キャプテン・ヴァージャス

読了目安時間:5分

コロナの影響で書き辛いテーマではあるけど、お付き合い頂けたらと思います。

見えない生息者

 修行を終え特に目的がなかった僕達は、ガルファダ王国に帰るファビオについて行く事にした。  ファビオにとっての第2の故郷と言えるガルファダ王国は、ファルファーン帝国の東にあり緑と水が豊富で素晴らしい国だと言う。  ファビオが絶賛するガルファダ王国に向かうのはとても楽しみだ。  だが、ケン達とは逆方法のファルファーン帝国に向かう隊商が暗い顔ですれ違うのが気になる。  一度なら気にならないが、すれ違う度に暗い顔をしていると流石に気になる。  何度目かにすれ違った隊商の人に声をかける。 「何かあったのですか? 皆暗い顔でファルファーン帝国に向かってますけど」 「疫病だよ……今ガルファダ王国は誰も治せない病が蔓延しているんだよ。あんたらも引き返した方がいい」  声をかけた隊商の人はそう言って去っていった。  誰も治せない病? 剣と魔法の世界で? 「だぁぁぁぁい丈夫。君たちは役に立たなくても、この大賢者ヨーゼフ様なら一発解決さっ!」  ヨーゼフはステッキを振り回し上機嫌だ。  言われて不愉快な思いも少しあるが、ヨーゼフが病を直す魔法が使えるのは事実だし、更に次元の断層に病を直す『エレメトス草』を大量に保管している。  病気の治療に関しては万全の体制といえる。 「ガルファダ王国についたら、全部大賢者ヨーゼフ様に任せましょ」 「筋肉では病気の治療は出来ないから、頼むぞヨーゼフ!」  クロエは少し嫌みっぽく、ファビオは意味がわからないが二人共ヨーゼフの意見に同意する。  疫病の状況が気になった僕たちは、急ぎガルファダ王国へと向かった。  *  ガルファダ王国の国境付近にある村は比較的落ち着いていた。  村人に聞いた話では王都の方はかなり酷い状況らしい。  ヨーゼフが病気を治せると聞いて喜ぶ村人に連れられて、噂の疫病にかかった青年の所に案内される。青年は王都に行商に行って感染したのだという。  ベッドに寝ている青年にさっそく、ヨーゼフが治癒魔法を使う。 「直ぐに良くなりますよぉっ。『トリートメント・エレメント!』」  柔らかい光が青年を包む  ヨーゼフのヘンテコ魔法では無く、どうやら真面目な魔法のようだ。  だが、魔法の光が収まり、治療が終わった筈の青年はまだ苦しそうな顔をしている。 「効果が無いわね。重病だったのかしら?」  魔法の効果が無いことを疑問に思ったクロエがヨゼーゼフに問いかける。  ヨーゼフはクロエの問いを無視して、初めて見る鬼気迫る形相で()()を始める。  そう、前世で入院生活を送っていたケンには分かる。  ヨーゼフが行っているのは現世での診察……()()()()だ。  どうやって入手したのか分からないが、この世界では見慣れない……前世では見慣れた医療器具をアイテムボックスから取り出し的確に使いこなす。  そして、ヨーゼフが病気の青年から採取した何かを顕微鏡で確認した直後に叫ぶ。 「これは? どこのクズの仕業だ!」 「ヨーゼフ? どういう事ですか?」 「そうだぞ。いきなりどうした?」 「一体どうしたの? アンタらしくないじゃない?」  なりふり構わないヨーゼフの怒り狂う姿に僕たちは状況の説明を求める。  だが、ヨーゼフの答えは僕らの問いを一方的に否定するものだった。 「今すぐ全員出て行け! 私が許可するまでこの部屋に立ち入るな!!」  ヨーゼフが手にしたステッキを振り回し追い出そうとする。  横暴だとは思ったが、ヨーゼフの『真剣な眼差し』に気圧されて部屋を出る。  ファビオとクロエは納得いかないようだが、僕はヨーゼフを信じて二人を部屋の外へ連れ出した。  ーー僕はあの目を知っている。  前世で、どうせ自分の病気は治らないとやさぐれていた僕に、生きる事を諦めるなと言い続けてくれた主治医と同じ目。  精神的にはヴァージャスと出会う事で立ち直った僕だったが、僕の病気と最後まで一緒に戦ってくれたのは主治医(戦友)だった。  だから信じる……病と戦う医師の目をしていたヨーゼフを……。  *  雑談をしながら部屋の外で待機すること4時間。  ヨーゼフが籠もった部屋から赤い光が漏れだした後、部屋の扉が開かれる。  部屋に入ると、苦しさから解放された青年がベッドに横たわっていた。  青年の治療に成功した様に見えるが、ヨーゼフは怒りが収まっていないようだ。 「ガルファダ王国には見えない生息者が存在している……細菌共だ!」  ダンッ。  ヨーゼフが怒りをぶつける様に、手にしたステッキを床に突き立てる。 「細菌って、あの細菌ですか?」 「今回の疫病の原因は細菌だって事だ……つまり、この疫病騒ぎには転生者が関わっている」 「疫病の原因が細菌って当たり前でしょ。わざわざ言う事なの?」  真剣に語るヨーゼフの話の意味がクロエには分からない。  それは、僕やファビオも同じだ。  病気の原因が細菌って普通の事ではないのか?  戸惑う僕らにヨーゼフが説明を続ける。 「貴様等は知らないのか? この世界の病は体内の精霊力の乱れで発生するものだ。だから治療魔法は『トリートメント・エレメント』。つまり乱れた体内の精霊力を正常化する魔法で治癒を行う。病を直す『エレメトス草』も同じ効果だ。細菌による病気の治療魔法はこの世界に存在しない」 「それじゃ……誰も救えないのか?」 「心配ない、私を誰だと思っている? 既に治療用の魔法『デッドリー・ライト』を開発した。先ほどの青年も治療済みだ」  ヨーゼフが居てくれて良かった。  こういう時、僕らは本当に役に立たない。  僕もクロエもファビオも戦闘職で、敵を倒す事は出来ても人を救う力はないから。 「随分物騒な名前の魔法だな。格好いいから好きだけどな」  ファビオは魔法の名前が気になるようだ。  僕も治療魔法というより、攻撃魔法のような名前は気になってしまう。  ヨーゼフの言葉使いも、普段のふざけた調子ではなく攻撃的なままだし。 「まぁ、分類で言えば攻撃魔法だからな。この世界の住民にとっては物騒に見えるだろうな。まぁ、実際に使えば効果は理解するだろうがな。誰かに伝授しておきたいが、この村には魔法が使える者がいないようだ」 「それなら王都に向かいましょ! 王都の魔法使いの手を借りれば人手不足を解消出来るわ」  僕たちはクロエの提案でガルファダ王国の王都に向かう事にした。  ヨーゼフが開発した細菌を死滅させる光の魔法『デッドリー・ライト』を王都の魔法使いに伝授してガルファダ王国を救う為に……。

