字
読了目安時間 5分
ブックマーク登録 2件
コメント 2件
スタンプ 7件
ビビッと 0件
応援ポイント 6,400pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 【連載】魔力が強すぎる令嬢は森の奥でこっそりと育てられました

    生まれた赤ん坊の魔力が強すぎた

    0

    0


    2021年7月30日更新

    生まれた赤ん坊の魔力が強すぎたため、森の奥でこっそり育てられる話。

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 令和十文字つやばなし

    一寸Hな十文字を君に

    77,191

    165


    2021年7月30日更新

    牧田紗矢乃=サンの『10文字怪談集』にインスパイアを受けて、十文字で描かれるちょっと? いやさ、かなりえっちっちな言葉遊びの恋愛系な短編集。 いろは歌による第1弾『いろは十文字つや巡り』(10月20日から12月7日まで) 12月1日から2021年1月15日まで『つや話 歳末ひめめくり』 1月16日から2月19日まで『春遠からずや 艶咲き桜』 2月20日から3月26日まで『春よ恋 蕾ほつれる 艶桜』 3月27日より4月30日は『春爛漫 風も嵐も つや桜』 5月1日から6月10日までが『初夏薫風の あいそら囃』 6月11日から7月21日までは『 盛夏燎原の なつぞら祭』 7月22日から8月31日の期間では『晩夏星晨 ほしぞらの宴』 ※この作品は15歳以上推奨です。お赤飯前の少女やエッチに対して免疫のないショタっ子、夜の営みに対してアレルギーを引き起こす方はブラウザバックを推奨いたします。 ※時折、ネット上で起きた出来事をネタにしたものも在りますが、笑って読んで下さいませ。 ※想像力が足りないと、わからないような表現があります。 本編開始:202010200721 この作品は、殆んどがフィクションです。 実際の人名・地名や団体、出来事等は(一部エピソードを除いて)架空のものです。 そしてこの作品は、犯罪や悪事を推奨する作品では御座いません。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界に魔神召喚された忍者、一族の復讐をここで果たします~忍者なのに魔力一億??~

    新しいジャンルに挑戦

    800

    50


    2021年7月30日更新

    特異能力を持つ一族の末裔だったカイトは、自分以外の一族を殺した兄への復讐心に燃えていたが、なぜか異世界に魔神召喚されてしまった。魔法は使えないが、特異能力によって敵を一掃。最強魔神として生きることになるが、この世界に同じ世界から来た忍者がいることを知り…… 異世界召喚×忍者×復讐劇

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 引きこもりを夢見るオタクOLですが、ヤンデレ御曹司に婚姻届を突きつけられています

    ヤンデレ御曹司×オタクOLのラブコメディ

    81,100

    100


    2021年7月30日更新

    『大野美也』は『少しだけ怠惰』で、『オタク』なOLだ。 『宝くじが五億円当たったら、好きなことだけをして引きこもってくらしたい』 そんないつもながらの妄想しをながら仕事を終わらせ、今日も変わりない一日が終わった……と思いきや。 社長令息で上司でもある『栗生透』に退勤後になぜか捕まってしまった。 栗生は御曹司で仕事もでき、見た目もよく人当たりもいいパーフェクトな人間だ。 美也との接点はふだんはまったくない。 『なにか仕事のミスでもしたのだろうか』 そんなことを考えてびくびくとする美也だったが、目の前に差し出されたのは……一通の『婚姻届』だった。 「はい、大野さん。これにサインしてね」 栗生は――いつもの人好きがする笑顔で美也にそう言った。 求婚される心当たりが一切ない。なので当然、この申し出を断る美也だったが…… 「僕と結婚したら、君が望む極上の『引きこもり』生活を提供してあげられるよ」 そんな言葉につられて、ついうっかりサインをしてしまう。 だけど栗生は……閉じ込めて甘やかしたいタイプのヤンデレだったのだ。 ヤンデレ夫に甘やかされつつの、極上の引きこもり生活がはじまりを告げる。 「オタク系イベントの時は、外に出してよ!」 「……それは、美也ちゃんの行い次第かな」 外での趣味の時間を勝ち取るためには、夫の機嫌を取らねばならない。 趣味の喜びを勝ち取るために、あれやこれやの恥ずかしいことをさせられて……。 「あれ。これってすごく『労働』してない? というかこれって監禁……?」 時々我に返りつつも、明るい『引きこもり』生活は続く。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:56分

    この作品を読む