悪役道化師はトマトがお好き

読了目安時間:5分

エピソード:3 / 4

第三話 サカヅキとジョーカー

 塩川邸。荘厳な洋館。  圧倒されるまといをよそに、塩川と坂月はさっさと入っていく。  リビング。モノクロで揃えられたシックな部屋。  まといと坂月がソファに隣り合って座っている。キッチンからはカチャカチャと食器を扱う音が聞こえた。まといは坂月が片腕につけたバングルを見る。塩川も同じものをつけていた。大切なパートナー、その言葉がまといの頭の中でぐるぐると回る。 「あ、あの。それ……」  思わず口を開くが、言葉が思うように出てこない。坂月は微笑み、答えた。 「ああ、塩川と揃いだな。大切な絆だ」  大切な絆。まといはどんどん不安になっていく。 「そ、その」 「ん?」  坂月は柔らかい表情のまま首をかしげた。 「その、塩川先輩と、その」  手を何度も組み替えながら、まといはもごもごと口を動かす。ちょうどその時、台所から塩川が歩いてきた。 「おまたせ! 紅茶入ったぜー」  まといはその声にビクッとして、そのまま口をつぐむ。坂月はにこやかなままだ。 「悪いな」 「いいえ」  塩川は三つのカップに紅茶を注ぎ、それぞれの前に置く。 「ありがとうございます」  坂月は紅茶を一口飲むと、まといに向き直った。 「それで?」 「ん?」  塩川もまといを見る。 「何が聞きたいんだ?」 「うぇ、えっと……」  まといはうつむいた。沈黙が流れる。塩川も坂月も、せかすことなくまといを待っていた。少しの後、バッと顔を上げるまとい。 「し、塩川先輩のパートナーって、こ、恋人ですか?!」  再びの沈黙。その後、堰を切ったように二人の口から笑いがこぼれた。 「な、なんですか!」  涙が出るほど笑いながら塩川が言う。 「悪い悪い。あまりにも突拍子がないからさ」  まといは頬を膨らませた。年甲斐もない行動だったが、自分がいかに憤慨しているか伝えたかった。 「だって、唯一無二とか、大切な絆とか……!」  塩川が涙をぬぐいながら答える。 「ああ、言ったな。たしかに」 「塩川はたしかに唯一無二のパートナーだが、恋人じゃない。俺たちは同じ任務をこなすバディだったんだ」  まといはぽかんとした。 「任務……刑務所で会ったってことですか?」 「そ、なんやかんやで一緒に命かけた。まあ戦友だな」  戦友、と言ったところで二人がアイコンタクトを取ったのをまといは見逃さない。その言葉に含まれる意味を少しでも拾いたくて復唱した。 「戦友……」  坂月が首からロケットのついたペンダントを外した。 「ちなみに俺の恋人はこっちだ」  坂月からまといに渡るペンダント。まといはロケットを開けた。中には、こちらを見て幸せそうに笑む一人の青年が映っている。 「きれいな人……」 「だろう?」  自慢げに坂月は言った。 「はいはい。こいつの恋人自慢は長えから。終わり終わり」 「なんだ」  まといからペンダントを回収する坂月。塩川はまといに視線を移し、いたずらに笑んだ。 「まといは?」 「え?」  塩川の笑みが深くなる。 「恋人。いないのか?」 「私は、その」  きょろきょろと目を泳がせるが、塩川は返答が得られるまで引きそうにない。まといは観念したように言った。 「いない、です」 「へえ?」  塩川の瞳は猫のように細められる。それにどこか馬鹿にするような色をまといは感じた。6年前の塩川もよくしていたからだ。恥ずかしさと、悔しさと、少しのなつかしさを覚えながら、まといは精一杯抗議する。 「なんですか!」 「なんでも」  笑いながら、しっしっと動物を追い払うようなしぐさをする塩川。これも塩川の癖だった。まといがなつかしさに浸っていたその時、坂月の意外な言葉がまといの耳に届いた。 「教えてやる。塩川は今ほっとした」 「オイ!」  塩川が焦っている。こんな塩川を見るのは初めてで、まといはまた悔しくなった。しかしそれよりも、興味の方が勝る。 「何でですか?」 「やめろ」  坂月の腕をつかむ塩川。傍目に見てもかなり強い力で握られていることが分かった。それをものともせず、坂月は笑う。 「さあな?」  塩川はため息をついた。 「塩川。茶請けがないぞ」  坂月は優雅に紅茶を飲みながら催促する。まといの目がきらめいた。 「お菓子!」  まといの反応に吹き出しながら、塩川は立ち上がる。 「わーった。持ってくっからちょっと待ってろ」  数歩歩いてから振り返り、坂月を指さす塩川。 「余計なこと言うなよ!」 「わかってる。早く行け」  塩川は舌打ちをしながらキッチンへと消えていった。坂月がカップをソーサーに置く。 「まとい」 「は、はい」  突然呼ばれて驚きながらも、まといは反射的に返事をした。坂月は今までで一番柔らかく笑むと、話し始めた。 「塩川にとって、君は特別だ」 「とく、べつ」  飲み込み切れず、ただ言葉を繰り返す。優しくペンダントに触れながら坂月は続けた。 「俺にとってのこの人と同じ」 「……」  いつくしむようにペンダントをなで、目を伏せる坂月。 「唯一理性的でいられない人」  まといはやっと言葉の意味が飲み込めてきた。そして少し悲しくなる。 「先輩は、いつも冷静です」  記憶の中の塩川も、再会してからの塩川も、いつだって冷静だった。今さっき、坂月の言葉に乱されるまでは。まといは唇を噛んだ。坂月がまといを手招きする。まといは一瞬躊躇したが、すぐに坂月に近寄る。塩川のことならなんでも知っておきたかった。坂月は小声で言う。ほんの少しだが笑いが混じっていた。 「カッコつけてるのさ」  まといは思わず坂月から離れる。 「ええ?」  坂月は微笑んだ。不思議と嫌な感じは少しもしない。 「泣く子も黙るジョーカーがだ。笑っちゃうだろ?」  まといも、小さく笑った。 「まいどー。って何笑ってんだよ」  キッチンから戻ってきた塩川は怪訝そうな顔である。 「何でもない」  坂月を睨む塩川。 「坂月お前、あることないこと吹き込んだんだろ!」  紅茶を飲みながら答える。 「あることしか吹き込んでない」 「吹き込んでんじゃねえか!」 「まあまあ」  今にもつかみかかりそうな塩川をまといはなだめた。坂月と二人でいたのは一瞬だったが、その間にまといは坂月を認めていた。自分の知らない塩川を引き出してしまう坂月がうらやましかったが、それ以上に、自分の知らない塩川を見られることが嬉しかった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 真夜中のデスペラード