細菌を死滅させる光の魔法『デッドリー・ライト』を広める為、王都ガルファダに向かったケン一行。 王都で出会った旧友とは。 次回、必然の再会 クロエ「ヴェロニカ?! 本当にヴェロニカなの?!」

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ダレカノツゴウ ~勝手に異世界召喚で魔王にされたけど私は士官学校で青春したい~

    誰かの都合が蔓延る世界。そうだとしても

    12,700

    0


    2021年6月18日更新

    【毎日夜9時、更新予定】 ●表紙提供:だんぼーる 様(Twitter:@DANboard_Novel) 親に敷かれたレールの上を、ただ歩いて生きてきたマサト。 彼は高校に入学する直前、唐突に異世界に召喚された。 彼が召喚された理由は、魔王の魂と相性がピッタリだったため。つまり、魔王の新しい身体になるためだった。 魔王に乗り移られ、意識を奪われていたマサト。それから三年の月日が経ったある日、魔王が死んだことで彼は自分の意識を取り戻した。 しかし、三年振りに起きたマサトに自由はなかった。彼は次の"魔王"にならなければならないという向こうの都合によって、強制的に魔王としての英才教育を叩き込まれることになってしまった。第二の人生でも、彼は誰かの敷いたレールの上を歩くことになったのだ。 そんなある日、マサトはひょんなことから奴隷の女の子を助けた。そして、助けた彼女に言われた。 『お願いです、一緒に逃げましょう。逃げてください。このままだとおそらく取り返しがつかなくなる。わたしは、わたしを助けてくれたあなたが……心配なんです』 その言葉が、マサトに考えさせた。 本当は、どうしたいのか。 決められた道を歩き続けてきた。 誰かの都合に合わせて生きてきた。 そんな主人公が初めて、"自分の人生"について考え、そして歩き出す。 その先にある、"彼が本当に望むもの"とは。 王道を目指す、異世界転生バトルファンタジー。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:18時間14分

    この作品を読む

  • メルレールの英雄-クオン編・前編-

    本格的ファンタジーです

    17,100

    110


    2021年6月18日更新

    月神を失って3000年ーー魂は巡り蘇る。 失われた月神の魂は再び戻り、世界の危機に覚醒するだろう。 バルスデ王国の最年少騎士団長クオン・メイ・シリウスはある日、不思議な夢を見るようになる。次第に夢は苦しめる存在となりーーーー。 ※サイト15周年の記念作として書き始めたものです。 3000年前の物語シオン編、レイン・スレイ編もあります。クオン編を読んで気になったら、読んでみてください。 2部まで毎日21時更新。以降は執筆状況により変動します。 戦闘シーンがあるので、念のためセルフレイティングにチェック入れてます。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:18時間29分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    763,231

    3,693


    2021年6月13日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:20時間54分

    この作品を読む

  • ドラばあと、みらくるスリー

    ほのぼの可愛い魔法バトルコメディ

    10,100

    30


    2021年6月18日更新

    これは、小型戦闘人形(ロボ)に転生してしまったゴッドドラゴンと、魔女っ子三つ子姉妹が、異世界の驚異から地球を守る、バトルでコメディな物語。 異世界の守護神、ゴッドドラゴンがその生涯を終え、人間への転生を試みた。 だが、それを利用しようとした悪意により転生に失敗。 なぜか地球に、小型戦闘人形(ロボ)として転生してしまった。 その地球では異世界からの侵略が始まっていた。 迎え撃つのは魔法少女みらくるスリー。 小型戦闘人形(ロボ)となったゴッドドラゴンは魔法少女と共に故郷である異世界からの驚異に立ち向かう! 魔法でロボでドラゴンなファンタジーバトルコメディ、是非、お楽しみ下さい。

    読了目安時間:16分

    この作品を読む