ミステリー 短編 完結済

彼女は、俺が殺した

作者からの一言コメント

記憶喪失のひとと横たわる死体のお話。

目を覚ました時、自分しかいない自分の部屋に救急車を呼ぶ判断が脳裏をわずかに掠めることもないほどに明らかな死体が横たわっていたとしたら、もっとも怪しいのは自分自身である。そんなの俺だって分かっているが、自覚がない以上、そう簡単には信じられないものだ。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 彼女は、俺が殺した
作者名 サトウ・レン
ジャンル ミステリー
タグ 記憶喪失 ホラー
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2021年1月23日 7時00分
最終投稿日 2021年1月23日 7時00分
完結日 2021年1月23日 4時32分
文字数 12,231文字
ブックマーク登録 3件
コメント 5件
スタンプ 16件
ビビッと 0件
応援ポイント 19,700pt
ノベラポイント 10pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 魔女イッリの旅隠居録 〜この人類史に残る戦争を止めなければならない〜

    世界がどうあれ、三人は仲良し。挿絵多数!

    614,100

    4,260


    2021年4月20日更新

    ◆作品紹介 小さい頃から傭兵として生きてきた少女エリッカ。 筋力や反射神経が魔族並みになっている代わりに、人間らしさを失いつつある魔心病のフィルヴァニーナ。 魔心病を広めたとして魔女と呼ばれ、追われる身となり、旅をしながら隠れるように生きるイッリ。 魔族、機械、銃。そして人間が築き上げた社会。彼女達は、激動する世界に巻き込まれながらも、次第に世界へ影響力を持つようになっていきます。 彼女達は、悲しい過去を持ちつつも強く生きます。尊く、強く、そして可愛い三人の少女のハイファンタジー小説です。 お互いの過去が過去だけに、複雑な思いを抱きつつも、世界に関係なく、きっと彼女達はずっと友達であり、大切な人なのであろう。そんな物語です。 ◆挿絵イラストレーター 高架 pixiv:https://www.pixiv.net/users/2031328 twitter:https://twitter.com/kouka_oekaki ◆作者コメント 小さい頃からファンタジーが大好きで、よく色々な世界を想像していました。この世界の構想自体はかなり昔から作っています。 AIに携わる仕事を通して感じたことなどを作品に盛り込んでいます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:16時間23分

    この作品を読む

  • フラグメント -花粉の少女たち-

    『花粉』によって荒廃した世界を巡る物語

    35,800

    50


    2021年4月20日更新

    『花粉』によって文明のほとんどが滅びかけている世界。 十数年前、突如として宇宙から飛来した宇宙植物生命体、通称フラグメント。世界各地に根付いたそれらは、大気中に大量の花粉をまき散らした。 それは瞬く間に空を覆いつくし、世界はかつての繁栄を失った。 生き残ったわずかな人間たちは、各地に集落(クラスター)と呼ばれる居住区を作り、ひっそりと暮らしている。 そんな世界を一人旅している旅人のソラは、とある集落(クラスター)で一人の少女と出会う。彼女はコトハ。生まれつき体内に『花粉』を宿し、過酷なこの世界に適応した第二世代の少女だった。 セルフレイティングは念のため。 タイトルを少し変えました。 作品種別を長編から短編集に変更しました。 たぶん毎日投稿します。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間49分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 死刑執行班・ユーラシア大陸支部

    人殺しが許された職業のお話です。

    7,400

    0


    2021年4月20日更新

    この世界で唯一、人殺しが許された職業。 死刑執行人。 世界に3つしかない死刑執行班。俺はそのユーラシア大陸支部に勤めている。 犯罪に対する法律に革命が起き、1人殺した瞬間に即死刑。そして、死刑囚は被害者と同じ殺され方で人生の幕を閉じなければならないという法律が新しく制定された。これはその死刑囚を殺し、世を平和にするために人を殺す職に就く1人の男の話。 掃除屋────それは、大陸を震撼させている犯罪組織の呼び名だ。突如として活動を始めた組織、そしてもう一つの謎のグループ。死刑執行班は、正しき者のみを地獄に送ることを命じられ、三つ巴の戦争を始める。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間4分

    この作品を読む

  • 掛詞《カケコトバ》シリーズ

    青春は、引っ掛かりの連続だ。

    4,500

    0


    2021年4月20日更新

    かけことば【掛詞・懸詞】 修辞法の一つ。一つの言葉に二つ以上の意味を持たせたもの。 「逢(あ)ふことは雲居はるかになる神の音にききつつ」 高校2年生の少年・結城衛(ゆうき まもる)。 彼の住む町では、様々な呪いを宿した文字を体に刻まれる、『掛詞《カケコトバ》』という怪奇現象が密かに広がり始めていた。 ある日衛は、ひょんな事から『ノロイ』の掛詞を掛けられた少女・二ノ瀬準に行き会って……。 言葉が人を呪い、言葉が人を殺し、言葉が人を魅せる! 『言葉の真の意味を探る』、新感覚のオカルティック・ミステリー! ※当作品はカクヨムでも連載しています。内容は変わりません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:57分

    この作品を読む