文芸/純文学 長編 完結済

蕾の花

作者からの一言コメント

少女たちの青春

幼少期から父に殴られて育ち、自分の意思をなくした黒崎流奈。 「愛」とは何かを探すために物語を貪る久保明日香。 誰よりも早く走り続けたい、陸上部の辰野満里奈。 幼い弟妹たちのために夢を諦め就職を目指す松阪希美。 それぞれが想いを抱えて過ごす高校生活最後の1年。たくさん遊んで、勉強して、悩んで。少女たちの葛藤を描いた青春群像劇。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 蕾の花
作者名 椿木るり
ジャンル 文芸/純文学
タグ 現代日本 群像劇 女子高校生 セーラー服 花言葉
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2020年1月10日 17時00分
最終投稿日 2020年8月16日 8時41分
文字数 99,204文字
ブックマーク登録 70件
コメント/スタンプ 235件
応援ポイント 189,329pt
ノベラポイント 910pt
応援レビュー 5件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • AMG夢コン短編

    ♡0

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・1,554字

    2020年9月30日更新

    AMG夢コン 夢を追うための原動力との出逢い

  • 人形たちと御客の一夜の物語

    ♡15,000

    〇0

    文芸/純文学・連載中・33話・42,980字 秋月真鳥

    2020年9月30日更新

    その少年少女は性別すら明かされない。 性的な行為を目的とせず、ただ客と共に時間を過ごすだけ。 時の止まった人形のような年をとらない姿から、彼らは「人形」と呼ばれているが、実際には生きて呼吸をし食べて寝る生物である。 時折顔ぶれが入れ替わることから、交代はしているのだろうが、原則的にその人形館には五体の人形……少年少女がいる。 人形と呼ばれる少年少女と客との連作短編。 古い作品ですがもう一度読みたいと言ってくれた友人に捧げます。