    君たち……おっぱいは、好きかい?

    298,100

    11,210


    2022年5月29日更新

    「おっぱいが……出るようになっちゃった……」 幼馴染の口から零れた言葉は、にわかには 信じがたいものだった。 小学校から、順調にカップを増やしに 増やして中学生となった今。 女性下着メーカーすらも匙を投げるK点 越えの偉業を成した上に――更には 有り得ない事に、おっぱいまで 出るようになったと言う。 これまでどおり、学校に通うためには制服をも 濡らす、おっぱいを……どうにか しなくてはならない。 けれども母乳パッドなんて方法は以ての外。 規格外の乳圧に悲鳴を上げ続けるブラに これ以上の無理はさせられない。 考えあぐねた末の結論が、母乳搾乳器なんて 電化製品のお世話になると言うもの。 行き着いた解答は、ショボかったけれども なんとか取り戻す学校生活。 しかし、次第に冷凍庫を圧迫し 始めていた、そのおっぱいは…… 著しく社会性を欠くアナーキストな主人公の ――斜め上過ぎる活用法のもと 波乱の序章を幕開かせる。 これは、第二次性徴期を迎えたばかりの 少年少女たちによる ほんの少しだけ、艶めかしい ちょっとおかしな ノワール・厨二ボイルド。 この主人公、わりと凶暴です。 ――――――――――――――――――――――― ※1話辺りの文字数は、およそ2000字前後。 ※書くだけ白々しくは御座いますが、本作に 犯罪を慫慂する意図は有りません。 ※小説家になろうの方でも以下のタイトルで投稿しています。 【真夜中のデスペラード】 https://ncode.syosetu.com/n0488gz/

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間30分

    この作品を読む

  • オモイ海をまとう。

    海をまとうの小説大会用です(^ω^)

    100

    0


    2022年5月29日更新

    初心者が頑張りました(^ω^)

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • (かいりゅうのエコー) 現代海軍×ロボット兵器 現行文明が滅亡して、何千年も後のどこかの惑星。海に囲まれ、大海流に流される浮島に住む人々の物語。 星の命運も尽きるかと思われた第二次全洋大戦から20年が過ぎた。人々が平和な日々に慣れつつあった開放歴865年、再び暗雲が世界を覆いつくそうとしていた。 大戦の英雄、羽佐間誠十郎の甥である羽佐間勇名(いさな)は、叔父の元で優秀なパイロットになるべく英才教育を受けていた。彼が駆るのは海面を滑走する海軍所属のロボット、機甲神骸(アーミス)だ。 16歳の勇名は、様々な人々と関わりを持ちながら成長し、世界の危機を食い止めるため、仲間を失わないために、戦いの日々に身を投じる。 ※本作は小説家になろう様にも投稿しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3時間41分

    この作品を読む

  • 異世界の果てで愛を謳う

    空気の読めない男は『見える』ようになった

    88,300

    1,100


    2022年5月29日更新

    うた─う【謳う】:人の注意や興味を引くために長所・効果などを強調すること。 女には『言って欲しい言葉』というものがある──。 恋人にこっ酷くフラれた俺を、親友がそう言って慰めてくれた夜に、俺はトラックに突っ込まれて死んだ。 俺は空気が読めない。感情の機微が分からない。告げられてもいないのに『言って欲しい言葉』なんて気づけない。 じゃあ、気づける力でもあれば、人生変わったのか? 勝手にトラック突っ込ませて、俺の現世での余生を奪った女神は何か『チートスキルあげるから魔王を倒せ』だの言ってたが知ったことか! 俺はこの『言って欲しい言葉が分かるスキル』で百人斬りをするっ! その先に、親友の言っていたような幸せと安らぎが本当にあるのか確かめる為に── 俺は、この異世界の果てで愛を謳う。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間32分

    この作品を読む