連載中 長編

僕と閣下の三國志ではなく四國志?

作者からの一言コメント

なろうサイトで20万PVを突破した作品

なろう様のサイトで20PV行っている作品ですのでお時間あれば一度お読みください 主人公高野晋作は、ごく普通の高校生なのである。 だが少しといか、まあ、よく見受けられる人だというか……まあ、あれです作者もそうなのですが。スマートフォンのアプリゲームをこよなく愛する少年なのだよ。 特に主人公晋作がこよなく愛するゲームは三国志のシリーズ物で。キャラクターカードを課金ガチャにて集めて戦いをするゲームなのだが。 ある日突然アプリを起動すると、自分自身が今迄、お小遣いやお年玉をつぎ込んで集めた、虎の子キャラクターがみな消えているのですよ。 だから晋作は慌てて、運営にラブコールをしたのですが。反ってきた言葉は、運営会社すら、いつ終わるか解らないメンテナンスに入ってしまい。彼は呆然と泣き崩れてしまう。 そんな泣いてる晋作スマートフォンの画面の中から、シャキシャキと話し掛ける不思議なダークエルフの少女に彼は魅入り一目惚れ……。 すると彼女も主人公晋作の事が気に入ったと、だから自分自身養ってやるから、婿に来いと迫ってきたのだよ。 だから主人公の晋作は少し悩むが、他人にダークエルフの少女を取られたくないから、彼女の住んでいる世界に行く事を決意。 でッ、その後、少女名を良く聞いてみると、三国志史上悪役で名高い董卓だと申してきたのですよ。 でも、主人公惚れた弱みと言う奴で、火あぶりの刑になろうとも董卓に寄り添い最後まで一緒にいるのだと決意をしながら、漢の丞相である彼女に連れられて、ゲームの世界へと旅立つ主人公晋作なのだが。 いざゲームの世界の洛陽につくと、今度は金髪の戦姫……。 それも三国志最強と名高い、一騎当千万夫不当の呂布奉先に襲われ絶対絶命……。 ラブコメ・剣と戟とが交じりあうハーレム戦記……。 彼は第二の高祖──劉邦になり、漢帝国を続行出来るのだろうか? 三国志のゲームの世界へと、ファンタジー物語始まります。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 僕と閣下の三國志ではなく四國志?
作者名 かず斉入道
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 董卓・呂布 三国志 複数のヒロイン ラブコメ要素あり ファンタジー 架空戦記・多種族 武将女体化
セルフレイティング 暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2019年7月22日 7時00分
最終投稿日 2019年9月4日 18時00分
文字数 27,551文字
ブックマーク登録 6件
コメント/スタンプ 26件
応援ポイント 2,800pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 【2日でpv300】勇者様を、討伐せよ!

    ♡10,900

    〇150

    異世界ファンタジー・連載中・7話 麗音

    2020年7月12日更新

    魔王エルメスが人類に宣戦布告して10年。 強大な魔王軍の力を前に、何万もの人が命を散らしていった。その現状を目の当たりにし、力も魔力も魔族に劣る人族を不憫に思ったのか、絶対神ローレライは人間に、魔物を倒すと上がる序列( ランク)という概念を与える。 教会の枢機卿から撤退命令を受けた、僧侶( プリースト)の俺は、最前線から八年ぶりに王都へと帰還する。教会暗部の、秘特階級( シークレットランカー)として。俺は、SSS級の極秘任務。魔王討伐の第一人者として、聖勇者の暗殺命令を受けることになる。 7/9 総合。日間9位 ジャンル別 日間4位

  • R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    ♡376,150

    〇1,080

    異世界ファンタジー・完結済・225話 駿河防人

    2020年6月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっとエッチな恋愛ファンタジー。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 8300PV感謝であります!

    ♡270,500

    〇2,750

    異世界ファンタジー・連載中・386話 雨宮ソウスケ

    2020年7月12日更新

    もと騎士である青年アッシュと、彼の義理の娘とも呼べる少女ユーリィは平和で有名なアティス王国に訪れていた。 この国を第二の故郷とし、人が乗る巨人・鎧機兵の工房を開くためだ。 しかしどうにか工房も開く事が出来た二人だが、客が一向にこない。 そこで二人は街へ客を探しに赴くのだが……。 アッシュは雄々しく宣言する。 「見てろよ。ここが俺の新しい戦場なんだ。俺は必ず勝ち抜いて見せるぜ!」 そしてユーリィは呟く。 「……まさか、いきなり野たれ死ぬ危機がくるとは思わなかった」 一応、王道っぽいファンタジーを目指した作品です。少しでも楽しんで頂けたら幸いです。 □表紙イラストは『マグネットマクロリンク』さまより頂いたものです。 □最新話は『マグネットマクロリンク』さまとなります。 □『小説家になろう』さま『カクヨム』さま『アルファポリス』さま『マグネットマクロリンク』さまでも投稿しています。 □本作のクロスオーバー作品『悪竜の騎士とゴーレム姫』も投稿しております。よろしければそちらもよろしくお願いいたします。

  • ロボットを出したかっただけです。

    ♡6,300

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・175話 空へ堕ちたい

    2020年7月12日更新

    自分が目覚めたらわけわからない空間にいた。なんか半身浴してるし、変な声聞こえるし……更には外が囂々してる。外の様子がわかるようになると、なんと魔王と勇者が最終決戦してた。その場にいる自分ってなんなんだ? って感じだけと、変な声の話では二人の戦闘でこの世界がヤバイ!? 止めなくちゃ――と動き出す自分。それから事態はおかしな方向に進んでいくことに!?