連載中 長編

転生勇姫

作者からの一言コメント

おっさん勇者はプリンセスに転生しました。

世界を救った伝説の勇者の次なる生はお姫様でした、が旧タイトル。 つまりはそういうお話です。内容が内容なのでいろいろ注意。中身がおっさんなお姫様とか。 乙女ゲームっぽさを目指していたつもりがどうしてこうなった感。一部挿絵つきです! 要素として一応含まれているためTSタグをつけています。 ちょっとしたラブコメ要素はありますがエロはありません。 話数・文字数の関係で長編になっておりますが軽くてゆるーいお話です。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 転生勇姫
作者名 万十朗
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 勇者 魔王 コメディ ほのぼの 転生/転移 TS 日常 ラブコメ ラブコメ……?
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年2月11日 21時05分
最終投稿日 2020年5月20日 22時54分
文字数 92,023文字
ブックマーク登録 15件
コメント/スタンプ 12件
応援ポイント 5,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ヴァンキッシュド・クイーンズ復活してー!

    ♡11,100

    二次創作・連載中・6話 ゴブリン山賊団

    2020年7月3日更新

    気高く、美しい美闘士達の完全敗北… 美闘士達は知っていただろうか? 敗北の先に、さらなる絶望があることに…

  • 夢の超光速機関には人類の罪が隠されていた

    ♡11,100

    〇50

    SF・連載中・46話 K1.M-Waki

    2020年7月4日更新

    現在から少し先の未来、人類は苦しんでいた。 人口爆発──それは、貧富の差を拡大し、差別を助長し、不正と貧困を栄養にして、大きく育っていた。発展途上国であふれた難民は、先進国になだれ込み、経済発展の足を引っ張っていた。 『このままでは共倒れになる』 地球人類を牽引する先進各国は追い詰められていた。 そこで、人口爆発の解決方法として、人類は地球圏外への移住を計画した。 スペースコロニー、月面基地、太陽系惑星のテラフォーミング……全てが失敗し、人類に明日はないかに見えた。 だが、そんな中、三人の科学者──エトウ(Etoh)、スズキ(Suzuki)、パウリ(Pauli)らにより超光速推進機関が発明されてしまった。三人の頭文字を冠して『ESPエンジン』と名付けられたそれは、光速の壁を突破し、何百光年もの距離を隔てた宇宙の果てまで人類を送り出すことに成功した。これにより、人類は太陽系から外宇宙へと進出し、銀河を探索できるようになった。 そして、第七十七太陽系発見に因んで名付けられた六隻目の超光速移民船──ギャラクシー77が、地球を出港し、大銀河の大海原へと飛び立った。 これは、とある事がきっかけでギャラクシー77のパイロットに選ばれた少女の物語である。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 2020年7月4日更新

    「ムンク、君何もしないし首ね」 「そんな!? 明日からどう生活しろって!? まともな労働とか僕無理だよ!?!?」 ムンク・ノースフィールドはクソニートである。 戦闘になるとやることがないので、ゴロゴロと寝っ転がっているぐらい何もしないクソニートである。 何の因果か魔王軍と闘う勇者パーティーに入っていたが、クソニートしていたら遂に首になってしまった。 今まで、勇者パーティーということで食うことには困らずだらだらと自堕落に過ごしていただけあって無一文。 仕方なく、ムンクは【祝福特技(ギフト)】の詐欺能力を活かし何でも屋で生計を立てようとするが、なかなか上手く行かず……? 同僚の黒髪美少女魔術師にぶちギレられては吹き飛ばされる日々を送ることに。 「いい加減働かないと! 地の果てまでぶっ飛ばすわよ!!!」 「え、ちょっ!? まっーーギャアアアアアアア」 これは神涜者とまで言われた詐欺師が働きたくないと泣きながら、厄介事に巻き込まれていく物語である。

  • 7900PV感謝であります!

    ♡266,000

    〇2,750

    異世界ファンタジー・連載中・378話 雨宮ソウスケ

    2020年7月4日更新

    もと騎士である青年アッシュと、彼の義理の娘とも呼べる少女ユーリィは平和で有名なアティス王国に訪れていた。 この国を第二の故郷とし、人が乗る巨人・鎧機兵の工房を開くためだ。 しかしどうにか工房も開く事が出来た二人だが、客が一向にこない。 そこで二人は街へ客を探しに赴くのだが……。 アッシュは雄々しく宣言する。 「見てろよ。ここが俺の新しい戦場なんだ。俺は必ず勝ち抜いて見せるぜ!」 そしてユーリィは呟く。 「……まさか、いきなり野たれ死ぬ危機がくるとは思わなかった」 一応、王道っぽいファンタジーを目指した作品です。少しでも楽しんで頂けたら幸いです。 □表紙イラストは『マグネットマクロリンク』さまより頂いたものです。 □最新話は『マグネットマクロリンク』さまとなります。 □『小説家になろう』さま『カクヨム』さま『アルファポリス』さま『マグネットマクロリンク』さまでも投稿しています。 □本作のクロスオーバー作品『悪竜の騎士とゴーレム姫』も投稿しております。よろしければそちらもよろしくお願いいたします。