完結済 短編

奇跡。

作者からの一言コメント

思春期。絶対的障壁を前に、奇跡は動きだす

奇跡は突然、舞い降りる。 『思春期』。 男女という絶対的、絶望的違いを前に、疎遠になった幼馴染の間にだって。 奇跡は動き出す。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 奇跡。
作者名 猫板家工房
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 現代 恋愛 思春期 学園 幼馴染 奇跡 日常 魔法
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年1月4日 22時33分
最終投稿日 2020年1月4日 22時33分
文字数 4,520文字
ブックマーク登録 0件
コメント/スタンプ 2件
応援ポイント 200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 【7/1に1巻発売が決定!!】

    ♡963,895

    〇45,722

    恋愛/ラブコメ・連載中・80話 上村夏樹

    2020年5月28日更新

    ※第1回ノベルアップ+小説大賞受賞作。書籍化決定です! 雪菜先輩は俺と同じアパートに住んでいるお隣さんだ。 ドSで毒舌少女の雪菜先輩は、俺の部屋に来ては罵倒と寝技、ときどき足技で俺を攻撃してくる。 「お仕置きしてほしいの? 欲しがりな豚ね。踏んであげるわ」 「ふふっ。だらしないオス顔……ざまぁないわね」 このように、女子高生に踏まれるのが俺の日常になりつつある。 しかし俺は知っている。あのドSな態度は過剰な照れ隠しで、本当は俺と仲良くなりたいってことを。 だって……隣の部屋から雪菜先輩の『デレ』が聞こえてくるんだ!! 『えへへ。今日も大好きな啓太くんのお部屋でいっぱいお話しできたー! 明日こそ、好きって言えるといいなっ』 部屋の壁越しに毒舌少女のあまーい本音が聞こえる、恋人未満の甘々いちゃいちゃ日常ラブコメ開幕! 学園要素も少しあるよ!

  • チートなし。少年よ、絶望に染まれ。

    ♡889,300

    〇35,000

    異世界ファンタジー・連載中・74話 朝食ダンゴ

    2020年5月29日更新

    第二回ノベプラ大賞応募作品。 日常に飽き飽きし、異世界に憧れる高校生カイトは、不幸にもトラックに轢かれ異世界へ転移を果たす。 転移の際、女神に言い渡されたのはチートなしの宣告。 意気揚々と異世界に乗り込むカイトであったが、たどり着いたのは血と死臭に満ちた戦場のど真ん中であった。 大気にあまねくマナはカイトにとって猛毒。 容赦なく襲い来る魔族と、カイトを敵視する人間たち。 絶望の中で、カイトは亡き妹との約束を思い出す……。 異世界チート無双へのアンチテーゼ。 異世界に甘えるな。 自己を変革せよ。 チートなし。テンプレなし。 異世界転移の常識を覆す問題作が、ノベルアップ+に登場。 ――この世界で生きる意味を、手に入れることができるか。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • カオスハーレムラブコメで頭痛くなってね!

    ♡600

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・20話 桜祭

    2020年6月3日更新

    妹!妹!妹! 義妹ハーレム! 妹以外のハーレム有り! 俺の16歳誕生日に贈られた誕生日プレゼントは――妹でした。 ほとんど何も知らない義理な妹に必死に悩む俺。 ほとんど何も知らない俺に甘えてくる妹。 そして、時が少し流れると妹がいつの間にか4人の義理の妹達が増えていた!? 俺一人で妹5人抱えきれるのか!? 恋「私がお兄ちゃんの誕生日プレゼントです~」 達裄「ごめんねぇ、うちの姉が迷惑かけて。出口あっちだから」 恋「って、なんか私が頭かわいそうな人じゃないですか!?」 甘えん坊だけどしっかり者の長女、遠野 恋。 不思議系なミステリアスの次女、遠野 葉子。 元気なムードメーカーの三女、遠野 音。 マイペースな我が道をゆく四女、遠野 瑠璃。 ツンツンな生意気末っ子、遠野 めぐり。 ……まじか!? 検索 シスコン 義妹 ハーレム 萌え? シチュ エロ パロディ ギャグ メイド ロリコン 攻略出来ない、解説されない、お嬢様でもツンデレでもない金髪ツインテールの作者から優遇された可愛くて可愛くない伝説の不遇な後輩西川流亜 ※まだ構想段階でキャラクターの特徴が変わる可能性がございます。ご了承ください ※ラブコメなのに最強主人公のチート属性持ちです ※最近妹よりも妹じゃないキャラのハーレム多いです アルファポリス、カクヨム、エブリスタ、ノベルバにも掲載されています。

  • 美少女アシスタントが来れば、執筆も捗る?

    ♡700

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・4話 すうがく。

    2020年6月3日更新

    片桐直人(16)は、妄想が得意である。モテない寂しさを癒すため、女の子と結ばれてイチャイチャする妄想を毎日のようにしていた。その妄想を漫画という形に落とし込むと、新人賞を突破し、いつの間にか人気漫画家になっていた。 プロの漫画家としては珍しく、アシスタントを使わずにやっていたが、毎週のように締切を破ることから担当にアシスタントをつけることを強制された。それでやってきたのは、なんとクラスメートの超絶美少女、天霧紫音だった! モテない漫画家と超絶美少女アシスタントの毎日が、はじまろうとしていた――