完結済 短編

曹操の料理人~軍師祭酒・郭嘉 異聞~【短編・比翼編】

作者からの一言コメント

完結しましたー!

三国志の時代。 何が食されていたかを、趣味的に色々調べています。 一度まとめてみようかなと思い短編小説を書いてみました。 ゆるふんわりした、日常三国志。 登場人物は曹魏。 主人公は、郭嘉と荀彧です。 デイリーランキング:総合5位、歴史1位になりました! マジっすかっ!!!??? 三国志好きの方が多くてうれしいです~☆ ※「小説家になろう」「カクヨム」でも掲載しました。こちらではリライト版を掲載します。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 曹操の料理人~軍師祭酒・郭嘉 異聞~【短編・比翼編】
作者名 カメヒロ
ジャンル 歴史/時代
タグ ほのぼの 男主人公 中華風 郭嘉 荀彧 曹操 料理 コメディ 三国志 短編 荀攸
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年11月3日 14時47分
最終投稿日 2020年3月31日 23時41分
文字数 151,425文字
ブックマーク登録 36件
コメント/スタンプ 267件
応援ポイント 81,700pt
ノベラポイント 2,702pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ヴァンキッシュド・クイーンズ復活してー!

    ♡11,100

    二次創作・連載中・6話 ゴブリン山賊団

    2020年7月3日更新

    気高く、美しい美闘士達の完全敗北… 美闘士達は知っていただろうか? 敗北の先に、さらなる絶望があることに…

  • ≪月間異世界ファンタジーランキング1位≫

    ♡180,900

    〇1,683

    異世界ファンタジー・連載中・12話 レンga

    2020年7月3日更新

    ◆◆◆◆◆ 広いつばの帽子をかぶり、魔女のルカと魔導機械≪ロボット≫のクラリスは、世界を旅して回っている。 目的は、世界を知るため。 「この世界を救いたいの。美しい、この世界を――」 魔女は神格を得ると、女神となる。 治癒の魔女であったルカの母、ルウィルは、世界を旅する中で神格を得、治癒神となった。 そんな母親が、救いたいという世界を知るために、ルカは世界を旅して回る。 ちょっと生意気な、元メイドロボであるクラリスと一緒に。 これは、修行中の魔女、ルカと、 ちょっと生意気なロボット、クラリスの―― ――出会いと、別れの物語。 ◆◆◆◆◆ 各章ごと完結する連作短編になっているので、どの章から読んでいただいても大丈夫です! 気になる国の、2人の物語を、お楽しみください。 応援、レビュー、お待ちしております。 ≪3日連続日間総合ランキング1位≫ ≪3日連続日間異世界ファンタジーランキング1位≫ ≪週間異世界ファンタジーランキング1位≫ ≪月間総合ランキング3位≫ ≪月間異世界ファンタジーランキング1位≫ 応援ありがとうございます!皆様のおかげで、日間ランキングで総合・異世界ファンタジーで1位獲得できました! さらには月間ジャンル別1位!総合月間3位です! 引き続き、応援のほどをどうぞよろしくお願いします! ◆◆◆◆◆ この作品は 「小説家になろう」 「カクヨム」 にも、掲載しています。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 小説家たちよ。文字で、言葉で、たたかえ。

    ♡631,431

    〇19,188

    歴史/時代・連載中・120話 芥生夢子

    2020年7月3日更新

    【大正浪漫×文学×異能力バトル!】 原稿が欲しかっただけなのに、いつのまにか小説家たちの異能力バトルに巻き込まれることに! 舞台は大正時代。 初仕事の原稿依頼を成功させるため、張りきって東京までやってきた新人編集の主人公・虎丸。 謎に包まれた美貌の幻想文学作家・八雲に会えたはいいが、なぜか原稿と引き換えにあやかしと闘わされてしまう! 結局、五人の小説家が暮らす怪しい洋館に居候することになってしまった。 しかも、彼らの書く文字には不思議な力が宿っており、次々と怪現象が起こっていく── 文字と言葉の異能力を操る小説家たちの大正ファンタジー! ※イラストは神風銀さまに描いていただきました。(★のついた話が挿絵入り) ※実在する作家や作品の名称も登場しますが、ストーリーに絡むものはすべて架空です。 ※ノベプラ版は改稿が入っており、他サイトとは構成や呼称、表記など異なる部分があります。

  • カナリヤの存在意義は

    ♡200

    〇0

    歴史/時代・完結済・1話 るうね

    2020年7月3日更新

    遊女のヨネはある男に身請けされる。 陰気なその男は、彼女に何をさせるでもなく、ただ囲っていた。 そんな生活に耐えられなくなったヨネは、何かしてほしいことはないか、と男に問うのだが……。