完結済 短編

隣りの席の金剛さん。

作者からの一言コメント

この中に2か所、捏造がある!!

過去の実話を元にした青春モノです。 でもなんと、この中に2か所捏造があります。 どこか捏造か、考えてみる系さわやか青春文芸、 ノベプラを駆ける!! 短編完結済みですたい。 表紙絵はウラヌス様に頂いたファンアートです。 ありがとうございます!!

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 隣りの席の金剛さん。
作者名 寝娘
ジャンル 文芸/純文学
タグ
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年2月20日 22時32分
最終投稿日 2020年2月20日 23時33分
文字数 16,881文字
ブックマーク登録 18件
コメント/スタンプ 18件
応援ポイント 18,750pt
ノベラポイント 160pt
応援レビュー 2件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 死んだ軍人のやり直し革命譚

    ♡15,900

    〇131

    文芸/純文学・連載中・35話 秋澤えで

    2020年5月31日更新

    あの夕方、俺は死んだはずだった。革命軍としてメタンプジコーズ王国に逆らい、総長を奪われた。処刑台へと走り、間に合わず、仲間であり友人である彼が処刑する様を、俺はただ見ていることしかできなかった。がむしゃらに、落とされた首に駆け寄って、それからすぐに俺も首を落とされた。見事な犬死だった。 なのに、なぜか俺は生きていた。浴びていた血も、折れた左腕も元通り。周りを見れば処刑場でも何でもない、いつかに滅びたはずの自身の故郷だった。そして自身が18年前に戻っていることに気付く。「これなら、助けられる……、」何が起きたかはわからないが、もう一度チャンスが与えられたことは理解できた。「もう二度と、死なせてたまるか。」 殺されたはずの革命軍人のやり直しファンタジー戦記

  • 不思議な世界に迷い込むお話です

    ♡300

    〇0

    文芸/純文学・連載中・26話 齋藤月子

    2020年5月31日更新

    ある日、絵を描くのがつまらなくなってしまった。これまでずっと楽しめていたものがつまらなくなってしまった。このまま何もかもつまらなくなってしまったらどうしよう。恋人のユーマ君と話すのは楽しいから、きっと何もかもがつまらなくなってしまったわけではない。 それでもどこか得たいのしれない静けさに、何かしなければならないと思った私は小説を書くことにした。誰にも話したことがないけど小説を書くのもずっと好きで、もしこれが楽しくなくなっていたらそれは一大事だ。 気がついたら、設定も何も考えずに適当に書き始めた物語の世界にいた。 私はどうにかして帰るべく、主人公を追いかけることにした。

    タグ:

    女主人公