完結済 短編

ヴァルガールの湖

作者からの一言コメント

幼女を狙う怪しい影

冷酷な白人主義者で知られるバーンズ大統領唯一の孫娘、アリス。 彼女は黒人だったが、バーンズはアリスを溺愛していた。 アリスは七日後に開かれるバーンズ大統領とメアリー夫人の結婚記念日に手作りのハンバーガーをふるまうため、黒人ボディーガードのボブと共に準備を始める。 そこでボブはヴァルデガールの湖、と呼ばれる特殊な食材について語るのだが....../  5000文字程度のサクッと読めるホラーです。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ヴァルガールの湖
作者名 ろき
ジャンル ホラー
タグ 女主人公 ダーク 西洋風 ノベプラオンリー R15 幼女 大統領 カニバリズム
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年5月19日 21時18分
最終投稿日 2020年5月19日 21時19分
文字数 5,119文字
ブックマーク登録 2件
コメント/スタンプ 6件
応援ポイント 2,200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 人狼と人間の話。

    ♡0

    〇0

    ホラー・連載中・2話 西芹ミツハ

    2020年5月31日更新

    “ソレ”らがいつから現れたのは分からない。ただ、気が付けばその話は至る場所に知られていた。 深い森の奥から現れる人間は、満月の夜に狼になる――人狼が存在するという話が。 そしてその人狼は、人の中に紛れて、満月の夜になると人を食らうという。 運良く生き延びたとしても、噛まれた人間は人狼になるともいう。 しかし、ある日、人狼に愛する人を殺された一人の女性が立ち上がった。 人狼を憎み、怯え暮らすしか術がなかった、か弱き人々を守るべく、人狼を狩る「人狼駆除組合」を設立したのである。 時は流れ、人狼は確実に減っていった。 「人狼駆除組合」は、執拗に人狼を駆除していく。 そしてわたしは、その人狼だ――。 ※小説家になろう・カクヨム・pixivでも掲載しています

  • 巨大生物 便座カバー 花言葉

    ♡0

    〇0

    ホラー・完結済・1話 Open

    2020年5月31日更新

    いつも部活のコーチに理不尽な目に遭わされていたハルキは、いつか復讐してやろうと思っていた。 そんなある日、崩れかけた神社を見つけ、ハルキはある願いをする。 そして・・・