ホラー 短編 完結済

最後の写真

作者からの一言コメント

この写真を撮ったのは、誰だ。

事故物件を転々としていた先輩の撮った写真を現像していた僕。 そんな時、突然先輩が死んだ。先輩のカメラに残っていた写真に写っていたのは……。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 最後の写真
作者名 水沢ながる
ジャンル ホラー
タグ ダーク 男主人公 現代日本 怪異 事故物件 写真
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年2月5日 8時10分
最終投稿日 2020年2月5日 8時18分
完結日 2020年2月5日 8時18分
文字数 4,983文字
ブックマーク登録 6件
コメント 4件
スタンプ 27件
ビビッと 0件
応援ポイント 15,100pt
ノベラポイント 200pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡529,150

    〇3,598

    SF・連載中・85話・485,038字 新星

    2021年1月24日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

  • こじらせてる幼馴染との恋の行方は?

    ♡117,228

    〇1,433

    恋愛/ラブコメ・連載中・14話・15,983字 ほしのななか

    2021年1月26日更新

    恋心をこじらせている少女『柏オトメ』 そんなオトメを好きな『北見コタロー』 こじらせている『オトメ』を見守り、かき回され『コタロー』の日常は過ぎていく。 【表紙は『魅羅ちぇ555様』に描いていただきました】

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 交番をめぐるノンストップ・ホラーです!

    ♡4,200

    〇0

    ホラー・連載中・18話・31,474字 住原かなえ

    2021年1月27日更新

    とにかく事件の起こらない交番に勤める後藤と大久保。あまりに時間を持て余した二人は、大久保が戸棚から発見した古びた原稿を読むことに。しかし、その内容は、交番の前に怪しげな男が見張るように立ち尽くしている、という何とも奇っ怪なものであった。 さらに、次から次へと戸棚から怪しげな記録が発見される。不穏な空気に包まれた交番が、其々のエンドを迎える… そして後藤達にも…!? 背筋をぞわっと震わせるノンストップ・ホラーを堪能あれ!

  • 超短編×エログロカニバ×レストラン

    ♡11,350

    〇0

    ホラー・連載中・12話・8,019字 ぽちくら

    2021年1月27日更新

    自然を愛し文化を尊び、何もかも平らげる──これ即ち、美食礼讚。 【あらすじ】 腹を空かせて死にかけていた「私」を救ったのは、片目を失った主人だった。 大きな洋館に住み、その下の「レストラン」を経営する主人は「私」にこう命ずる。 一つ、働かざる者食うべからず。 二つ、食への敬意を常にはらえ。 三つ、毎晩主人の肉を口にせよ。 この決まりを破ってはならない。 人が喰うより食すと決めたなら、 君が人としての道を歩むならば──人の味を知ることとなるだろう。 かくして、奇妙なる些事は始まった。 【登場人物】 私 主人に拾われて住み込みで働く 主人 レストランを経営するオーナー 使用人 レストランで働く人間か何か レストラン 店舗経営だけでなく幅広く事業を展開しているらしい。 【この創作の読み方】 ストーリー考えてないので 「調理」 「雑記」 「漫談」 この三つのカテゴリーで書きます。