エッセイ/評論/コラム 長編 連載中

トラックにはねられたけど異世界に転生できなかったので瀕死で病院にかつぎこまれました。という夢を見たので、徒然なるままに心に移りゆくよしなし事をそこはかとなくエッセイに認めようと思います。

作者からの一言コメント

よし、スマホ執筆に初挑戦。

スマホで書いた事ないので、練習がてらやってみようと思うが不安。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 トラックにはねられたけど異世界に転生できなかったので瀕死で病院にかつぎこまれました。という夢を見たので、徒然なるままに心に移りゆくよしなし事をそこはかとなくエッセイに認めようと思います。
作者名 硫化鉄
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ 硫化鉄 あるある ノベプラオンリー
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年1月22日 15時28分
最終投稿日 2020年7月6日 9時57分
完結日 -
文字数 25,597文字
ブックマーク登録 11件
コメント 14件
スタンプ 69件
ビビッと 0件
応援ポイント 22,552pt
ノベラポイント 160pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • マリー・ウィンゲートのおてんばライフ

    日常系恋愛ファンタジー……多分。

    62,900

    3,400


    2021年4月13日更新

    わたくしは、わたくしに生まれて良かったと思うわ。 わたくしで無いと、出会えなかった人、出会えなかった出来事が沢山あるのですもの。 生まれたときが、マイナスだからって何だというの。 生きているのでしょう? だったら、プラスに書き換えれば良いじゃない。 楽しみましょう。せっかく、ここにいるのだから。 あらすじ 『王妃候補のなり損ない、田舎に捨て置かれたご令嬢』の異名を持つマリー・ウィンゲート公爵令嬢。 片や『剣を振るわせれば、一振りで4~5人は斬り殺せる』という噂の剣豪指揮官エドマンド・マクファーレン辺境伯。 年の差は15歳。王妃様の命令で、報奨品としてエドマンドと婚約をすることになったマリー。 最初は、戸惑いつつも素朴で女性に対し不器用なエド様に惹かれ『いつか私が妻で良かったと思って頂けるように頑張るわ』という意気込みを見せるマリー。 そんなマリーをいつしか、切なく愛おしく想い包み込むように守りたいと思うエドマンド。 そんな中『お前、俺の女にならないか?』という大悪党があらわれる。 王妃様ですら、物事に素直に感謝できる心が愛しいと言われるマリーの、波乱万丈なおてんばライフ。 毎週火曜日 20時更新中。

    読了目安時間:4時間25分

    この作品を読む

  • 善なる至純の王、その微笑み

    聖徳太子が世を去った後の物語

    27,500

    757


    2021年4月9日更新

    7世紀の飛鳥時代。山背大兄王は聖徳太子の子。偉大な父に劣らない優れた人柄で、多くの者より慕われていた。だがそんな山背大兄王を警戒する〝悪〟も、世には確かに存在した。 ※ソメヂメス様の自主企画「悪の祭典」参加作品です。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る