トラックにはねられたけど異世界に転生できなかったので瀕死で病院にかつぎこまれました。という夢を見たので、徒然なるままに心に移りゆくよしなし事をそこはかとなくエッセイに認めようと思います。

脳。

 近所中のコンビニを探しても買いたい漫画誌が見つからない時、人気がありすぎて売り切れてしまったのか、はたまた人気がなさ過ぎて入荷していないのかと気になり過ぎて、ついつい自前の()()()で走り出す硫化鉄です。どうも。  ご存知(?)の通り私はまぁまぁの数の小説を投稿しております。  もうね、書く時間が取れなくてアップアップしております。  なのに何故今エッセイの連載を開始したのか。アホじゃないのか。  いや実はね、私、いつもPCで執筆しておりまして。つまり、家にいる時か、ネカフェに行った時しか書く事ができないわけです。  で、昨今執筆の時間が取れない事に危機感を覚えましてね、こりゃあ「移動時間にも執筆せねばやばいぞ」と。  つまり、スマホでの執筆を視野に入れなくてはならなくなってきたわけです。  しかし、やった事ないぞおい。  ならばどうする。  練習しかないか。  という訳で、スマホ執筆の練習がてらこのエッセイを始めたわけですな。  それから、移動時間にどれだけの量が書けるものなのかという実験という意味も大きい。  そんなわけでこのエッセイ、初のスマホ直接入力で書いております。  慣れていないので推敲もままならん。テキストファイルに保存していないので不安もひとしお。  まぁでも出来るとこまでやってみます。  と、ここまで書いて気づいた事。  利き手問題。  PCで執筆していた時は両手で打っているのであまり意識してなかったけど、スマホのフリック入力って完全に左手だけでやってます私。  なんでだろ。  番号のプッシュとか、タップとかは右手使うのに。  因みに利き手は右手です。  だからアナログで手書き執筆してた頃は右手オンリーで書いてました。  PC執筆になり、両手使うようになったものの、マウス操作などが右手だから、使用率は右手寄り。  それがスマホ執筆だと完全に左手オンリーになってます。  多分脳の活性化する部位が変わってくると思うんだけど、文章にどんな影響が出るのかなー。  ちょっと楽しみだけどちょっと怖い今日この頃です。  まぁなんだ、昼間死ぬほど眠いのを我慢してたのに、夜布団の中に入ると眠くならないがちだよね。

因みに今回は二日かかったかな。 移動時間、意外と短い。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 日々は流るゝ。

    ♡4,300

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・連載中・41話・38,322字 高識空

    2021年3月4日更新

    毎日なんか書いてやろうかな、とはじめてみました。 読みやすくなるよう、1話分は短めにいきたいところ。 それほど書くこともないでしょうけど、1話につき1つくらいは、ためになることや、雑学的なこともいれようかな、とも考えております。 そのなかには、執筆の参考にしていることの紹介記事も、あったりなかったり……。 更新は、日付の変わる前に。

  • プロットってなんぞやという自分とあなたに

    ♡1,400

    〇0

    エッセイ/評論/コラム・連載中・2話・3,067字 ののあ

    2021年3月4日更新

    小説なんかを書く時に出てくる『プロット』って何!? 助けてドラ●もん!!! そんなあなたに、あるいは立ち戻りたい筆者に向けてお贈りするこのエッセイ★ プロットがどんなものか知りたい、どうやって書くの? そもそも必要なの? な第一歩目を踏み出そうとしてる方。 他の人のプロットが見てみたい、参考にしたいという二歩目以上に興味がある方、 他にもなんかあるかもしれないけど、とりあえず興味があるとかでもOK! どうぞご覧あれ。 ※なお、読めばわかりますが本内容が絶対的に正しいわけではないのでご注意です。